頒布会Bコースのワイン「カロンガ」買い付け記!

2012年04月14日 23時31分
昨日に引き続き、頒布会の予告編です!
頒布会Bコース4月には、眼ラベルのワインが入ります♪

赤ワイン「オルデラッフォ」は祖父の目が描かれた力強い赤ワイン。


白ワイン「ゼナイデ」は、祖母の目が描かれた、まったりとしたコクありシャルドネ。


この蔵のTOPキュベもまた、イタリア最高評価誌「ガンベロロッソ」で最高評価のトレビッキエリを2007年から5年連続で獲得しています。


周囲は森と丘しかない本当に何もない場所。あるのは自然と太陽の恵みだけ。
そんな場所から生き生きとした力強いワインが生まれます。


この日、イタリア、エミリア・ロマーニャ最終日だったので、なんだか感極まってカロンガの親子に握手。
フランス、ボージョレ→イタリア、ピエモンテ→イタリア、モデナ→イタリア、エミリア・ロマーニャとレンタカーで移動したアドヴェンチャーに満ちた旅。
頒布会の説明書を書く時に少しでもお伝えできればと思っております。

ワインの頒布会只今大好評募集受付中です♪

ちなみに、Bコースは赤、白各1本。計2本で毎月3,500円。
4月末〜9月末の計6ヶ月の1番人気のコースです♪赤のみコース、白のみコースもお作りできます♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

グルガゾー家 プティ・プロ シャルドネ ヌーボー 2011

2011年11月11日 23時32分
その昔、フランスワインを直輸入するきっかけとなった、フランス大使館のワイン試飲会で、出会ったワインがドメーヌ・グールガゾーでした。
300種類位味見したでしょうか。その時キラリと光るワインが!買い付けメンバーにも味見してもらい、お墨付きをもらいました。他のブルゴーニュの白よりも、安くて圧倒的に美味しかったな〜!!
その後、直ぐにフランスへ買い付けに行き、直輸入がスタート!思い出のワインです。

グルガゾーお爺さんは、既に他界されていますが、娘のアニックさんが、現在は蔵を切り盛りしています♪
ドメーヌグルガゾー・アニック.jpg
おしゃれで、チャーミングなアニックさん!!

グルガゾーお爺さんの頃から変わらないのがこの光景!
グルガゾー日の丸.jpg
蔵へ行くと必ずフランスの国旗の他、日本の国旗が揚っています(^^)
結構嬉しいものですよー!!

今年、日本の皆様の為にと作られていたのが、シャルドネ・ヌーボ!!
マコンで作られる、辛くて酸味の強い白ヌーボは良く見かけますが、南仏のシャルドネ・ヌーボはかなり、珍しい!!それも美味しい物となればなかなか出会うのが難しいです。
グルガゾーシャルドネヌーボ.jpg
きっと、グルガゾーお爺さんの時代ならばきっとなかったであろうグルガゾー シャルドネ ヌーボ!!
今年は完成しておりました(^^)アニックさんは、話が早いです!!
「ちゃんと発酵するか心配だったわ!!」と、醸造担当の方も言う通り、本当に蔵に着くまで心配でした。
しかーし、飲んだ瞬間その思いは吹き飛びました!!

グルガゾー白ワイン.jpg
キラリと光るこの白ワインは本当に爽やかな若々しいシャルドネでした!!
しっかりとミネラルも感じられ、旨みもたっぷり!南仏らしい果実味は健在!
最初はパイナップルの風味、時間と共にハチミツの風味と変化していきます。
これは、本当に美味しいです!!

ヌーボのご予約はまだまだ追加もききます!勿論、当日お越しいただいても在庫はバッチリあると思いますよー!!何しろ本日が始めての発表となります!!
ただし、グルガゾーのワインは人気が高いのでお早めにお申し付け下さいm(__)m今回は限定120本の入荷となります♪

店長の好きなブドウ畑.jpg
店長、レゾリューと共に初めて買い付けたワインという事で、どこのワイン産地よりもこの葡萄畑の光景が大好きです!
だって、こんなに太陽が当たっていて、葡萄が健康にすくすく育ちそうですので!!
幸せな環境にいる葡萄達です!

その昔グルガゾーお爺さんの時代は、シャルドネを栽培する事に妬みをかい、葡萄の樹が抜かれてしまった事もあるそうです。今では、もうそんな事はありませんが。。(^^)

そんな、グルガゾー家のシャルドネ・ヌーボは「プティ プロ」の名前で11/17より販売開始です!!

プティ・プロ シャルドネ・ヌーボ (白)2011(m)【緊急入荷します!】
1本 1,480円

プティ・プロ シャルドネ・ヌーボ (白)<6本セット>(m) 8,680円

是非皆様のご用命をお待ち致しておりますm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

ペノティエール・ヌーボに合うお料理!

2011年11月05日 11時13分
2011.10.11パリのシャルル・ド・ゴール空港に到着AM4:15、飛行機を乗り換えて南仏へ。7:30フライトの予定は、管制塔のストのお陰で2時間遅れ。ペノティエールへの訪問も当然ながら2時間遅れに。
全く動かない飛行機の中で1時間半も待たされていましたが、フランス人乗客は誰一人として不平不満を言いません。国民性の違いをまざまざと感じました(^^;

日本から20時間以上掛けて辿り着いたシャトー・ド・ペノティエ。出迎えてくれたのはこのワインでした!!
ペノティエール2011ヌーボ.jpg
ペノティエール ヌーボー 2011<赤>(m)
昨年はどろりとした濃い目のヌーボでしたが、今年はエレガントで上品。そしてコク旨みは健在!
フルーティーでコクがあり、大変美味しい!!
ストロベリー、ラズベリーの香り、シラー100%で作っていうるのにも関わらず、スパイシー感が少なく、ピノノワールのようなエレガント感が強い。でも、ちゃんと南仏の旨みとコクは健在。
どうやって作ったんだろう!?
2011年最初のワイン(ヌーボ)を飲んで心がウキウキと躍りだす。やっぱり年代物のワインも良いけど、ヌーボはヌーボで良いですね〜!20時間かけて辿り着いたかいがありました。
明るい果実を堪能しながら、2011年の収穫に感謝(^^)

おつまみを用意してくれていました。
ペノティエール前菜.jpg
確かに、朝、空港でPAULのパン・オー・ショコラとエスプレッソを頂いたのが最後。お腹が減りました(^^;
このオードヴルがメチャクチャ美味しかった!!特にタコのマリネ!!
ボイルしたタコを丁寧に皮を向いて、ハーブとオイルでマリネ。串刺しにしてピンチョススタイル。きっと、ペノティエのロルジェリル家直営のレストランのお食事かも。生き返る気がしました(^^)

最も、ペノティエ・ヌーボと良く合ったのはドライ・トマトのオイル漬け。心地よいトマトの酸味と旨みが最高のマリアージュ!!その後は生ハムでくるんだり、海老と一緒に食べたりして、テイスティングの間でしたが、本当に楽しいランチ。
今年のペノティエール ヌーボー 2011<赤>は、パーティーに最適!生ハム、チーズ、魚介と何でも良く合います!!
どなた様にも楽しめるヌーボです(^^)低価格のボージョレヌーボより、絶対濃くてお買得ですよー!!

ワインの作り。
ペノティエールのジャンさん.jpg
今年のヌーボの作りを醸造家のジャンさんに聞いて見ました。
「2011年は葡萄の出来が大変良く、シラーが例年にない完熟を見せたので、今年はシフルのあるコトー・ド・ラングドックの葡萄100%で仕上げました。
100%除梗。15℃の低温発酵でアロマを高くし、温度を上げてスパイシーになるよりも、フレッシュ感を大事にした。昨年と同じ作り方だが、今年の方がジューシーに仕上がりました。」

『ムートンの元醸造長「パトリック・レオン」氏と共に今年も皆様にお楽しみ頂けるよう、心を込めて作りました。是非お楽しみ下さい。』

との事でした。昨年よりも大人な味わいのヌーボになったペノティエール。是非お楽しみに!!

ボージョレ&南仏ヌーボのご予約はこちらより!

ボージョレ・ヌーボコンサートは満席となりましたm(__)m

ワインの頒布会も、募集継続中!

お早めにお申し込み下さいませm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

南仏ヌーボは今年も旨い!

2011年11月03日 09時39分
おはようございます。今日は文化の日。お隣の入間市では航空ショーが開催されます。お店からもブルー・インパルスの飛んでいる所が見えます(^^)
でも、只今店内はヌーボ解禁に向けて準備のラスト・スパートです。売り切れ目前アイテムが急増してきました。皆様、ご予約はお早めにお願い申し上げますm(__)m

ラ・グラーブ ヌーボ 白
【動画】
やはり、この蔵の白ワインは本当に元気が出ます!ビデオ撮影も元気に出来ました(^^;
ソーヴィニヨンブランの爽やかな香りと、余韻にはライチの風味!!今年のこの白も旨いです!
三角ボタンを押すと再生します!是非ご覧下さいm(__)m
ラ・グラーブ ヌーボ 白(m) ケース特価(m)

ラ・グラーブ ヌーボ 赤(m)
【動画】
この赤ヌーボ!今年も旨い!まさにボルドースタイル!!上品で、エレガントなスタイル。
コクもあり、本当にキレイ!これは、飲まねば損ですよー!!
ラ・グラーブ ヌーボ 赤(m) ケース特価(m)

ペノティエ ヌーボ(m)
【動画】
なんと、シラー100%で作られる赤ワイン!今年は当たり年で、シラーの熟成が早かった!!上品に仕上げる為に、低温発酵でエレガントに仕上がりました!!お肉は勿論、魚介のマリネなどにも良く合います♪万能選手な赤ワイン・ヌーボーです!!
ペノティエール ヌーボ 赤(m)980円 ケース特価(m)

これら、南仏ヌーボは大変お買得なため毎年、まとめ買いのお客様が大変多いのが特徴です!!
お得な6本セットが大人気♪是非パーティーや、家飲み用にお買い求め下さいませm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

115スペシャル・オリジナル・ボージョレ・ヌーボの動画も完成!

2011年10月31日 16時58分
2011.10月 in France!

ボージョレ・ヌーボの蔵元でコメントを頂いた動画が着々と完成しております。
ボージョレ・ヌーボ "115スペシャル"(m)

動画
噛み噛みなので恥ずかしい(^^;
この日はペール・ギュィヨ→ナチュール→シャテルスの順番だったので、ちょっとお疲れモードの店長がいます。
1日3件回るとテンションがあがらない物ですね〜!!

今年の115スペシャルはコクがあって、果実味が120%アップ!!これは旨い!!

ちなみに、ヌーボのブレンド(アッサンブラージュ)の様子はこちら【動画】

ボージョレ・ヌーボのご予約はこちらより!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

今年のペール・ギュイヨは凄い!

2011年10月29日 03時20分
ボージョレ ヌーボ解禁まであと20日!今年も、ヌーボのご注文が殺到しております!!
解禁日にすぐ無くなってしまいそうなのはこちらのヌーボ!!昨年は店頭に全く並びませんでした!!

今年のペール・ギヨは凄い!「パーフェクトな年!」
ペール・ギヨ2011ヌーボ.jpg
ギヨのローランさんはこの日はあいにく都合が悪くいらっしゃらなかった為、畑の管理と醸造を手掛けるフレドリックさんに色々教えて頂きました。写真はタンクの上に乗って、ヴィラージュを試飲している所です(^^)

そして、ローランさんの代わりにフレドリックさんがビデオに登場しています。
初登場なので、かなり緊張。是非ご覧下さい。

ボージョレ ヌーボ ル・プティ D.ペール ギュイヨ 2011(m)


2011年の葡萄は、天候に恵まれ、素晴らしい収穫となりました。
色が大変濃くて、果実味もたっぷり、そして香りも良いです。
コクはあるのにチャーミング!フレッシュで本当にヌーボらしいヌーボです。


ボージョレ ヴィラージュ ヌーボ D.ペール ギュイヨ 2011(m)




ギヨのヴィラージュヌーボの完成度は、本当に素晴らしい!
『濃い!』というのが一番の特徴になっています。色合いも赤というよりも黒!と言っても良いような深い色です。上物のブルゴーニュを彷彿させます。
上質なタンニン、コクがあり、風格や貫禄を感じさせてくれるヌーボです!
今年もモルゴン最高格付けの畑の一つである「グラン・クラ」の葡萄を使用してくれています。

「今年は天候が良くて、収穫が早く始まり早々にワインが完成に向かった。
出来あがったヌーボは素晴らしいバランスとなった。複雑さと洗練さをもった、最高傑作だ!!」

ペール・ギュィヨのボージョレは予約で約半分埋まっています。是非お早めにお申し込み下さいませ(^^)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

北田屋オリジナル・ボージョレ・ヌーボ2011完成!

2011年10月26日 13時15分
2011年10月12日 フランス、ブルゴーニュ地方、ボージョレのもっとも南サンローランドワン村「ドメーヌ・シャテルス」にヌーボのブレンド(m)をしに今年も行ってきました。
2011パスカル・シャテルスと店長.jpg
2011年は春が物凄く暑く、7月後半は雨が降った、その後持ち直し、2000年代のTOPクラスの出来となった!
「2009年、2007年、2011年がシャテルスの誇る3大ヴィンテージ!素晴らしい葡萄が出来たよ!」
「今年も畑仕事を真面目にこなした成果がでた」と、当主パスカル・シャテルスは熱く語ってくれました。

種まで完熟2011年の葡萄.jpg
その言葉どおり、摘み残しの葡萄でしたが、種まで完熟。種が黒くなっているのが、その証です!!

8/30には収穫が始まり、9/15迄には収穫が完了。これはいつもより早く、2010年に比べると3週間も早かったそうです!まさに異例な出来の2011年と言えます。

「今年は、果実味が強くて、余韻が長い!そして柔らかく、構成も複雑、口いっぱいにフルーツが広がる年である!」とパスカル氏。

今年の間違いのないワインの出来をキレイに手入れされた畑で強く感じました。

今年のブレンドへのはやる気持ちを抑え、先ずはランチ!
ボージョレ・ヌーボにハムチーズ.jpg
シャテルスのマダムがハムとチーズを準備してくれていました(^^)
パンを切りながらハムと野菜を挟んでお手軽ランチ!
フランスではパンがおにぎり、ハムがお新香のように当たり前に出てきます♪温かな日差しの中で最高のランチ!ボージョレとハムの相性は最高です!!

その後は寒いワインカーブへ。
2011シャテルス・ブレンド.jpg
以前にもフランスからの報告でご紹介しましたが、今年もズラリとボトルが並んでいます♪
今年は、全体的に濃い目でガッチリしたものも多かったので、飲み口良くバランスを整えるのは、至難の業でした。
でも、画像の通り、2人ともヌーボを味わいながらニヤニヤしております♪

口当たり良く、チャーミングな味が、北田屋のブレンド!
今年も出来ました!
2011ボージョレ・ヌーボ・シャテルス・ブレンド.jpg
明るい果実味で、チャーミング!これは旨い!
これが、第一印象!

そして、コクがあり、深みがある。すぐ飲んでも美味しいけど、2009年の時のように、長期熟成させてもとっても美味しいだろうな〜!!これが第二印象(^^♪

パスカルさんに店長ブレンドを味見をしてもらうと「葡萄の完熟した感じが大変良く出ていると思います!飲んでみると、味わいもすごく豊かで、なおかつバランスの良い、力強い印象もあります。ヌーボファンの皆様にも、又多くの方にご満足して頂ける味わいでしょう!」との事!

今年のヌーボは自信あり!!

2011年のボージョレ・ヌーボ "115スペシャル"(m)はコクがあって本当に美味しいですよー!!
6本セット(m)がお得です!!

ご予約も、大分入っております!!ボージョレ・ヌーボのご予約はこちらより!是非お早めにご予約下さいませm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

ラ・グラーブ・2011ヌーボ 赤

2011年10月22日 23時26分
今年のラ・グラーブ・赤・ヌーボも旨い!!
ラグラーブ2011赤ヌーボ.jpg
凝縮した美しい赤色。赤いフルーツと胡椒、スパイスの風味。複雑でコクがある!
心地よいタンニンがあるが、日本に付く頃には、今よりも丸くなっているだろう。
なんて安定した、なんてエレガントな、なんてアロマティックな!
いつも完成度の高い素晴らしいヌーボを作ってくれるオルスケットさんに感謝!

上記、店長ののテイスティングノートです。
ラ・グラーブ2011オルスケットさんと.jpg
2011年は春暑く、7月は涼しく、夏は暑い日と涼しい日が交互にやって来た。そのお陰で、香りと味わいのバランスがとても良くなった。
収穫は8/26よりスタート。いつもの年より大分早い。ヌーボの収穫の頃は一切雨が降らなかった!
今年は春の暑さの為、全ての品種がいっせいに完熟へ向かった。通常はメルローの後にシラーが完熟するが、今年は同時であった。色もきれいで、濃縮度の高い葡萄が収穫できた!こんな年は過去に例がない。
まさに例外な出来栄えの2011年と言える。シラーの出来栄えが素晴らしかったので、いつもは30%位のブレンド比率だが、今年は50%使用した。もう一つは勿論メルローだ。
今年のヌーボは早くから飲んでも美味しく、寝かせて飲んでも良い!
byオルスケット

まさに素晴らしい出来栄え!非の打ち所のないヌーボを日本の皆様にお届けする事を約束します!

2011年異例な出来のヌーボを是非、皆様、楽しみにお待ち下さい!

ボージョレ&南仏ヌーボのご予約はこちらより!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

ラ・グラーブ白!今年は「ジョリー」な年!

2011年10月19日 23時51分
帰りました!店長です!昨夜、日本に戻ってまいりました。今日は1日ヌーボのチラシ作成に追われました。
もう少しで、現地情報を織り込んだダイレクトメールを郵送させて頂きます(^^♪DM会員のお客様今しばらくお待ち下さいませm(__)m店頭では、既に配布を始めました!!

携帯の画像でブログをアップしていましたが、デジカメの写真でご紹介させていただきます(^^♪
2011ラ・グラーブ白オルスケットさん.jpg
ラ・グラーブ 白 ヌーボ2011(m)
オルスケットさんの作るヌーボは、赤も白も毎年安定感抜群!今年のこの白ヌーボも美味しかった〜!!
グラスに注いで頂いた瞬間に華やかな香りが広がりました!!ソーヴィニヨン・ブラン種特有の若草やレモンの香り!雨が全く降らなかったという今年は葡萄が完熟して、パイナップルや口の中ではライチの香りまで広がりました。
口当たりはまろやかで後口はさっぱり!これは美味しい♪♪♪

オルスケットさん曰く「今年はジョリーな年!」
ジョリーとはフランス語で「綺麗!」という意味。
まさに、綺麗な出来栄えのヌーボでした♪
ちょうど、フランスへ向かう飛行機の中で見た「パイレーツ・オブ・カリビアン/命の泉」の中に登場した可憐な人魚を想像しました(^^♪

本当に綺麗で、上品な味わいで毎日飲みたい素晴らしい1本!
まとめ買い(m)が絶対オススメ!是非「夏」位まで、飲む量を確保しても損のないワインです!!
到着を楽しみにお待ち下さいませm(__)m

おいしいですよー!今でもあの美味しさが口の中に蘇ってきます♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

直輸入の自然派ヌーボ「ナチュール」

2011年10月15日 18時39分
店長です!(^^)/

自然派のボージョレ・ヴィラージュ「ナチュール(m)」に行って来ました!
オシャレな奥様と醸造家の旦那さま。
ナチュール.jpg

明るい果実の香りたっぷっりで、これは美味です!
テイストは自然派のスタイルでスルリと飲める優しい口当たり
ジューシーでジャミーな苺の風味がたっぷり♪
苺キャンディーの様な味です。

m_201110122138314e958a47a7f84.jpeg

ふくよかでスルッと飲めるヌーボですよー!
お楽しみに!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

ヌーボ最新情報!ペール・ギヨ

2011年10月14日 15時06分
ボンジュー店長です(^^)/
ペールギヨの蔵にも行ってきました!

さっそくテイスティングをして今年が「当り年」である事を確認!!

ギヨのヴィラージュ(m)の完成度は素晴らしく、一口の飲むと濃い!
上物のブルゴーニュを彷佛させるなめらかな味わい。
タンニンもなめらかでコクがあり、バランスが良い!
格上のヴィラージュの貫禄を感じます。
非の打ち所がない、素晴らしい完成度でした♪(⌒-⌒)


プティ・ボージョレ(m)も美味しかったです。
フルーティでチャーミング♪
飲み口が爽やかなのにコクがあります!コレはうまい(^0^)
まさに「ヌーボらしいヌーボ」って感じ。
ほんとに香りが華やかで美味しいヌーボです。

「今年は天候が良くて、収穫が早く始まり早々にワインが完成に向かった。
出来あがったヌーボは素晴らしいバランスとなった。複雑さと洗練さをもった、最高傑作だ!!」
と、ギヨさん


hatake.jpg.jpeg

本当に今年はパーフェクトな年になっています。
じつは、ギヨのヴィラージュは昨年の解禁日に、店頭に並ばなかったのです。
「えー!?無いの!!」とビッックリされた方も。。
そです、予約で完売でした。
今年も濃い目好きの方必見です!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

決定!115オリジナル・ヌーボ!!

2011年10月13日 17時56分
ボンジュー♪ボージョレーに居る店長です。
シャテルス(m)の蔵に行って来ました。

2011年は自分がワインを造ってきた中で、3本の指に入る良い年です。
天気が良かったので、収穫は昨年より3週間も早い年となりました。
果実味が強くて、余韻が長いそしてやわらかく複雑なワインに仕上がったと思います。
と、パスカル・シャテルスさん。
 

今年のキュベは
 9番 明るい果実味チャーミングでボージョレらしい。
 10番 より初々しい!しかしタンニンがある。
 27番 深みがある、ガッチリしている。
 24番 なめらかさ、濃さ、熟した感じ。
 23番 タンニンがありガッチリ、モルゴンみたい!
 
確かに全体的に濃い目でした。
そこで、今年の特徴の濃さを活かしながら、チャーミングさも演出したい!
と思った店長は9+10+24を同量づつブレンドしつつ23の最も濃いワインを少し多めにブレンド。
最後まで23を多めにするか、24のキュベを少し多めにするか悩みましたが、24を多くしてしまうと酸が高くなり、長期熟成向けワインになってしまいそうでしたので、あえて果実味が全面的に出てくれる、23番案にしました!!

sya.jpeg
明るい果実味、チャーミングでコクのある味わい。それにプラスして今年はたっぷりの果実の奥深さを味わえる年となりました。これは旨いです!
デキャンタしてもより美味しくなりそう!

 
果実味も豊かで、旨みもありコクのある115ヌーボ(m)をお楽しみ下さい♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

2011ヌーボ最新情報!

2011年10月12日 19時29分
荒川のアザラシが気になるユキちゃんですが、それよりもヌーボがとっても気になります!

先程、フランスの店長から電話がはいりました!


「ボンジュー!店長です(^^)。今年も南仏は美味しいヌーボができ上がってたよ♪
先ずはペノティエール(m)だけど、とってもエレガントだった!
今年は、シャトー・ド・シフルのブドウを使用し、低温で発酵で醸したそうです。
そのため、シラー種100%とは思えない果実味が!!
ストロベリーやラズベリー、バナナを思わせる柔かな甘い香りは、フルーツ感たっぷりのアロマ♪
ほのかにスパイシーなところもあって、飲み口の良いチョット大人なヌーボって感じ!
これはグビグビ行けちゃいそうですよ!おつまみに出た生ハムや海老とタコのマリネにもピッタリで
パーティに最高なんじゃない。昨年のドロっと感は少ない物の、コクはしっかりあります!」
m_201110112202474e943e772e516.jpeg

おーっ!ペノティエール・ヌーボ今から楽しみー♪
昨年のドロッと濃い感じから上品なタイプに成長したヌーボの様ですね!
今年も「早期完売」間違いなさそうです!昨年はリリースしてから大ブレクだったなー(ノ゚ο゚)ノ


「お次ぎは、ラグラーヴ。相変わらずうまいねー(⌒-⌒)
白ワイン(m)はソービニヨンが70%、シャルドネが30のブレンド。
とにかく香りが良いですよー♪若草やレモン、パイナップルのアロマ!
口当たりはまろやかでライチの風味がはじけちゃう♪
濃さと旨味、爽やかな味わいは気品があり、苦みもなくスッキリ辛口!

赤ワイン(m)はシラーが50%、メルローが50%のブレンド。
今年は一斉に成長し完熟したとっても稀な年。通常遅いシラーが先に完熟したので
いつもより多めにシラーを使ったとの事。
赤い果実のとっても良い香り♪そこに、胡椒などのスパイシーな香りが重なり、
複雑な味わいで、まるでボルドーワインみたいな仕上がり!
コクがあって、心地良いタンニンがあるねー。
日本に着くころにはちょうど良くまろやかになってますよ♪
滑らかな旨味が広がる、美味しいヌーボでした!!
lag.jpeg


オルスケットさんは
「今年は春先の天候が良すぎて、一斉に成長した特別な年!!こんな年は初めて!
とってもジェリー(←スペル不明「美しい」の意)な年だ。コンクールの金賞を目指すよ!」
と意気込んでます!」


ラグラーブも安定して美味しいですよねー!今年もブレイクしちゃいそうです!!
昨年は白ワインがリピーター続出で発売後に早期完売。予約していなかった方はビックリ!

そうです!ヌーボは何がどう売れるかわかりません。早めの予約が間違いないですヨ。
ヌーボは店頭又はネットご予約できます(^^)/
2011ヌーボ→http://kitadaya.co.jp/html/page3.html

明日はボージョレ情報をお届けします。(予定)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

山梨のルーミエールに行って来ました(^^)

2011年08月25日 19時06分
先週の火曜日は家族旅行で山梨へ!その記事の続きです!
水曜日にお邪魔しましたのは、店頭で甲州シュールリーが人気のルミエールさん。
併設のレストランがお洒落だったので立ち寄ってみたのですが、おいしい出会いがありました♪

レストラン ゼルコバ 山梨県笛吹市一宮町南野呂624
ハイビスカスシャワー.jpg
ドライバーの方にオススメなのがこのハイビスカスシャワー!
ルミエール特産のワインヴィネガーをベースに、ハイビスカス、アップルジュース、シナモンが入った炭酸飲料!これが旨い!食事をしながらアルコールを飲みたくなっても、満足感があります。まさにノンアルコールのヘルシーカクテル!美容と健康に大変よさそうです!!

ゼルコバ前菜.jpg
食事も大変美味!三ツ星レストラン「ルキャ・キャルトン」都内の人気店「西洋銀座」等で修行したシェフが作る、地元の食材をふんだんに使用したフレンチ。まるで都内で一流のサービスを受けているかのような感覚!サービスもテキパキ。大変心地良かったです!

前菜はキュウリのシャーベットから始まり、山梨特産桃のサラダ、山梨県産豚バラを赤ワインのたまりに3週間以上漬け込んで作られた特製ベーコンのソテー!野菜も大変おいしかったです。

ゼルコバメイン.jpg
メインは岩魚のソテー!この大きさの岩魚は相当大きいのではと思い聞いてみると体長50cmとの事。そんな岩魚釣ってみたいと思う店長でした(^^;味も絶品。
そしてお肉のメインは甲州ワインビーフのソテー!柔らかくて口当たりも絶品。とろけるような感覚ですが、けしてしつこくありませんでした。ワインを作った後の絞り粕を餌に混ぜて牛に与えているそうです。
ポリフェノール効果が期待でき、牛さんも元気に育ちそうですね♪

有機栽培の農園.jpg
以前ブログでも紹介させて頂きました、有機栽培のぶどう園の写真はこのルミエールさんのものです。
ビオデナミという今最も厳格な有機農法。草を残して、葡萄と共生させる事により、葡萄は地中深くまで根を這わせ、風や雨、害虫などにも強く、そして果実自体も健全になります。
世界の高級ワインは少なからずもこの農法を取り入れております(^^♪

ルミエール樽.jpg
そして、樽もトップクラスの物がおいてありましたよー♪フランソワフレール、タランソー、ダミー、スロヴェニアやアメリカンオークまで。。。
実に研究してワインを作っています。今後益々期待の蔵元と言えるでしょう!!

ルーミエール社長さんと.jpg
社長様自ら蔵やワインの説明を頂きました(^^)木田社長!飛込みだったにも関わらず、誠に有難うございましたm(__)m

テイスティングをさせて頂き、気に入ったワインがありました!!樽では寝かせていないタイプで、ガブガブ飲める!と言う名のワイン「ガブ」
ルミエールガブ.jpg
限定2000本!優しい味わいで、軽いのですが、旨みがあり、みんなでワイワイ楽しみながら軽く1本開いてしまいそうです!!
少し有機栽培のボージョレやアンジュ・ルージュのような感じもします♪葡萄は自家葡萄のマスカット・ベリーA!今年試験的に作られたワインです!
スルスル飲める自然派ワインが好きなお客様!なくならないうちに是非チェックしてみて下さい♪
美容に良さそうなノン・アルコール・カクテル「ハイビスカス・シャワー」「シトロン・シャワー」と共に店頭で只今限定販売中です!!

■ハイビスカス・シャワー
■シトロン・シャワー
各330ml 315円
■ルミエール ガブ 赤ワイン
750ml 1,365円

樽熟成のワインは秋から冬に掛けて仕入れていく予定です(^^)/
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

店長の休日@

2011年08月18日 23時15分
昨日は、家族旅行を兼ねて山梨へ。

山梨の夜景.jpg
笛吹川フルーツ公園からの夜景です!新三大夜景と言われているらしい(^^)

有機栽培の農園.jpg
翌日はワイナリーへ。有機栽培に近い、雑草を残してワインの木を強くする為の農法をいたる所で実践していました。

山梨の葡萄.jpg
海外ではほとんど見られない、葡萄に紙をかぶせる育て方。これも多くの所で目にしました。

日本と有名ワイン産地では、雨量の違いが最も大きな違い。育て方も棚作りが多いです。

フランスや、世界のワイン産地では垣根作りと言って、地表すれすれでワインを作る産地が多いのです。
こうする事により、完熟して濃いワインが作りやすくなります。

日本のワインの戦いはずばり雨!この雨量をどうするかがキーポイント。日本ならではの味わいを見つけていきましょう。

店長の日本ワインブログは、ゆっくり更新していきます(^^)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

ブルネロ ディ モンタルチーノ ラ・マジア 2004年

2010年12月19日 00時35分
今日は他の仕事をしていたら、ブログを書く時間がなくなってしまいました(><)

そこで、昨日ご紹介致しましたパルミジャーノ・レジャーノと合わせたいワインNO.1!
店頭配布チラシの中でも大注目のこのワインをご紹介します(^^)

ブルネロ ディ モンタルチーノ ラ・マジア 2004年
ラ・マジア・ブルネロ1.jpg
おや、この写真どこかで見覚えが!!そう、当店ブログの看板になっている風景です。

ラ・マジアはまだ、この地に15件しか生産者がいなかった頃よりワイン造りを続けている生産者。
レーサーから転身と言う陽気なシュワルツさんが率いるワイナリー。
スペクテーターで90点オーヴァーは当たり前のワイナリーです。
チョコのような香り、まろやかな口当たり、しっかりとした骨格、いつまでも続く余韻はまさに最高のトスカーナワインです!!


ラベルは、息子さんが小さい頃に書いた物!!

いつも数が少なく、大変ご迷惑お掛けいたしますm(__)m

ラ・マジア・ブルネロ2.jpg
こちらは素敵なトスカーナの風景です!!大きな画像を載せました!!
写真をクリックすると拡大します!!

ラ・マジア・ブルネロ3.jpg
元は、レーサーだったと言う陽気なシュワルツさん。
その陽気さの裏には、真面目なワイン作りの姿勢を感じることが出来ました。

あのビル・ゲイツ氏が毎年オーダーしているという大変人気のブルネロです。
今まで行ったワイナリーの中でも最も景色の良い場所でした。
古くからあるワイナリーで、今は300件の農家が居るそうですが、昔は僕を含めて15件だったよーと、お話をお聞きしました。

最後におまけ画像。
ラ・マジア・ブルネロ4.jpg
大自然の中での飲むブルネロは最高でした!!ワインの王様がバローロならば、最も力強くて頼りになる参謀がこのブルネロ!かな?
かなりパワフルで、濃密、そしていつまでも続く余韻が素晴らしいです。

ちなみに、恥ずかしいので、クリックしても拡大されません(^^;

こんな、風景を見ながら日々過ごされているシュワルツさんファミリーがうらやましかったですが、街までは車でかなりの距離があるので、やはり「レーサー」並みの腕前がないと、買出しなども大変そうでした。

トスカーナのワイン産地めぐりは、山から山への移動の連続!!キアンティー、ブルネロめぐりは実はなかなか大変で、朝から廻って終わるのが夜10時。それでも4件くらいしか回れなかったような(^^;

以上、2005年10月の買い付け報告でしたm(__)m

ブルネロ ディ モンタルチーノ ラ・マジア 2004年限定入荷ですので、お早めに!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

ボージョレ ヌーボに合うおつまみ!シャテルス編!

2010年11月11日 00時09分
毎回、ボージョレ・ヌーボのブレンドの時に用意してくれてある、シャテルスのおつまみ。
いつも食べたいのを我慢して、アッサンブラージュ(ブレンド)に集中します。
P1002469.JPG
ブレンドが終わってから、作ったワインと共にこのハムや、奥様手作りのハム入り玉子焼き(?)をご馳走になります。いつも時間がないので、作り方を聞けませんが、卵と粉とハムが入っているのだけは判ります。
勿論甘くなくて、少し塩分の効いた優しい味わい。

ハムも今回は日本でもおなじみのハム。フランスではジャンボンと呼びます。
これがワインと大変良く合います。普通のボンレスハムと言うよりは、もう少しジューシーな味わいです。

生ハムや、サラミ風のソーセージ「ソーシソン」も良く登場いたします。

P1002470.JPG
これは、まだ澱の残っているロゼ ヌーボとシャテルスのボージョレ ヌーボ。
今年は色も結構濃く付いてますね。どちらのワインにも大変良く合います。勿論★★★★★!!

今年のシャテルス 115キュベ・スペシャル ボージョレ・ヌーボは大変美味しいので、到着が本当に楽しみです!!

P1002471.JPG
パスカルさん毎年わがままを聞いて下さり、本当に有難う!メルシー ボクー♪
そして、縁の下の力持ち!奥様にも感謝です。美味しい料理をいつも有難う。
一番美味しいキュベを100%もらってしまってゴメンナサイm(__)m全ては日本のお客様のためなのですm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

店長驚愕!ペノティエール・ヌーボ!いよいよ最後の動画です!

2010年11月04日 17時38分
ペノティエールでは、驚きのヌーボに出会いました。
ムートン・ロートシルトの元醸造長「パトリック・レオン」氏との夢のコラボヌーボ!
南の果実味を最大限に活かしたコク有りのヌーボです!!


モバイルはこちら

店長驚愕動画をご覧下さい(^^♪


2010ペノティエール・ヌーボ(m)
お買得な6本セットはこちら!(m)

お得なご予約は11/14迄!ボージョレ・ヌーボ特集ページ!
品切れ間近な物が続々です!!お早めに〜!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

シャテルスに思いを込めるコート・ドール。

2010年11月02日 01時28分
今回の旅行、ストライキの影響も多少は受けた物の、無事に日本へ帰ってくる事が出来、体調も初日にお腹を壊した位でしたが、一つ大変重要なミステイクがありました。

カメラが壊れました〜!!それも2日目で!!

今日は、旅の仲間に頂いた写真でブログを書かせていただきますm(__)m
キュベ23.jpg
今年のシャテルス(m)のアッサンブラージュは6種類。

ブレンド.jpg
慎重にブレンドしています。心の中で「シャンボール・ミュジニーになりますように!!」と。
勿論ブドウはガメイ種で、ピノノワールにはなりえませんが、美味しいガメイはピノに近い味になる事があります。
店長のイメージする明るいイメージの高級感のあるブルゴーニュワイン。
今年は最初の写真の23番のボトルが一番近かった。
心の中ではもう少し渋味を加えた方がとか、もう少し酸味を加えた方がとか、葛藤の連続。
しかし、結果自分の口には逆らえなかった。
行く前のワイン会で飲んだ明るい味わいの高級ブルゴーニュの味が。。。
勿論全く同じとはいかないが、充分に満足の行く選択でした。

ミュジニーの畑.jpg
ちなみに、いつもイメージしているのは壊れたカメラのピンボケ映像で申し訳ありませんが、この畑のある村「シャンボール・ミュジニー」の赤ワイン。(畑は特級のミュジニー)
綺麗で可憐な静かな村です。
神の雫でも人気のレザムルーズの畑は店頭で御希望のお客様にDVDで見ていただけます(^^)
大切な時にカメラが壊れるなんて。。。トホホ。。。

高級ブルゴーニュ.jpg
ちなみに、リヨンのワインショップに並ぶのも堂々とロマネコンティーと共に並べられたミュジニーやシャンボール・ミュジニー。
日本でもお馴染みの生産者が並びます。
さすがに、このクラスのワインとは到底行きませんが、いつもイメージは芳醇で、エレガントな香り高いブルゴーニュ、そして誰が飲んでも美味しいチャーミングな味わいを目指してブレンドしています。

コルトンの丘.jpg
コート・ドールとは(ブルゴーニュの)黄金の丘!
夕日がさしてまさしく金色に輝こうとしていました。
左に見える丘はコルトンの丘です。

ラ・グラーブヌーボ白.jpg
今年の、ラ・グラーヴ白(m)はなんと、シャブリより旨いと買い付けメンバーの一人も唸った、切れのあるそして、ふくよかな味わい。
品種はソーヴィニヨンブラン70%、シャルドネ30%!
毎日飲みたい美味しいブルゴーニュと言った感じ。
オルスケットさんのブレンドも年々腕が上がっているようです(^^)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)

ペール・ギヨ ボージョレ・ヌーボ2010

2010年10月31日 16時20分
本日は、ペールギヨのローランさんに今年のモルゴン村の出来を聞いてみましょう!

モバイルはこちら


こちらは、通常のボージョレヌーボの店長コメントです。

モバイルはこちら

通常のボージョレ・ヌーボはフルーティーな出来栄えでした!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)