夏は泡物!!北京五輪にスパークリング!

2008年08月09日 18時02分
泡物が売れてます.jpg
夏ですね〜。

やっぱりお店では泡物が売れてます!一番の売れ筋は
カバ アルテラティーノ・ブリュット

隣に写っているトレヴィジオール ロゼ ブリュットは店頭で只今大人気の1本!!
辛口だけど口当たりが良く、まろやかな旨味と甘みが後からやって来ます。

店頭試飲で大人気になったので、追加で発注しました。
そのほかに、このシリーズの白2種類(辛口と中辛口)もやって来ます。

明日から並べる予定です。

暑いので、スパークリングを飲んで、「北京オリンピック」日本選手を応援しましょう!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

美味しい食材入荷!!

2008年08月08日 18時46分
今日も暑かったですね〜。

こんな日に取って置きの食材で、体力回復をしませんか??

キンキンに冷えたイタリア白ワインをキューっとやりながら、
サラミやピザ、更にはモッツァレラチーズを豆腐替わりに。。。
なんて、チョット「おつ」な夕暮れが迎えられそうです。(妄想は膨らみます)

ナポリサラミ.jpg

さてさて北田屋のチーズ冷蔵庫に美味しい食材が入荷しました!!
ナポリ サラミ
全長47cm、重さ400g位!!
業務用で、本格イタリアピザ屋さん等が実際に使っているサラミです。
100g当たり600円。

味わいは程よく柔らかくて、口に含むとジューシーな脂がジュワーッと、ほとばしります!!
そのまま食べても、サラダに入れても、パスタやピザに入れてもOK!

パーティーの名脇役になりそうです!!

それともう一つ!!
モッツアレラ解凍中.jpg
こちらも、業務用モッツアレラ ブッファラ!!
250gで1050円と格安です!!

いつも、モッツァレラを仕入れて売りたいなーと思うのですが、期限が短すぎて、いつもお家で食べる羽目に。。。
嬉しいのですが、チョット悲しい。。

そこで見つけたのがコレ!!
通常冷凍庫で保存しておりますが、いつも1個くらいは解凍してチーズ冷蔵庫に置くようにします(^_-)-☆

コレで、モッツアレラが常備できそうです。
それも、本場イタリアの水牛から作られた特上品。

モッツァレラとトマトのサラダ(カプレーゼ)や、
本格イタリアンピッツァ(マルゲリータ)!
まで幅広く楽しめそうです!!

第一回目は限定12個入荷ですが、チーズ好きのアルバイトさんが既に1個ゲットして行きましたので、後11個で〜す。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

本日の試飲にあのワインがまさかの登場!!

2008年08月03日 10時00分
本日の試飲2008.8.3.jpg
暑いですね〜。

暑気払いに開けた凄いワインが、本日店頭試飲に登場です!!

2001年ニュイサンジョルジュ クロデコルヴェ D.プリューレ・ロック
16,500円!!!!
コチラを本日より8/15迄14,500円にて販売します!!

プリューレ・ロックのページ!!

この他にも シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・プリューレ・ロック1999年
36,800円を同じく8/15迄31,800円にて暑気払いセール!

お見逃しなく!!

クロ デ コルベのお味見はスタッフ迄お申し付け下さい!
明日(編注・2008/8/4日)迄です。(無料)

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(2) | TrackBack(0)

北田屋社長奮闘記!暑い中手打ち蕎麦偏!

2008年08月02日 21時35分
シャブリと手打ち蕎麦.jpg
先日社長が大汗をかいて手打ち蕎麦を打ってくれました。
畑での農作業や、手打ち蕎麦、はたまた先日のブイヤベースまで、本当に頭が下がります。

社長の労をねぎらう為(編注・日本語がおかしいです)、この日はシャブリ・ドメーヌ・ド・マランド開けました。

マランド家は、シャブリ協会の会長を務めた事もある、シャブリ村に昔からいる生産者。いわゆるドメーヌを名乗れる数少ない生産者です。樽熟成を嫌い、本来のシャブリは、クリーンで透き通った酸が命であると言う考えの持ち主。その信念通り、スッキリと辛口でミネラリーな味わいは、食事と合わせやすく、辛口好きの定番ワインとなっています。

実は、蕎麦とワインはなかなかあいずらいのですが、裏技をこの日は発見致しました。

なんと、蕎麦に辛味大根おろしを添えて、そこへ醤油をチョロリ、更にオリーブオイルを少々!!
こうすると、さっぱりした蕎麦だけでは合わせずらい白ワインが数段ランクアップ〜!星の数も★★★☆に!これに天ぷらも合わせてしまえばきっと★★★★間違いなし!!

ちなみにシンプルにダシと蕎麦だと残念ながら★★位しかあげられませんでした。うーんやっぱり、蕎麦には日本酒かな〜。

でも、今度ドイツワインで試してみよっと!


それにしても、暑い日のシャブリは爽快で旨いなー!!
マランド家シャブリ シリーズ!

シャブリ・ドメーヌ・ド・マランド

シャブリ 1er ヴォードベイ ドメーヌ・ド・マランド

シャブリ G-cru レ・クロ ドメーヌ・ド・マランド

シャブリは畑により格付けされています。
プチ・シャブリ→
シャブリ(村名)→
シャブリ・プルミエ・クリュ(1級畑)→
シャブリ・グラン・クリュ(特級畑)。
当然、特級が一番格上の畑となり味わいもコクが出てきます。

更に、シャブリは最も北の産地なので、全体的に辛口で酸味の乗ったキリリとしたワインが作られます。
聞いた話によると、東京オリンピックの時にはシャブリの特級畑「レ・クロ」が輸入され話題になった為、レ・クロの名が日本で一番有名になったと言われています。
この他にも、ヴォーデジールやブランショ等全部で7つの畑があります。(プチセミナーでした)

夏で白も沢山売れていますが、やっぱり赤も健闘中!
この暑い夏もワインで乗り切りましょう!!

明日も店頭試飲色々開いております!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

ラムチョップにはレイニャック!

2008年08月01日 13時46分
ラム肉にはレイニャック.jpg
とうとう、夏バテを起こした店長です。

昨日の昼は突然の夏バテが襲ってきて、1時間ほど休ませてもらいました。
その後、お店に立ちましたが、なかなか本調子が出ないまま、夜になりました。


そうだ、こんな時にはラムを食べよう!!
ラムと赤ワインで、体力回復を!!
ン、、、昼間気持ち悪かったのに大丈夫かな???

きっと大丈夫良く焼けば。。。

と言うことで、シャトー・ド・レイニャック2006年を店で買って、いざ調理スタート!!

フライパンで両面と脂身の所を交互に焼いて焦げ目を付けるのまでは良かったのですが、中まで火を入れるために蓋をしてしまいました。

焼き上がりは、、、

当然中まできっちり火が入ってしまいました。
とてもロゼとはいえないので、完璧に失敗ですが、最近コレステロールを気にする父と、病み上がりの僕には、この脂の抜け具合が、ちょうど良かったのかも!?

シャトー・ド・レイニャック2006年との相性は勿論★★★★★と言いたい所ですが、★★★★☆4ツ星半で!!

きっとレイニャック・キュベ・スペシャル2000年なら★★★★★かも!?

暑いときは、南仏や、シチリアのワインが美味しいですが、昨夜は温度が少し下がった為、ボルドーを飲むにはなかなか良い気候でした。

やっぱり、王道のボルドーは旨いですね〜。それもレイニャックときたら、バランスも良いし、旨味も最高!コクもあります。
牛や羊にはやっぱりこれですね!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

いよいよ神の雫にプリューレ・ロック登場!

2008年07月28日 16時03分
サイトウ先生記事.jpg
いよいよ神の雫人気コラムに北田屋が誇る、スーパーワイン「プリューレ・ロック」の紹介が乗りました。

DRCサイトウ先生曰く、ロマネ・コンティの共同経営者と言う話になると、怒り出す当主「アンリ・フレデリック・ロック」の話や、プリューレ・ロックの美味しい飲み方のお話まで、細部に渡り目からウロコの内容が書き記されていました。

又、アンリ・フレデリック・ロックが日本へ初来日した際の受け入れを担当されていたそうです。きっと、大変だった事とご察し致します。

当店でも、一度だけ西麻布のレストラン「harmonie」(アルモニ)で、来日記念パーティーを開いた事がありましたが、本当にどのように失礼な事がないように振舞うかを、シェフの山田実弘さんと共に、完璧な受け入れ態勢で整えた事を思い出しました。

本人を目の前にしては言えませんが、やはり世界の最高峰ロマネ・コンティー!と言う響きだけで、ワインファンならば背筋が伸びてしまいますね。

ちなみに、私はロマネコンティーを1本貰うより、プリューレ・ロックのシャンベルタン・クロ・ド・ベーズを40本貰った方が嬉しいです。(同じくらいの金額)

DRCサイトウ先生の香りや味の表現はいつも勉強になります。
ドライ・ローズのやさしい香り、、、佐藤錦を頬張ったときのような気品を備えた鮮烈な味わい。。。

うーん、僕もこんなコメントが言えたらな〜。


DRCサイトウ先生のワイン教室
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

虹が出ました。

2008年07月27日 20時55分
虹.jpg
今日は雨が降りましたね〜。

その後には虹が。。。

久しぶりに外の空気に触れられた瞬間でした。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

僕がレストランをしていたら。。。

2008年07月26日 18時36分
ストウブココット29cm.jpg
もし、僕がレストランをしていたら、ストウブを使った料理を出したいと思います。

ストウブとは、感単に言えばダッチ・オーブン。
物凄く重くて、厚い作り。男の調理器具といった感じです。

熱が全体に伝わり、蓋が重く圧力鍋の代わりになるので、野菜や肉がふっくらとジューシーに蒸し焼きされます。

過去にフランスで食べたレストランで鮮烈に印象に残っているのが、このストウブを使った料理を出す、以下の2件でした。

ボルドーのチュピーナという小さなレストランで鳥やセップ(ポルチニ茸)入った生クリーム仕立てのお料理や。。。

パリのアラン・デュカスがプロデュースしたリーズナブルなお店ビストロ・オー・リヨネで鳥の丸焼き?を食べた際、こんなココットに入って出てきました。中には野菜やニンニクが丸のまま入っていた記憶があります。

どちらも、ボルドーやブルゴーニュの田舎風の料理を出すお店で、本当にほっと出来る良いお店でした。

ただし、チュピーナの方は田舎料理過ぎて、ヴォリュームが多すぎたり、少々怖い料理(例えば鳥の血を固めたもの等)もありますので、行かれる際には是非すきっ腹で体調の良いときに。
オー・リヨネは田舎料理と言っても洗練されているので、体調が悪くても逆に元気になる感じがします。

何はともあれ、このストウブのココットは魔法の料理が作れる予感が。。。
フランス料理界の巨匠ポール・ボキューズ氏も“私の料理の秘訣が一つしかなかったとしたら、それはこの素晴らしい製品であろう“
と言っています。凄いですね。

ちなみにストウブ社の製品は北田屋で予約限定ですが、20%OFFで販売できます。
ストウブのご紹介ページ!

しばらく店頭でも飾っておきますので、是非手にとって重さを実感してください。
料理が作りたくなりますよー。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

ある日の昼食!

2008年07月25日 20時19分
太刀魚.jpg

暑い日が続きます。
先日、釣りに行ったお友達から、太刀魚と鯖を頂きました。

この日のメニューは唐揚げ、キュウリの冷汁、豆と大根おろしの胡麻和え。

暑い夏にさっぱりのヘルシーメニュー!

釣りたての魚はやっぱり旨いですね〜!
がぶっとかぶり付くと太刀魚の骨で負傷するので気をつけましょう!
それにしても、旨かったなー。店長も釣りに行きたーい。
海が恋しーい。出来れば泊りがけで行って、ワインと魚の相性もやって見たいですね。(・・・妄想中)

でも、ワインに燃える店長は、昼間から相性を試す事は忘れません!この太刀魚とは今月の頒布会「シャトー・レゾリュー・ブラン」と大変良い相性!★★★★
きっと以前の頒布会のサルガラ・ルーナとも合いそうでした。

Mちゃんいつも有難うございます。お魚最高!

社長のキュウリも旨いです!
でも、冷汁って皆さんご存知でしょうか???
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

夏野菜の美味しい季節です!

2008年07月22日 14時33分
夏野菜2008.7.jpg
今日も社長の野菜が収穫されてきました。

夏はやっぱり、ナスとトマトとキュウリが定番ですね!!

昨日の昼間「ナス」をたっぷりのオリーブオイルでソテーして、岩塩を軽くふって頂きました。ものすごーく旨かったです!

トマトもパスタソースにして、バジルをたっぷり、厚切りベーコンを少々!簡単だけど夏を感じられる贅沢なランチですね!

今日の昼はそうめんでした。

火曜日は通常定休日ですが、本日はPM7:00迄営業中!

運良く社長に出会えると、新鮮野菜がもらえちゃうかも。。。!?

P.S.料理の時はトングが熱くなるので気をつけましょう(^_-)-☆
  北田屋に1名負傷者が。。。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

本日の試飲にはカトリーヌetピエール・ブルトンのシノン・ピカスー2000年が登場!

2008年07月21日 11時35分
本日の試飲2008.7.21.jpg

昨夜、親戚が来たのでちょっと奮発して、カトリーヌetピエール・ブルトンのシノン・ピカスー2000年を開けてしまいました!

久しぶりに北田屋の定番を開けて大感動!
でも、ウナギにはパッソデルソル・カルメネールの方が良く合いました!
シノン・ピカスーは力強いので、牛肉に良く合います。

先ずは、店内でシノン・ピカスーの素晴らしい味わいをお楽しみ下さい。繊細で、まろやか、コクがありますよー!!

恋も咲くところも勿論お味見できます。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

刺身にレゾリューの白ワインは美味しかー!!

2008年07月20日 21時06分
刺身にレゾリューの白ワイン.jpg

ここ最近、角上さんに良いマグロが安く入って来ているようです。
本マグロがいつもの価格より大分安いそう!!食べましたがやっぱり本マグロは全然味が違いますね〜。
いつも本マグロだったら良いのにな〜。

さて、頒布会のワインとの相性を探求せねば。。。
でも、喉湿しにスパークリングも飲みたい!!
という事で、クレマン ダルザス ミッシェル・フォンヌ バルス・レネを開けてみました。
爽やかな香りと共に、シュワシュワっとした泡が溢れ出てきました。今日はシャンパン・ファイトはせずに済みました。泡物を開ける時は、立って開ける事と、タオルやトーションを必ず使うことが大事!(ワイン会での教訓。。。)
味わいは本当に爽やかでスッキリ!後口にほんのりと甘みを感じますが、全体的には辛口と言って良さそうです。
暑い日にはこの喉を通るシュワシュワがたまりませんネ〜。

あまり飲んでしまうと、頒布会のお仕事に差し支えるので、レゾリュー・ブランをテイスティング。
爽やかな中辛口でするりと喉の奥まで入ってしまいます。一口で言えば、飲みやすーーい白ワイン。
口当たりがよく、バランスがよく、余韻にほんのり甘さというか丸さが出ています。
相性はお刺身と抜群の相性で★★★★☆どのお魚とも良く合いましたが、イクラだけは結構難しいです。

イクラと★★★★だったのは、先のクレマン ダルザス ミッシェル・フォンヌ バルス・レネです。
他のお魚とも全く問題のない相性!邪魔をしないスパークリングです!

この日のお魚はスルメイカ、本マグロ、甘エビ、イクラでした。

ベビアニート(南仏の赤)も試してみましたが、これは言うまでもなく、あえなく退場。やっぱりお肉ですね。
そして、更にプリュール・ド・サンジャン・ド・ベビアン1997も試したのですが、魚達を完全に凌駕!生臭味も出ずに問題はなかったのですが、、、やっぱりお肉のときに書きたいですね。本当にめちゃくちゃ美味しい赤ワインでした。

頒布会のお客様今月も美味しいワインが届きますので、お楽しみにしてくださいませ。

レゾリューは、赤も美味しいですが、白もなかなか美味しいですね〜。刺身に合うところなんて、まるで日本の心が分かっているかのようです。刺身にレゾリュー白ワインは美味しかー!!家族納得の1本でした。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

本日の試飲!ベビアン、ベビアニート、レゾリューの白ワイン。

店内試飲7.20.jpg
今日も美味しいワインが開いてます!

スクラティは勿論、新着ワインが一挙に3本!

南フランスの3大グランヴァンの"プリュール・ド・サンジャン・ド・ベビアン1997年

ベビアンからの新着カジュアルライン"ベビアニート赤"

そして、10年来お付き合いの蔵元、人気NO.1赤ワインを作るレゾリューより、"シャトー・レゾリュー・コルビエール・ブラン"(白)

実は今月の頒布会の説明書を書くために、昨夜開けてみました。

レゾリューの白は果実味たっぷりで爽やか、本当に美味しい!
ベビアニートも口当たり良く、満足度大!
ベビアンの1997年は素晴らしい熟成を示し、完璧なバランス!まさに特級ワインと呼ぶにふさわしい1本です!

是非お味見にお越し下さ〜い!!
店内品質管理の為に、大変涼しくなっておりま〜〜〜す。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

ノルウェー産の鯵(あじ)にスクラティ・ビアンコ!

2008年07月19日 21時12分
ノルウェー産の味にスクラティビアンコ.jpg
チェウソ来日の熱も覚めやらぬ店長です。

ノルウェー産の鯵に味見の「スクラティ・ビアンコ」VS「日本酒生酒」。

さー、果たして、どんな結果が!!

スクラティ★★★★☆
日本酒★★★☆

なんと、スクラティの圧勝でした!!

ノルウェー産の鯵(あじ)は身がメチャメチャ大きくて、生臭さも少なく脂が乗っています。

本当にスクラティ・ビアンコはどんな料理にも万能です!!

爽やかで、口当たりが良く、コクもあり、グレープフルーツのような後味があります。カニにも良かったですが、鯵もなかなか!!

この夏のお勧め白ワインの1本!
是非、夏にイタリア白ワインで、クールに爽やかに過ごしましょう!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

チェウソin小手指レジーナ

2008年07月17日 12時51分
Buona Sera (ボナ・セラ)店長です。
inレジーナ.jpg
7/15PM7:30 いよいよレジーナさんで食事会が始まりました!
平日の夜だというのに、会はお蔭様でほぼ満席に!!

会料理1.jpg
あまりの忙しさに全ての料理の写真は撮れなかったのですが、何とか撮影出来た物をご紹介。

お客様が釣ってきた鯖のマリネ、夏野菜のサラダ。

子羊のスペアリブ黒胡椒風味。

イタリア風牛肉のトリッパ。

カジキマグロのブラチョリーネ(インボルティーニ)。

どれも、スクラティの白や赤と良く合いました。

会料理2.jpg
そして、メインは牛肉の霜降りランプ肉のロティ。トリュフソース掛け。
こちらは、チェウソの98、99ともベストマッチ!

料理もワインも大絶賛のうちに、終わりました。
デザートの自家製リコッタチーズとシチリア産ピスタチオのジェラートも凄くボーノ ボーノ。

とレジーナシェフ.jpg
山田シェフ本当にお疲れ様でした。

そして、チェウソの「ビンチェンツォ」さんと「ルイーズ」さんもはるばるシチリアから本当にお疲れ様でした。

シチリアン・ナイトは本当に楽しい夜となりました。

シェフと生産者さん本当にGrazie (グラッツィエ)!

そして平日にお集まり頂いたお客様にもGrazie mille!

余談ですが、シチリアン・ナイトの熱が冷めやらなかったのか、かなりのお客様が残って二次会へ突入!
店長はシャンパンファイトをする始末。本当にこんな事はめったにないのですが、掛けてしまったお客様本当にゴメンナサイ(>_<)
本当に、シチリアに行った時のスコールが再来!?と思えるような激しい一夜でした。

それでは、又こんな熱〜い、ワイン会をやりたいと思いますので、お気軽にご参加下さい。
Grazie ciao !
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

チェウソin所沢ワインショップ115KITADAYA

2008年07月16日 21時09分
チェウソin北田屋.jpg
7/15チェウソが所沢までわざわざやって来てくれました。

連日、全国を回っていたので、疲れが溜まっていた様ですが、お店に着くと元気にサインやお客様に接客して下さいました。

チェウソ 只今キャンペーン中!
7/22迄、特価です!

是非この機会にお買い求めください。

チェウソ2004年
残りは本当に後僅か。ドゥエミラヴィーニ誌においてこのチェウソ2004年が★★★★★五ツ星を獲得!それも昨年に続き2年連続の五ツ星!!
これは、サッシカイアやオルネライアと並ぶ快挙だそうです!
かたや数万円のワインと並びチェウソは3千円台後半。
これは、抑えぬ手はないですね!今ならサイン入りボトルもありますが、早い者勝ち!

又、2001年はガンベロロッソでもトレビッキエリ(最高の三つグラス)を獲得しています。

スクラティ・ロッソ赤
本当にお買い得なチェウソの赤。地場品種ネロダーボラを使い、まろやかで、コクがあります。
暑い産地で作られるワインだけに、夏に軽く冷やして飲んでも大変美味しい!ワイン会でも大絶賛でした。
こちらもガンベロ・ロッソ誌でBest Buy(ベスト バイ)に選ばれる高評価!。今までの経験上トリッパや、トマト味のお肉。意外なところではお寿司にも良く合いました。

スクラティ・ビアンコ白
夏の白はこれで決まり!
白身魚や、カニ、エビ魚介類なら何でもござれの美味しい白!
ワイン会でも参加メンバーから美味しい美味しいの連続でした!

スクラティの赤も白も数本だけサイン入りボトルがあります。
チェウソサイン.jpg
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

本日いよいよチェウソ来日!お気軽にお越し下さい\(^o^)/

2008年07月15日 00時55分
タラパニ遺跡.jpg
その昔ヨーロッパへの玄関口だったイタリア、シチリア島より。

シチリアより.jpg
イタリアでもTOPクラスの生産者が北田屋にやって来る!

チェウソ来日.jpg
北田屋店頭でお待ちしております。

115KITADAYA 北田屋本店
所在地 埼玉県所沢市東狭山ヶ丘5−2720
電話番号 04-2922-0426
メール 115kitada@msh.biglobe.ne.jp

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

ナスです。チェウソです。スクラティーです。

2008年07月13日 21時59分
ナスです。.jpg
photo by yukihiro

チェウソの会もお蔭様で後3席まで埋まってきました。
もう少しです。

当日のお料理には勿論ナスが使われますが、この写真のナスは使われません。

社長が畑から取ってきて、自慢げにこんな変わったナスが採れた!!と店に飾っていきました。
それを弟の幸宏がこんな悪戯を。。。。

明日社長に怒られることは間違いありません。


ナスと、オリーブオイル、そして、シチリアワイン。
うーん、よだれが出ます。


チェウソ 2004 シチリア
チェウソ 2004 シチリア
スクラティ ビアンコ(白)
スクラティ ビアンコ(白)
スクラティ ロッソ(赤)
スクラティ ロッソ(赤)


写真のオリーブオイルは、ジュリエッタEXヴァージン オリーブ オイルと、珍しいレモン風味のオリーブオイル。美味です。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

チェウソ来日シチリアン・ナイトinレジーナ!料理メニュー♪(仮)

2008年07月12日 21時37分
チェウソ来日に際して、新着情報が飛び込んできました。
なんと、ビンチェンツォさん一人で来ると思っておりました所、姪っ子さん(29)も一緒に同行しているとの事。
これは、益々楽しみです。

イタリアらしく、ファミリーで経営されているチェウソのワイナリー。
ビンチェンツォさんは、土壌と栽培のプロ。そして、姪っ子さんはマーケティングのプロで、ワインにはかなり精通しているそうです。
イタリア語の通訳さんも居ますし、姪っ子さんは英語が話せるそうですので、イタリアの生の情報をたっぷり吸収しちゃいましょう。
まさにこの夜はシチリアン・ナイト♪


そして7/15のメニューがある程度決まりました。食材の関係で変更もあるかも知れませんので、ご参考までに。。。

ガスパッチョ(冷たいスープ)

antipasto(アンティパスト)
 鯖と夏野菜のサラダ
 カポナータ 夏野菜のトマト煮(シチリアの名物料理)
 子羊のスペアリブ
 イタリア風トリッパ

Primo piatto1皿目の料理 プリモ・ピアット
 パスタ ナスのトマトソース
 カジキマグロのインボルティーニ

Secondo piatto2皿目の料理 セコンド・ピアット
 牛肉のロティ(味付けは検討中)

Dolce(デザート ドルチェ)
 リコッタチーズとフルーツのスペシャルドルチェ。

店長からレモンチェロを1杯サービス!!

うーん、これは間違いなくお腹いっぱいになりますね。
お土産には、スクラティ ロッソが付く予定です。
楽しみにお越し下さい。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

店長の夜はまだまだ続く!!所沢ナイト!

2008年07月11日 20時27分
わいん酒場メルロを後にして、
サーティースリーマンハッタン.jpg
店長の所沢での行き付け「BARサーティー・スリー」へ久しぶりに行って来ました。

メルロさんでかなりご機嫌になってしまったので、席に着くなり「今日は早めに帰ります」と弱気な発言を。

サーティースリー小林さん.jpg
小林さんは、腕の立つバーテンダーで、いつもへべれけになっている、僕をカウンターで寝かせたことはありません。
カクテルが美味しいのです。
又、モルトウイスキーや、変わったブランデーもあり、ワイン以外の感を鈍らせない為にも時折通うようにしています。

この日も1杯飲み終わった後眠そうな僕に「タクシー呼びますか?」と気遣ってくれました。でもせっかくきたので1杯で帰るわけには行きません。その後もう2杯いただき、帰路につきました。
危うくタクシーで熟睡しそうに。
うーん飲みすぎには注意しないといけませんね。

サーティースリー看板.jpg

「BAR Thirty Three」
埼玉県所沢市御幸町2−9
042−922−6332
盃横丁という少々怪しげな飲み屋さん街の一角にあります。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)