2009ボージョレヌーボ・ワインパーティー〜チェロとバリトンの深い響きを♪〜

2009年11月12日 16時33分
旬の新酒「ボージョレ・ヌーボ」と「音楽」で楽しむ北田屋恒例のイベントが今年も11/22(日)に開催されます。
翌日は勤労感謝の日で祭日です!是非お気軽に御参加下さい(^^)/

第22回 KITADAYA 〜できたてワイン祭り!〜
2009ヌーボパーティー.pdf
秋の音楽祭

ボージョレ・ヌーボ
ワインパーティー

2009ヌーボパーティー.jpg
◆日時:11月22日(日) 開場17:30
 音楽会:18:00〜18:50
 パーティー:19:00〜20:30
◆場所:北田屋本店 店舗2階KITADAYAホール
◆会費:6,000円(ワイン、食事代込み)
◆定員:60名 先着順

(お酒を召し上がれない方でも大丈夫です)

Program

本格的な演奏&歌声をカジュアルに
『チェロとバリトンの夕べ』18:00〜18:50

第1部

●チェロ<有泉 芳史> ピアノ<小平 泰子>

有泉芳史:ドイツ(ケルン)に渡り、ペーター・ヴォルフ氏の下で研鑽を積む。2000年 フランスU.F.A.M国際コンクール、チェロ部門にて満場一致の2位入賞と賛辞を獲得。日本、フランス、東南アジア等でチェリストとして活動中。

小平泰子:武蔵野音楽大学卒業。1994年和歌山音楽コンクール大学生部門2位。95年全日本音楽ソリストコンテスト入選。スロヴァキア・ドルナ・クルパ・マスタープレイヤーズ国際コンクール第3位。

曲目

 ◆白鳥         サンサーンス
 ◆リベル タンゴ    ピアソラ    その他

第2部

●バリトン<亀井 陽二> ピアノ<亀井美奈子>

亀井 陽二:東京藝大&ベルリン芸大声楽科を卒業後、独ロストック歌劇場専属歌手となり数多くのオペラに出演した。帰国後はドイツ・リートによるリサイタルを数多く開催する等、幅広く活動中。二期会会員。

曲目

 ◆死んだ男の残したものは   武満 徹
 ◆モンマルトルのすみれ    カールマン その他

●チェロとバリトンの深い響きをお楽しみ下さい!

Party!!

50年に一度の当たり年ヌーボを楽しもう!
『ヌーボパーティー』19:00〜20:30

KITADAYAスタッフが皆様をおもてなし致します。

★北田屋のオリジナルヌーボと南仏ヌーボで楽しもう♪

シャテルスや、ペール・ギュイヨのボージョレ・ヌーボ。
ラ・グラーヴやオスピタレの南仏ヌーボがたっぷりお飲みいただけます。
各生産者とも、過去最高の出来栄え!と呼ばれる至高のヌーボをお楽しみ下さい!!今年は辛口ヌーボの他に、業界で初となる甘口の赤ヌーボもお楽しみいただけます。

★美味しい料理は「リストランテ・レジーナ」のシェフが、出張でご用意いたします。

〜只今メニュー思案中〜
毎年大人気!お腹いっぱいになります♪

★恒例のじゃんけん大会!

社長からの美味しいプレゼント!
実は、これが一番盛り上がったりします(^^)さー、今年の景品は何かな〜???

P.S.過去20年以上に渡り、北田屋ボージョレ・ヌーボ音楽界を当店社長と共に盛り上げて下さりました武蔵野音楽大学「岡田徹郎」先生が今年の初めにお亡くなりになりました。
昨年は入院中だった為コンサートに出ることが出来ず、今年こそは北田屋コンサートにご出演頂きたかったのですが、誠に残念でなりません。岡田先生は、最後奥様に抱かれるようにして眠るように息を引き取られたそうです。岡田先生のご冥福をお祈りいたします。

本年より、岡田先生とご親交の深い亀井先生に昨年に引き続き、音楽会を盛り上げて頂く事となりました。


今年のヌーボ音楽会はジーンと心に沁みる会となりそうです。

ヌーボの味わいも心に沁みますよ〜(^^)

気軽な会でございますので、是非お気軽に御参加下さいませm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

Italy&Japanese2009ヌーボ入荷!!

2009年11月11日 10時08分
Italy&Japanese2009ヌーボ入荷!!
2009イタリアヌーボ.jpg
ボージョレ・ヌーボに先駆けて、イタリアと日本のヌーボが入荷してきました。
日本のヌーボ「奥野田・このゆびとまれ(m)」は以前ご紹介させていただいた、山梨の甘口白ヌーボ。

今回入荷しましたのは、イタリア・マルケ州のモンテプルチアーノ種から作られる、「ガロフォリ社 ティーニ・マルケ・ロッソ2009ノッヴェロ」赤ワインのヌーボです!!
まだ今年は飲めていませんが、毎年コクがあってしっかりした味わい!渋みは少なく、凝縮感があります。
今年のイタリアヌーボも大変楽しみです!!
毎年12本しか入荷がないので、ファンの方はお早めに宜しくお願い致しますm(__)m

又お得なボージョレ・ヌーボの予約は11/13迄です!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

解禁まで後11日!ボージョレ・ヌーボ!!

2009年11月08日 19時59分
パスカルシャテルス.jpg
解禁まで後11日♪
いよいよ、ボージョレ・ヌーボ到着間近です!!
ドメーヌ・シャテルスのパスカルさんに、店長ブレンドの出来具合を聞いた時の写真です!!
パスカルさん曰く、「今年のヌーボは力強い年だけど、それをまろやかに仕上げて、アロマティックなヌーボになっていますね。特に、イチゴやフランボワーズの赤い果実の香りが良く出ています。力強いけど、柔らかさのある良いブレンドだね!

思った通りのブレンドが出来ました!!ただ濃いだけではなく、エレガントさを与えたい!ガメイ種だけど、イチゴの香りがたっぷりするガメイ種は時に、ブルゴーニュのピノノワールと間違うほどの素晴らしいワインに仕上がります!
毎年、店長ブレンドはそんな味わいを目指していますが、現地テイスティングではまさにそんなイチゴのふくよかな味でした!!(甘口ではありませんm(__)m)
さて、今年の115Specialヌーボは瓶詰めされて、日本に到着する頃どんな味わいになっていますでしょうか?

今から、期待とドキドキ感が入り混じりますが、今年のヌーボは美味しい事は間違いありません!!
出来たら、2本以上お買い求め頂き、1本は早めにお飲み頂き、もう1本はしばらく寝かせて味の変化をお楽しみ頂きたい位の素晴らしいコクを持っています!!
クリスマスやお正月にはより美味しくなりそうです!!
店長は、地下室で数本は10年以上寝かせるつもりです。何年後かのヌーボパーティーでお披露目したいと思っています!!

今から、到着が本当に楽しみ!!
毎年、美味しかったからもう1本!!とお声を頂き大変嬉しい限りですが、是非、お得なヌーボーのご予約特価が出ていますうちにご注文くださいませ。

既にご注文の方も、追加可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さいm(__)m

今年のシャテルスは、店長絶対の自信作です!!
ボージョレ ヌーボ ドメーヌ シャテルス 115Speciale Cuvee(m)

ボージョレ ヌーボ ドメーヌ シャテルス 115Speciale Cuvee【6本セット】(m)

11/13迄ご予約特価です!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

刺身と牛の赤ワイン煮!色々なワインと試してみました。

2009年11月07日 10時07分
刺身と牛の赤ワイン煮.jpg
先日の夕飯はお刺身と牛の赤ワイン煮、チンジャオロースという色々メニュー。お刺身を予想していなかったので、全て赤ワインという設定でした。でも多分いけるかも!?と思いそのままトライしました(^^)

最初のワインは今年は最高のヌーボが仕上がったと大喜びの生産者が作る、リーズナブルなワイン「ラグラーヴ・エクスプレッション ミネルボワ 赤(m)」
ふくよかな旨みと優しさを持ったこのワインが、マグロの刺身と大変良く合い★★★★
甘エビもなかなか良い感じでした。

ダニエル ベッシエール ミネルボワ(m)
はラ・グラーヴと同じミネルボワのワインですが、品種構成が違うのか、こちらは魚よりも牛肉に良く合いました。牛の赤ワイン煮とも、チンジャオロースとも見事★★★★実際合わせて見ないとなかなか分らない物ですね(^^)

そして、イタリアのスピリットを受け継ぐ、カリフォルニアワイン。レンウッド バルベラ シエラ フットヒルズ(m)は、マグロと★★★★、チンジャオロースと★★★★★!とうとう五つが出ました。

チリの只今人気蔵元!テラ・マター アルタム カベルネ・ソーヴィニヨン(m)は、牛の赤ワイン煮と★★★★☆この日の赤ワイン煮とは一番のハイスコアーでした。
そして、驚いたことにマグロもばっちり(^^)カベルネなのにビックリです!

そして、大御所頒布会Cコースのジオリス カベルネ・フラン(m)は、ワインが大変美味しくなっていて、ただただ、美味しかった(^^)という印象!!
食事は、完全に脇役に回り、ワインを引き立てる存在に!!
ある意味★★★★★!!ワインを美味しくするおつまみでした。

白身魚はあまり印象に残りませんでしたが、野菜と赤ワインも良く合いますね〜。


只今のヌーボの予約状況ですが、お陰さまで、大分埋まって参りました、一部予約終了商品も!!
お得なご予約は11/13迄です!!
お悩みの方はお早目のご注文宜しくお願い申し上げますm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

餃子と焼き鳥!焼き鳥にはクレマン・ド・ブルゴーニュ・ペール・ギヨ!

2009年11月05日 22時18分
焼き鳥と餃子.jpg
ここ最近やはりブログ記事が溜まってまいりました。
餃子と焼き鳥にクレマン(m)とルイ・ジュリアン(m)を合わせた1コマ。
この日は皆が忙しく、近所のスーパーのデリ!だったと思います。
早速マリアージュです!!

クレマン・ド・ブルゴーニュ ペール・ギヨ(ギュイヨ)(m)は、ボージョレの銘壌モルゴン村でワイン作りを行うスペシャリスト、今年は至上最高と呼ばれるヌーボがこれからやって来ますが、銘壌村でワインを造り続けているにも関わらず、お兄さんと共にブルゴーニュでクレマンを作ったり、南仏で美味しい(m)や(m)を作ったりと、アグレッシブにワイン作りを行っています。

そんなギヨさんの作るクレマン・ド・ブルゴーニュ(m)はシャンパンと同じく瓶内二次発酵を施し、香りよく、味わい深く、スッキリ辛いお勧めの1本!時折飲みますが、シャンパンと間違える程の素晴らしい味わいです。
そんな美味しいクレマンと焼き鳥の相性は見事★★★★★!!!爽やかな辛さが抜群に良く合っていました!!
餃子とも★★★★と好スタートでした!!

そして、この日はグビグビワインを飲みたい気分だったのでしょう!!
ルイ・ジュリアン1L(m)自然派!酸化防止剤不使用、400年間無農薬の畑から作られる、超自然派ワイン!ワインは地元で使用されるリターナブル瓶を用い、キャップは醤油栓のようなフタで軽く止められているだけです。
南仏のワインで、赤い果実がたっぷり!ちょっとボージョレ・ヌーボにも似た味わいがあります。
この日の焼き鳥だとネギマに★★★★☆ネギが入った方が肉のみより良く合ったようです。
餃子とは★★★★
そして、副菜の社長がゴルフ場で取って来た天然茸とナスの炒め物に激しいくらいのマリアージュ!★★★★★でした!!まさに自然の贈り物同士がピッタリはまった瞬間。ナチュラリー・マリアージュでした。

この日は確かかなり酔っぱらったような気がします。自然派ワインは飲んでも頭が痛くならないのが嬉しい所ですが、グビグビっと飲んでしまうので、二日目も酔っぱらっている事がしばしあります。
気をつけねば。。。。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

今日はヘトヘトですm(__)mダイレクトメールが完成しました。

DM作成完了.jpg
昨夜21時前に就寝して、4時間後深夜1時に起床!ブログとチラシ作りを致しました。その成果が、本日完成!!

明日には発送出来そうです。お客様への到着は、1-3日後となる見込みです。

ボージョレ・ヌーボのお得な予約価格は、11/13(金)迄です!!

2009年は世紀の当たり年!40年に一度とも50年に一度とも言われる最高の年です!!

現地テイスティング情報などが載っておりますので、是非ご覧下さいませ。

又、DMご希望の方は、店頭、メール等でお申し込みくださいm(__)m

明日はマリアージュネタをお届けしたいと思います(^^♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

先日ハーブ料理とワイン会が行われました。

2009年11月02日 10時15分
明日、11/3火曜日は「文化の日」
KITADAYAは営業いたします!!
PM6時頃までです!!


明日は、入間の航空ショーですね!!店長はチラシ作りです!!

さて、本日のブログ記事です(^^♪

先日当店のワインとオリジナルハーブを使用して、小手指のレストラン「レジーナ」さんにてワイン会が行われました。

レジーナさんのプロの料理で、北田屋ブレンドの美味しいハーブが、料理のアクセントとして使用されたのは本当に嬉しい事です。
ハーブ屋さん.jpg
そのハーブを作ってくれているのが、シーズニング・ラボの嶋田シスターズ!写真の立っているお二人。
KITADAYAオリジナルのハーブ・ソルトフレンチアメリカンメキシコ風115ホット・スパイス(m)等を作ってくれています。

この日の料理メニューは
フレンチハーブと豆、野菜のミネストローネ&長谷川作品「自家製生ハムのパニーニ」
●真鯛のカルパッチョ、フレンチハーブ風味
●サーモンの天然香草マリネ
●ハーブ野菜のサラダ115ハーブ・ソルトを添えて

主菜
●白身魚のプロバンス風ソテー トマトとレモンのソース
●下仁田葱のリゾット、マグレ鴨添え レジーナスパイスMIX(マニゲット入り)
●鹿とフォアグラのパイ包み 115アメリカン・スパイス・MIX
ランプ肉の2時間ロースト 3種のスパイスを添えて
(レジーナ、デュカ、115フレンチ)
●薄味ペペロンチーノ 115イタリアン・ハーブ2種(製作中)のテイスティング
デュカ・スパイス&パン&オリーブオイル

この日のワインメニューは
Welcome Sparkling
●カバ・アルテラティーノ ブリュットorロゼ
キュベ・デ・メリー ブリュット
クロ・ド・ラ・ロズレー アントル・ドゥーメール
●テラ・マター アルタム・シャルドネ
テラ・マター アルタム・カベルネ
トル・ブレック ウッド・カッターズ・シラーズ(バロッサ・ヴァレー)

ハーブ会.jpg
終わった後は無礼講!
店長は、ユキちゃんが持っている、昨年のペール・ギュイヨのボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボを持って参戦。

おねーたまの別名で115ワイン会では有名な、店長の親友のお姉さんが右手に持っているのがなんとあのシンクアノンのタランテッラ!(店長行商にて販売!)
あの神の雫第七の使徒の作り手です!
パーカー95点のフルパワー白ワインですが、そのまま飲むとその迫力が今一出ない物の、デキャンタージュして30分後、素晴らしい味わいが開花しました。
左手に持っているA井さんご提供のリュシアン・ルモワーヌのクロ・サンドニと共に今日一の素晴らしい味わいでした。A井様いつもご馳走様ですm(__)m

ギュイヨのヴィラージュヌーボもガメイとは思えないね!と絶賛頂きました!!

この日、お店が忙しく、店長も、ユキちゃんも出席できなかったのですが、お客様が取り仕切って下さいました。

会を取り仕切ったのはピザ工房Hの異名を持つ長谷川さん。
今回の会は大成功でした!との事。ホッと一息です。残念ながらこの日の写真には載っていませんが、生ハム工房Hの名を付けたい位の美味しい手作り生ハムをご提供してくれました。
ちなみに、ピザも生ハムも全て趣味で作ってくれていますm(__)m

個人的にも参加したかった今回のワイン会ですが、お客様の笑顔を見て、本当に良い会だったんだな〜と思い、改めて参加できなかったことが残念でなりませんでした。

次回、KITADAYA主催のワイン会は11/22(日)のボージョレ・ヌーボ・コンサートとなりそうです。
料理はレジーナさん。もしかしたらハーブ屋さんも参戦(^^?
音楽は、今年より亀井先生に取り仕切って頂く事となっております。

是非楽しい、ヌーボコンサートもお越し下さいませ(^O^)/
時間、会費は決まり次第、ブログ、DM等でご紹介させて頂きますm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

テラ・マター再入荷!シャテルス動画に字幕が入りました。

2009年10月30日 20時53分
テラマター再入荷!.jpg
9月に来日して、人気を博したテラ・マターのパワフルワインが、再入荷してきました!!
大変美味しいので、是非又お楽しみ下さい。

テラ・マターやオススメチリが乗っているコーナーはこちら!

前回、来れなかったり、買えなかったお客様!是非この機会に店頭にもお越し下さいませ。

ボージョレ・ヌーボ好評ご予約受付中!お買い得特価は13日までです!!

シャテルス調合
シャテルスの動画をyutubeにアップして、字幕を付けてみました。

シャテルス・コメント
こちらは、コメントの部分です。
機械の音が入って聞こえなかった部分も、これですっきり!!

最近、動画の画像を入れるとページが重い!と言われておりましたので、リンクだけ張りました。
音が出ますので、会社などではご注意を(^^♪

今日は、プチワイン会があるので、この辺で。。。

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

頒布会のワインとハンバーグ!!

2009年10月26日 22時14分
頒布会のワインとハンバーグ.jpg
いよいよ、10月の頒布会が始まりました。早速マリアージュ実験です。

今日のハンバーグはビーフ100%だけど野菜たっぷり!玉葱、人参、キャベツが入っていました。勿論下味にはKITADAYAオリジナルのアメリカン・スパイス(m)を少々!風味はまさにプロの香り!
ソースは、ケンショーの中濃ソース(m)とトマトケチャップ(m)、そこに肉汁を加えたそうです。まろやかで美味しいソースに仕上がっていました。

合わせたワインは、今月の頒布会Bコース」と「Cコース」。それに只今店頭セール中ワイン!スペインのボデガス・ブラ・シラーズ&モナストレル2003年。
このボデガス・ブラは安いわりにコクがあってパワーもしっかり!熟成感までもが楽しめるお買い得商品。
ハンバーグとも無難に★★★★★

今月のBコース赤は(m)レンウッド・バルベラ!久しぶりの人気カリフォルニアが復活!!華やかな香りと樽から来る落ち着いたヴァニラ香。明るい果実味が赤身の牛と程よくマッチ!★★★★☆本当にこのワイン、魚からお肉まで幅広く合うので、大変良いですね〜!カリフォルニア版イタリアワイン略して「カリタリア」!
まさにカリタリアのお手本的ワインです!

そして、〆はジオリスのカベルネ・フラン(m)!Cコースのワインです!
ジオリスといえば、あのトムクルーズやジャックニコルソンも買い付けに来るという、C.A.カーメル・ヴァレーの隠れた銘壌ワイン。山の上に畑があり、まさに葡萄がひっそりと植わっています。
今まで、ジオリスのメルロー(m)が大ヒットですが、今回はそこのカベルネ・フランが登場!なおかつ、葡萄の苗木はあの、1本数万円はするボルドー銘壌CHオーゾンヌの株分け!現地でもなかなかお目に掛かれない大変希少なワインです。

力強い味わいと、華やかな香り。時間と共にどんどん美味しくなっていきます。コクもあり果実味も充分!ですが、ラベルを見ないで飲んだら、多分フランスの銘壌ワインと間違えてしまう事でしょう!
ハンバーグとの相性は見事★★★★★
野菜もお肉も大変良く合っていました(^^♪
スペインのスパイシーな相性とは違う、上品なマリアージュでした。

只今、ワインとチーズの頒布会募集中です!今月末迄ですよー!
是非、お待ちいたしております。

明日火曜日は定休日に付きお休みを頂きますm(__)m
でも、多分、仕事が山積みで〜す(ToT)/~~~
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

【動画】ヌーボ完結偏!オスピタレの2009年の出来やいかに!!史上初の甘口赤ヌーボ!!

2009年10月25日 23時16分
ペール・ギヨ、シャテルス、ラ・グラーヴと動画を配信してきましたが、最後にオスピタレ動画をお送りします!
今年は、なんと言っても業界初の甘口ヌーボが楽しみです!!

オスピタレ1


オスピタレ1・携帯用

なんと、甘口のヌーボです!本当にあまーい!!ジュースのようでうす。こんなヌーボは見た事ありません!!
お酒の弱い方や、昼間から氷を入れてグラスを傾けるのにも最適です!!アルコールは6%!

多分業界初となる、『甘口赤ヌーボ』を是非一度お試し下さい。

オスピタレ2


オスピタレ2・携帯用
今年のオスピタレの赤(辛口)はミディアムなボディーと、ジューシーなフルボディーの果実がたっぷり詰まっています。
本当にたっぷり楽しめる素晴らしい味わいです。

白は、例年通りの華やかな香りと、パッションフルーツがたっぷり詰まった果実味豊かな味わい。後口にピリッとした辛さがやって来ます。

今年のオスピタレも目が放せません(^^♪

2009beaujolaisnouveau.gif
只今、ボージョレ・ヌーボご予約好評受付中!!
ご注文心よりお待ち申し上げておりますm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

神の雫第七の使徒!シネクアノン!こんなワインがありました(^^;

2009年10月24日 20時25分
今週発売のモーニングにて、とうとう神の雫「第七の使徒」が発表されましたね(^^♪

カリフォルニアのシネクアノン「ザ・イノーギュラル・イレブン・コンフェッションズ・シラーズ」!

過去に何度かシネクアノンのワインは飲んだ事がありますが、凝縮したエキスとほとばしる芳香が脳裏に蘇ってきます。

当店にもシネクアノンが2本だけ存在していました。
シネクアノン.jpg
1本はルーサンヌ、ヴィオニエ、シャルドネのブレンドとなる、タランテッラ(m)!1999年。
パーカーポイント95点!!
「クランクルの1999年タランテッラは彼がこれまで造った中でも最も素晴らしい白ワインのひとつである。内在する酸はずば抜けて見事で、グラスから轟く、柑橘、蜜のかかった芳香(花、マンゴー、タンジェリンなどのアロマが強く出ている)は恐るべきもの。フルボディーできらめく見事なバランス。」


もう1本はピノノワール!
No.6 e+m kranki 2001オレゴン・ピノノワール(m)!
シネクアノンはシンクアノンとも呼ばれています。
最高級のカリフォルニアワイン、グレース・ファミリーをも脅かす存在ですね。
ラベルは毎年変わります。キュベによっても変わります。
まさに、アートを楽しんでいるワインです。

同じワインを二度と造らないといわれる天才醸造家マンフレッド・クランクルが生み出す究極のアメリカン・カルトワイン』

数が大変少ないので、気になる方はKITADAYA店頭奥のセラーへお越し下さいm(__)m

各23,800円です!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

頒布会募集中です!!

2009年10月23日 21時31分
2009.10頒布会.jpg
ボージョレ・ヌーボの募集と共に、頒布会の募集も行っております!!

毎月おいしいワインがお買い得で手に入り、楽しい説明書も付きます!!

お得で楽しい、ワインのプチ講座!といった感じです!!

店頭、メール、お電話、何でもご注文お待ちいたしております。

チラシをお持ちでないお客様は、ホームページからもご注文頂けます。

※店頭でのお申し込み受付は10月から3月までの6ヶ月間ですが、ホームページは切り替え前に作成した為、5ヶ月間となります。
※お申し込み受付は今月の末迄です。

おいしいワインブログには頒布会のワインが多く登場いたします。ブログを見ながら、ワインの情報も手に入りますので、大変楽しいと思いますよー!(^O^)/

ご興味ございます方は是非スタッフまでお問い合わせ下さいませm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

【動画】ラ・グラーブの2009年は完璧でした!

2009年10月22日 21時39分


携帯用動画ラグラーブ1
2009年の出来をテイスティング!
白は香りよく、爽やか!そして、コクと旨味が物凄いです!とっても美味しい!全く非の打ち所がないまさにパーフェクトな出来栄え!!

赤はフルーツの香り高くエレガント!口当たりが丸く、スーッと入っていきます!旨味がたっぷりです!まるでブルゴーニュのような上品さを併せ持っています。
毎日飲みたい味わい!!



携帯用動画ラグラーブ2
オルスケットさんのコメント!
白は2009年もソーヴィニヨンとシャルドネで作りました。
ワインは凄くキレイな出来です。グレープフルーツとかバナナのような香り、大変爽やか!一口飲んでみると濃縮間がたっぷりです!満足の行く出来となりました。

赤はシラーとメルローで作りました!フルーツの香りがたっぷり!果実味もしっかりしていて、タンニンもあるけど丸い!
こちらも満足の行く味わいです!そしてとにかく余韻がとても長いです!
2009年はあの、2005年を超える年と言って良いでしょう!

エクセレント!とっても、とっても良い!

サンテ!!乾杯〜♪

もう少しで到着しまーす!!

Bon Degustation!


ラ グラーヴ ヌーボ 白 2009(m)
ラ グラーヴ ヌーボ 白<6本セット>(m)

ラ グラーヴ ヌーボ 赤 2009(m)
ラ グラーヴ ヌーボ 赤<6本セット>(m)

●早期ご予約が大変お得です!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

【動画】収穫を喜ぶ歌と踊り。inボージョレ シャテルス!

おまけ動画!



収穫を喜ぶ歌と踊り
携帯用動画

あまりにも良い収穫でしたので、買い付けメンバーとパスカル夫妻にご協力頂いて、収穫の歌と踊りをご披露しております。
音程が少し外れたのはお許し下さいm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

ルイィ・ブランと鯵フライ!そして日本の味!

2009年10月21日 23時03分
ルイイブランが旨い.jpg
フランスへ旅立つ前の夕飯記事を書けずにいました。
最後の晩餐!?はアジフライとしばらく味わえない、出汁たっぷりの鳥、茸入りうどん。
フランスやスペインを廻ってきましたが、一番恋しくなるのは出汁の味。カツオと煮干の出汁はさすがにヨーロッパの田舎へ行くと先ず味わえません。

ちなみに、フランスで出汁の味に飢えた時は、スープ・ド・ポワソン(魚がたっぷり入った出汁の塊のようなスープ)を頼む事にしています。
今回スペインでは、パエリア、ガスパッチョ等があったので、一先ず出汁の味には飢える事がありませんでした。

前置きが長くなりましたが、この日の食事は忙しさのあまりメモを取り忘れてしまい、この日最高のマリアージュだけが思い出されます。

北フランス、ロワールの「ルイィ ブラン D.ヴァレリー・ルノダ」(m)こちらが、爽やかでコク旨味に富、濃厚な出汁が出た優しい味わいのスープと絶妙な相性で★★★★★!!!

確か、アジフライにも大変良かったと思いました。
ケンショーの濃厚ソース(m)やハーブソルト(m)どちらもピッタリ!!

ニュージーのロシアンジャック ソーヴィニヨン・ブラン(m)もなかなか良かったです!!

今回は、無事に日本に帰る事が出来、ホッと一息の店長ですが、まだ社長に頼んでいる手打ち蕎麦にはありつけていません(>_<)
狭山翁さんで分けてもらったそば粉があるので、暇になったら宜しくお願いします〜!!

以上ヨーロッパの時よりも、日本に帰ってきて少し肉付きが良くなった店長でした(>_<)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(1) | TrackBack(0)

【動画】当店オリジナル・ボージョレー・ヌーボ「115Cuvee Special D.シャテルス」





シャテルス・ブレンドしたワインのテイスティング
携帯用動画

ドメーヌ・シャテルスにて、ボージョレ・ヌーボのアッサンブラージュ(ブレンド)を行って参りました。

今年は、良作年の為、パワーのあるボージョレ・ヌーボが出来上がっていました。蔵へ到着するなり、普段無愛想なシャテルスのパスカル氏は笑顔で迎えてくれたのですが、その意味が大変良く分りました。
さすがは世紀の当たり年と言われる2009年ヌーボ!
あまりにもパワーのあるワインが多く、ブレンドによっては長期熟成タイプに仕上がってしまうので、いかにまろやかにするか、いかにチャーミングに仕上げるかに全力を注ぎました。

完成したブレンドをパスカル氏と共にテイスティング!

今年のワインは明るい赤い果実がたっぷりで、イチゴやフランボワーズのアロマティックな香り、口当たりは甘さがあり、酸は弱め、アフターに程よい渋味を感じます。

高級ブルゴーニュワイン「シャンボール・ミュジニー」や「シャサーニュ・モンラッシェ赤」の良昨年のような華やかで口当たりの良い仕上がりとなりました。
一言で表すと「チャーミングな乙女!」

一緒に買い付けに行ったメンバーも「これ良いね〜」「毎日飲みたい味わいだね」と絶賛してもらいました。

到着後すぐから明るいたっぷりの果実が楽しめ、熟成させれば落ち着きを持った味わいに変化して、又さらに違った顔を見せ大変美味しくなると思われます。

最後に「9」の付く年1989、1999、2009はブルゴーニュは歴史的当たり年になると言われています。

世紀の2009年、最高のボージョレを調合した、115オリジナル・ボージョレ・ヌーボを是非お楽しみにお待ち下さい(^^)/

どなたにでもお楽しみ頂ける美味しい味わいで到着予定です!

ボージョレ ヌーボ ドメーヌ シャテルス 115Speciale CuveeNO.28(m)

ボージョレ ヌーボ ドメーヌ シャテルス 115Speciale CuveeNO.28 【6本セット】(m)

11/13迄ご予約特価です!!お早めにご注文下さいませm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

【動画】ペール・ギヨの廉価版!プティ・ボージョレ・ヌーボ2009試飲!

2009年10月20日 00時00分



ギヨその2
携帯用動画

今年、ペール・ギヨのローランさんに無理にお願いして作ってもらった廉価版のボージョレ・ヌーボ!プティ・ヌーボ(m)!!
果たしてどんな味わいになったのか!?

最高の安旨ボージョレ・ヌーボその味わいをとくとご覧下さい!

だんだん、自分が通販マン、ベガス味岡さんに見えて来ました^^;

ペールギヨプティヌーボラベル2.jpg
そんな、店長がお勧めする、極上産地モルゴンの葡萄100%で作られた廉価版プティ・ボージョレ・ヌーボ ペール・ギュィヨの気になる価格は。。。。

解禁日当日価格2,280円を

今なら1,980円!!

予約だけ1,980円です!!

絶対損はさせません。
美味しいですよー!!

スーパーやコンビニでヌーボを買って、酸っぱいとか、まずい!とか、思った事はありませんか???

やっぱり、ワインは専門店でお求め下さい!!

土壌の素晴らしさ、気候の良さ、実際に足で探した美味しいワインをリーズナブルなプライスでご提供させていただきます。

美味しくて、お買い得なボージョレ・ヌーボはペール・ギュイョで決まりです!!
2,000円を切るヌーボでここまでこだわったヌーボはございませんよー!!

ペール ギュイヨ 『プティ』ボージョレ ヌーボ 【ご予約特価】1,980円(m)

皆様のご注文お待ち申し上げておりますm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

【動画】2009偉大なボージョレヌーボ!ペール・ギヨ!

2009年10月18日 17時43分



ギヨその1
携帯用動画

2009.10.9ペール・ギヨに行って来ました。

まだ発酵中のボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボを試飲!
最高の出来に感激している動画です!!

ペール・ギヨ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボ2009(m)

ペール・ギヨ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボ2009 6本セット(m)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(2) | TrackBack(0)

ボージョレの料理!レストラン・モルゴンにて!

2009年10月17日 22時44分
2009ペールギヨにて.jpg
只今、現地の情報を踏まえ、ホームページのヌーボ情報を更新している店長です。只今、ペール・ギュイヨを更新中です!

ちょっとマリアージュブログが書けないので、美味しかったボージョレの料理をご紹介♪
2009シャロレ牛.jpg
この写真はシャロレ牛!噛み応えがあり、程よく柔らかい上質なお肉。フランス語で「アントレ・コート」と言う部位。ソースはエシャロットベース。

エスカルゴ.jpg
ブルゴーニュの定番と言えばこのエスカルゴ!!ニンニクとパセリ、ガーリックのバターソースにパンを付けて食べるのがメチャ旨い!!

ソーセージのボージョレ煮込み.jpg
こちらは、このレストラン「モルゴン」のこの時期限定名物料理!
ボージョレ・ヌーボの絞りかすで煮込んだソーセージ!!野性味溢れるお肉の香りと、フレッシュなワインの香りが絶妙!

勿論、一人分ではないですよー!!皆でシェアして頂きました(^^♪いつ来ても、この店の料理と素材は旨いです!!

2009シャテルス.jpg
只今、ホームページでは、シャテルスの情報がアップし終わりました!!
写真は一仕事終えて満面の笑みの店長と、2009年のボージョレの出来に自信満々のパスカル。そして、いつ来てもおキレイな奥様。
店長の手にはブレンドの証!ボージョレ・カラーが染み付きました♪

今年のヌーボは本当に凄い!!

ラ・グラーブとオスピタレは明日になりそうですm(__)m
只今、お腹もぺこぺこそして、時差ぼけで少々眠いです。。。
もうちょっと頑張ります♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

なんとか無事に帰って参りました。

2009年10月16日 19時47分
JJモルチェ看板.jpg
ようやく、昨夜20時ごろ家に無事到着いたしました。
あまりに充実した旅でフランスのボルドーに降り立ったのが遠い昔のように思えています。

これは、ボルドーの空港の写真。
10日前22時51分日本→パリ→ボルドーと乗り継いで空港に到着!
実は飛行機の遅れがあり、予定よりも長く18時間も掛かりました(>_<)

写真は分かりづらいですが、JJモルチェの看板。只今好評販売中のシャトー ド フサ(m)とシャトー ボワ ファブロウ(m)を発掘した会社。訪問はしませんでしたが、旅の第一歩に少々嬉しくなりました(^^♪この日は23時30分ホテルに到着(((^^;)

翌日、翌々日のボルドーは7件回ってきました。情報は又後日ブログにアップさせていただきます。

今回最も楽しみにしていたサンテステフのシャトー・ラ・ロゼ(m)は収穫の真っ最中で、収穫してくれる人のお料理の準備があり、お邪魔する事が不可能となり泣く泣く諦めました。
飛行機が予定通りならばきっと時間の都合が付いたのに。。。残念です(>_<)又次回の目標にしたいと思います。

ボルドーからラングドックは車で3-4時間。
ペノティエール(m)に到着後、深夜のテイスティングはさすがにこたえましたが、ラ・グラーヴとオスピタレヌーボ(m)の出来があまりに良かったので、ウキウキのまま南仏のモンペリエの駅へ。。。

TGV.jpg
フランスの新幹線「TGV」に乗って、ボージョレの近く「食の都リヨン」へ出発!!

実は乗る前に駅に到着したのは、2分前。
突然の夕立でどしゃ降りの中、皆で重いスーツケースを持って走りましたが、無情にも列車は出発。

あと1分足りませんでした。
もう一度チケットを買ってずぶ濡れのまま列車に乗りましたが、こんな経験も旅の良い思い出です(~_~;)

奇跡的に風邪も引かず、シャテルス(m)でのボージョレのブレンドも完了!
最高のボージョレ・ヌーボに出会える2009年となり、ホクホクで後半の旅となりました。

最後のタクシーに乗り、空港までの渋滞は、2年前に飛行機に乗り遅れた事件を思い出させましたが、1時間30分前に無事空港へ到着!

帰りの飛行機は予定よりも早く日本に到着して。。
昨夜は、和食とモルゴン・グラン・クラ(m)で無事を祝って乾杯する事が出来ました。
モルゴンとマグロ.jpg
ペール・ギヨのモルゴン・グラン・クラは和食と大変良く合いました。でも、早く今年のギヨのヌーボ(m)が飲みたいな〜!と心の中で思っている店長でした。
ヨーロッパでは、なかなか食べれない美味しいマグロの刺身と、鳥団子鍋で、ホッと一息付けた店長でしたが、夜は眠気を抑えて、ビデオの編集をしてしまいました。只今店内上映中!!

まだ、時差ぼけ中ですが、11月19日(木)のボージョレ・ヌーボ解禁に向け、まだまだ眠れない日々が続きそうです。

ワインシーズン到来!!頑張りまーす!!

KITADAYAヌーボーページはこちらから♪
モバイル版はコチラ
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)