北田屋オリジナル・ボージョレ・ヌーボ2011完成!

2011年10月26日 13時15分
2011年10月12日 フランス、ブルゴーニュ地方、ボージョレのもっとも南サンローランドワン村「ドメーヌ・シャテルス」にヌーボのブレンド(m)をしに今年も行ってきました。
2011パスカル・シャテルスと店長.jpg
2011年は春が物凄く暑く、7月後半は雨が降った、その後持ち直し、2000年代のTOPクラスの出来となった!
「2009年、2007年、2011年がシャテルスの誇る3大ヴィンテージ!素晴らしい葡萄が出来たよ!」
「今年も畑仕事を真面目にこなした成果がでた」と、当主パスカル・シャテルスは熱く語ってくれました。

種まで完熟2011年の葡萄.jpg
その言葉どおり、摘み残しの葡萄でしたが、種まで完熟。種が黒くなっているのが、その証です!!

8/30には収穫が始まり、9/15迄には収穫が完了。これはいつもより早く、2010年に比べると3週間も早かったそうです!まさに異例な出来の2011年と言えます。

「今年は、果実味が強くて、余韻が長い!そして柔らかく、構成も複雑、口いっぱいにフルーツが広がる年である!」とパスカル氏。

今年の間違いのないワインの出来をキレイに手入れされた畑で強く感じました。

今年のブレンドへのはやる気持ちを抑え、先ずはランチ!
ボージョレ・ヌーボにハムチーズ.jpg
シャテルスのマダムがハムとチーズを準備してくれていました(^^)
パンを切りながらハムと野菜を挟んでお手軽ランチ!
フランスではパンがおにぎり、ハムがお新香のように当たり前に出てきます♪温かな日差しの中で最高のランチ!ボージョレとハムの相性は最高です!!

その後は寒いワインカーブへ。
2011シャテルス・ブレンド.jpg
以前にもフランスからの報告でご紹介しましたが、今年もズラリとボトルが並んでいます♪
今年は、全体的に濃い目でガッチリしたものも多かったので、飲み口良くバランスを整えるのは、至難の業でした。
でも、画像の通り、2人ともヌーボを味わいながらニヤニヤしております♪

口当たり良く、チャーミングな味が、北田屋のブレンド!
今年も出来ました!
2011ボージョレ・ヌーボ・シャテルス・ブレンド.jpg
明るい果実味で、チャーミング!これは旨い!
これが、第一印象!

そして、コクがあり、深みがある。すぐ飲んでも美味しいけど、2009年の時のように、長期熟成させてもとっても美味しいだろうな〜!!これが第二印象(^^♪

パスカルさんに店長ブレンドを味見をしてもらうと「葡萄の完熟した感じが大変良く出ていると思います!飲んでみると、味わいもすごく豊かで、なおかつバランスの良い、力強い印象もあります。ヌーボファンの皆様にも、又多くの方にご満足して頂ける味わいでしょう!」との事!

今年のヌーボは自信あり!!

2011年のボージョレ・ヌーボ "115スペシャル"(m)はコクがあって本当に美味しいですよー!!
6本セット(m)がお得です!!

ご予約も、大分入っております!!ボージョレ・ヌーボのご予約はこちらより!是非お早めにご予約下さいませm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。