所沢ワインショップ・115北田屋が市民新聞さんに掲載されました。

2009年11月15日 23時27分
解禁まで後3日!!
2009市民新聞.jpg
11/13市民新聞ところさわNO.362に北田屋が掲載されました!

『世紀のボージョレがきた』〜今年は11/19が解禁〜

今や秋の風物詩、世界中で人気のフランス・ブルゴーニュ地方産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボ」2009年11月19日(木)午前0時解禁される。
今年のワインは、ブドウ栽培に理想的な天候が続き醸造元は「世紀の当たり年。半世紀に1度あるかないかの仕上がり」「パワフル・ミディアム・フルーティー」どれも旨い、最高の年。

お酒の弱い方、女性にもオススメな甘口の南欧ヌーボに紹介します」と現地でオリジナルのボージョレ・ヌーボをブレンドし、買い付けに行った北田屋本店【東狭山ヶ丘】の直紀店長。


解禁当日は前日18日の深夜11時45分に店を開け、0時から試飲するイベントを行う。(お車運転の方はご試飲できませんm(__)m)

11月22日(日)午後5時30分から、同店舗2階で第22回「秋の音楽会&ボージョレ・ヌーボワインパーティー」ワイン・食事込みで会費6,000円、定員は先着順で60名。が開催される。

お問い合わせは、北田屋本店 04-2922-0426まで。

------------------------●

と、有り難い記事を書いていただきました。
ただし、その後にいくつかのお酒屋さんの名前が載っておりますが、こちらでは、北田屋オリジナル・ヌーボと甘口のヌーボは販売しておりません。悪しからずご了承下さいませm(__)m

又甘口のソレイユヌーボは、記事上「南欧ヌーボ」となっていて、決して間違いではございませんが、当店では「南仏ヌーボ」と呼ばさせて頂いております。
市内在住のご予約を頂いたお客様で、もし混乱してしまいましたら本当に申し訳なく思っております。

甘口の南仏ヌーボは「オスピタレ・ソレイユ・ヌーボ」の事です。

そして、オリジナルのボージョレ・ヌーボの正式な名前は「ボージョレ ヌーボ ドメーヌ シャテルス 115Speciale CuveeNO.28」です。

お見知りおきのほど、何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m

------------------------●

2009年のヌーボはあまりの出来の良さの為か、テレビやラジオ雑誌各誌に取上げられ、予約が物凄い事になりました。
当日、販売する分が何日もつか心配です(^^;

ご予約頂きました沢山のお客様。本当に本当に有難うございますm(__)m
11/19(木)の解禁日をお楽しみにして下さいませ(^O^)/

発送も頑張ります(^^♪

by店長
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| メディア・リリース | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33660352

この記事へのトラックバック