2008ボージョレ・ヌーボ販売開始!!サンテ!!

2008年11月20日 02時31分
ボジョレ深夜販売.jpg
いよいよ、ボージョレ・ヌーボ2008年の販売が始まりました♪

北田屋では11/20(木)深夜0:00よりヌーボの初売りを開催!!
試飲即売会を行いました。

沢山のお客様がワイワイと店内にご入場いただき、114の時報を聞きながら、「10,9,8・・・・・3,2カンパーイ!サンテ!」の掛け声と共に、シャテルスのボージョレ・ヌーボ115スペシャル・キュベで乾杯いたしました!!

実は時報を1秒間違えて3,2,1の1を言い逃してしまった事は数名のお客様に突っ込まれてしまいましたが。。。。
集合2.jpg
さて、無事に届いたシャテルスのボージョレ・ヌーボ。
気になるお味は
お客様の声です。
「あ、飲みやすーい♪」「美味しいね〜!」「旨味と香りが凄い良いですね!」
と、大絶賛を頂きました!!

赤の苦手なお客様も「私これなら飲めるわ♪」と言うと、旦那様がすかさず1本追加で買って頂きました。
その光景を見て、今年のヌーボは思い通りのブレンドが出来たな〜。と、感無量の店長でした!!
ボジョレをデキャンタ.jpg
そして、今年のギヨのボージョレ・ヌーボと、ヴィラージュ・ヌーボには、タグがついています。
デキャンタをするか、2時間前の抜栓をお願いします。と書かれています。
そのまま飲んでも店長的には美味しいと思うのですが、試しにカラフェでデキャンタをしてみました。
大半のお客様が、「デキャンタした方が、開いて美味しい♪」との好評価!
当店社長はデキャンタすると少し渋みが出るな〜と言っていましたが、味わいはやはりデキャンタした方が開いているようです。
お客様によっては「開くの意味が始めて分かりました♪」
と言う嬉しいお言葉も。

南仏ヌーボの「ラ・グラーヴ」「オスピタレ」も本当に美味しくて、北田屋スタッフが、私はラグラーヴ、僕はオスピタレと、喧々諤々!
個人的にはラ・グラーヴが好きですが、試飲即売ではオスピタレも良く売れていました。

ラ・グラーヴは複雑みのある旨味。
オスピタレは、華やかで爽やかな白と、大柄な味わいの赤!
と言った感じでしょうか。
集合3.jpg
うーん、何はともあれ美味しかったです♪


今年は、本当にどれもこれも、美味しくて困ってしまいます。


本日9時からは通常営業!
是非、2008年の素晴らしい出来栄えのヌーボを楽しみに、北田屋へお越し下さい。

しばらくの間は試飲即売を継続中です♪

現地で、飲んだ味と今回届いた味は全くと言って良いほど変わらず、とても美味しかったです!!

今年のワインは香りも良いので、特に赤ワインは、飲む時に大きなグラスで楽しむと、より一層美味しさが倍増する事でしょう!!

是非北田屋のボージョレ・ヌーボで、楽しい一時を!
サンテ!!(乾杯)

ヌーボ・パーティーもまだまだ募集受付中です!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23105594

この記事へのトラックバック