YOSHIKIワインと牛ステーキ&ロースト・ビーフ

2019年09月08日 11時59分
とある日の夕飯は、オーストラリアのグラスフェッド・ビーフとワインのマリアージュ実験をしてみました。
アメリカンビーフとワイン.jpg
NHKのあさイチで厚切りお肉の焼き方を見て以来、赤身肉を焼くのが楽しくなりました(^^♪
暑さ2cmなら2分、5cmなら5分。強火で焼いて、アルミホイルで包み、厚さ分休ませて仕上げにもう一度カリッと表面を軽く焼く方法。お肉が簡単にロゼ色に仕上がり、国産にはかないませんが、身も柔らかく仕上がり美味しいです。

出だしは、シャンパンをグビグビ頂きました!!アイ村のなかなか良いシャンパンでしたよー!!
そして、シャテルス 115ボージョレ・ヌーボ2016年物!!バックヴィンテージ♪まろやかでコクあり微かにタンニンあり。飲み口が良くスイスイ行けてお肉にもGOOD!!

グエリエリ サンジョヴェーゼ・コッリ・ペザレージは、頒布会赤のみコースに入ったお買い得、有機栽培イタリア赤ワイン♪こちらも牛にバッチリ!!★★★★★!!この日のお肉の部位はランプでした(^^♪

そして、地下で眠っていたヴィンテージなしのアルベール・ビショーのサンテミリオン。おおよそ1980年代と言う事は、一緒に寝ていたワインから推測。丸く熟成して、滑らかでシルキー。奥深さや複雑さはほどほどでしたが、大変良い状態でした\(^o^)/お肉にも文句なしの★★★★★!!

そして、Yoshikiワインカリフォルニア赤。これは、エレガントで上品。尖った所がなく、綺麗な仕上がりです。赤身のランプ肉にもバッチリ合って見事★★★★★!!
Yoshikiワインは香りが本当に良いですね!!家族に一番好評でした(^^♪

牛モモのロースト・ビーフもあったのですが、これもどのワインにもよく合う!!全て★★★★★でした\(^o^)/
この日は、大好きなお肉たっぷりで幸せでした(^^♪

グラス・フェッド ビーフは、黒毛和牛の香りと柔らかさにはかなわないけど、噛み応えと脂の少なさは好感を持てました(^^♪価格が安いのも魅力ですね!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。