ガイルさん突然の来日!!

2019年06月12日 23時53分
当店人のドイツワイン生産者「GEIL(ガイル)」のお父様お母様が突然お店にやって来ました!!
ガイル家ワイン.jpg
ガイルの作るワインのトップ2が
赤のフルーティーな甘口「ベヒトハイマー・ドルンフェルダー」とスッキリした爽やかな白のやや甘口「ベヒトハイマー カビネット」!!
本当に大人気で全国からご注文がやって来ます!!

ガイル来日2019.jpg
突然とは言っても、数か月前にインポーターの方から「来日したら行きますね〜」と確か言われていたような記憶が。。。
ちょうど雨の日で、暇暇だったので、みんな勢揃いで写真が撮れました(^^♪

ガイル来日2019_2.jpg
着くなり、お茶が欲しい!!お茶の淹れ方を教えてくれ!!
と、かなり熱心に聞かれました。そして、お茶の製造方法が知りたいと言うので、youtubeで検索して動画を見てもらいました。狭山茶が最北限の産地でドイツでいうとモーゼルやアールみたいな地域ですと言ったら大変納得していました。

お茶も1000円、2000円、3000円と順に飲んで頂き味の違いに納得!!
日々飲むのに1000円を数本とたまに飲むのに上のクラスも数本お求め頂きました。保管はどうするんだ?
冷凍庫が一番ベストですが、涼しい所で大丈夫ですよー!!と。

ガイル来日2019お茶レクチャー.jpg
しかし、この他にもガイル夫妻の質問は止まらず、北田屋の会長を呼んで対応するものの、更に更に深くまで入ってしまったので、生産農家へ急遽お邪魔。

ガイルとお茶農家.jpg
見て下さい!満面の笑みです!!農家に行くまでの間もお茶畑を見て大興奮!!何であそこには葉っぱがあって、こっちにはないんだ。とか、一体収穫はいつなんだとか、2回も収穫できるのは何でだ?肥料はなんなんだとか。。。
農家に付いた瞬間が上記の写真!!
畑を一度見に行きましたが、大雨の為室内に戻りました(^-^;

お茶レクチャ^−.jpg
畑のペーハーは?土壌は?害虫は?肥料は?収穫の仕方は?流石、ワイン農家さんらしい質問です。
そんな深い深い質問が続き、ここでも会長が登場!!
実は北田屋の会長と同級生です。ガイルさんたちもほぼ同い年!!70代半ばですが、みんな元気でした。

これだけ質問するっていうことは、お茶畑でもやりたいのかな〜?と思ってしまいましたが、お茶の樹は寒さに弱いので寒いドイツでは難しいだろうな〜。純粋にガイルさんは日本のグリーンティーが大好きで、いつも飲んでいるそのお茶がどうやって作られているかが知りたかったみたいです。

ガイル狭山茶&ワインレクチャー.jpg
最後にお茶の剪定方法をレクチャーされると、お返しに葡萄の剪定方法をレクチャー!!
流石、ガイルさんはドイツワインにしてはかなりの低収量でした。いっぱい葡萄の房をならさないのがポイントね!!っと奥様。

ちなみに、山梨にもいかれたそうですが、もっと収穫量を落とした方が更に良いワインが出来るわね!!と。
日本の農家さん頑張って下さ〜い!!でも、高くなっちゃうんですよねー。辛い所です。

最後は、いつでもドイツに遊びに来てねと言って帰っていきました!!!
嵐のような来訪で本当にびっくりな一日でした(^_-)-☆でも、ガイルさんのお蔭でお茶の勉強が沢山できました〜\(^o^)/

なんの世界も情熱は大切ですね!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。