ドイツ、ゲオルグ・フォルスター訪問記!(2017年10月)

2018年06月24日 23時30分
昨年の10月ドイツのナーエ地域にあるゲオルグ・フォルスターの醸造所に訪問しました!!
今月の頒布会に入ったので、ちょこっとご紹介(^^♪

ぶどう栽培農家として1938年に創立、1988年からは有機栽培の自社畑のぶどうでワイン造りを行っています。畑の特徴を活かしたぶどう栽培を行い、香り豊かなぶどうを産み出しています。彼らのワイン造りにおけるモットーは、自然を大切にし、じっくりと時間をかけることにあります。
フォルスター当主と550.jpg
3代に渡るワイン作り。父はゲオルグさん。現在は息子のヨハネスさんが中心となって行っております。
写真はトリックアートのようですが、長身で細身のヨハネスさん。
自然なブドウ作りにこだわっています。

今回のワインに使われているブドウ品種「ソラリス」は、病気や害虫などへの耐性を持たせるために交配された新しい品種の一つ。農薬や殺虫剤の使用を大幅に減らすことができ、近年オーガニックの生産者が注目している品種です。日照量に恵まれた南向きの斜面に位置する畑で、有機栽培で育てられます。ピュアでナチュラルな味わいをお楽しみください。
フォルスター・ソラリス・アウス.jpg
EDELSÜSS(エーデルズース)とは
ワインの甘味を表す言葉で、ブドウ本来の糖分がワインにたくさん残っている時にこの表現がよく使われます。この独特の甘味は、大抵が貴腐からくるものです。通常のアウスレーゼよりも格上の高貴な甘口です。
ちなみにアウスレーゼは選ぶという意味で、完熟した房を選りすぐったもの。という意味があります。

フォルスター畑.jpg
醸造所の裏手の赤い粘板岩土壌のシュロッスベルク畑

今回の頒布会に入ったフォルスター・ソラリス・アウスレーゼ・エーデルズースの味わいは。。。
熟した白桃やライチのような豊かな果実味に溢れた、芳醇で濃厚な味わいの甘口ワイン。穏やかな酸とのバランスが良く、フルーティーで柔らかな口当たり。

アウスレーゼの一格上のエーデルズース。是非お楽しみ下さいませ〜(^_-)-☆

ゲオルグ・フォルスターのワインは、少量販売中です!!お見逃しなく〜!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。