南アフリカワイン買い付け旅日記!ボーモン編。

2016年09月03日 01時14分
只今、決算セール開催中!!
店頭でお買い上げの輸入ワインが10%OFF!!
(Cash only)是非この機会にお越し下さいませ〜(^^♪

ワイン買い付け旅日記!南アフリカ、ボーモン・ワイナリー!!
南アフリカ大自然.jpg
大自然を車で走り、南アフリカの最南端、喜望峰に近いウォーカーベイ地区の山の上にボーモン・ワイナリーがありました。

ボーモン・オーナー.jpg
オーナーのセバスチャンが心からの笑顔で出迎えてくれました(^_-)-☆

ボーモン・苗植え.jpg
ボーモン・ファミリーの歴史は1915年に、おばあさんが喜望峰にたどり着いた所から始まります。はるか昔、1700年代に地域最古のワインセラーや農場は、もともとオランダ東インド会社によって設立されました。しばらくワイン作りはされていませんでしたが、1974年よりお父さんのラウルズがワイン作りを始めました。
冷涼な風が吹く、小石だらけの水はけの良い畑に苗木を植え、ワインが作られています。

ボーモン・アワード.jpg
卓越した技術により、数々の賞を受賞!!

ボーモン・ホープ・マルガリータ樽.jpg
ボーモン シュナンブラン ホープマルガリータ(m)は、シュナンブラン種を新樽熟成。本場フランス、ロワールの最高級ワインにも勝る味わい。日経プラス1でも見事第1位に輝きました!!

ボーモン・ランチ.jpg
アウト・ドアで頂いたホープマルゲリートは最高でした!!

ボーモン・奥様と.jpg
そして、力強い赤もボーモン・ワインズの売りの一つです!!
ボーモン ムールヴェドル(m)
ボーモンは、実は、南アフリカで初めてムールヴェードルを植えたワイナリーです。
ムールヴェードルは、スペイン原産で、フランスでは古くからグルナッシュやシラーなどの品種とのブレンドに使用されていますが、このワインは、小さな区画で栽培されたムールヴェードル単一品種により造られます。選りすぐりの完熟ぶどうを、コンクリートタンクにてじっくりと低温発酵し、その後3週間ほど果皮や種とワインを接触させます。プレスされたワインは、フレンチオーク樽で18カ月間熟成。ブラックベリーやタイム、シナモンなどのスパイスの風味に、きめ細かなタンニンが溶け込んだ、果実の濃縮味とエレガントさをあわせ持ったワインに仕上がっています。

料理は牛肉のステーキに大変良く合います。

白も、赤も現在在庫が少ないですので、是非お早めに〜(^_-)-☆
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| おいしいワイン買い付け日記 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。