チリワインセミナー完了!!盛り上がりました\(^o^)/父の日にはアン・ユージュアル!!

2016年05月29日 12時11分
2016.5.28チリからテラ・マターのキャサリンさんが来日しました!!

最後に皆で記念撮影!!大変盛り上がった会でした\(^o^)/

そのコスパの高さに皆様驚愕!!


セミナーではキャサリンさんが熱弁!!
やはり、チリはその特別な地形のお陰で害虫からも守られ、ワインを作りやすい気候風土になっている事を改めて実感!!
そして、テラ・マターは、なんといってもシャトー・マルゴーやグリュオ・ラローズ等のTOPシャトーで学んだ、知識と技術で作られている事、そして、NEW WORLDではアメリカン・オークを使う所が多い中、フランス最高級の樽メーカー!フランソワ・フレール社の高品質な樽を使用している所が最高品質のワインを生み出している事が良く分かりました。


お客様も試飲を挟みながら、1時間、熱心に聞いていただけました。

チリの銘壌地「マイポ・ヴァレー」
チリの中でも最も注目される産地が「セントラルヴァレー」の中にある「マイポヴァレー」という産地。ここはフランスでいう「ボルドー」やカリフォルニアの「ナパヴァレー」に等しい。テラマターはそのマイポヴァレーの中でも最も銘醸地区といわれる「イスラ・デ・マイポ」という地区に自社畑とワイナリーを所有している。


セミナーの様子!!

お客様より「チリのワインは何でこんなにコスパが高いんですか?」とご質問。
キャサリンさん曰く「やはり、ワインに適した環境と世界の中でまだ知名度が低い事と人件費の安さです。でも、マイポヴァレーがナパヴァレーのようにもっと有名になったら価格が高騰しちゃうかも!?買うなら今がチャンスですよー(^^)」
と、キャサリンさん流石ラテン系!!ノリが良いです!!で、確かなお言葉!!


スタッフでワインを注ぐと、どれも、お客様からコスパ高くて美味しいね〜!!と大絶賛頂きました♪

もう一つ、驚く事と言えばチリの広大な土地を機械を使わず、手作業で収穫しているそうです。
テラ・マターはチリの中では中堅の大きさとは言え、フランスのシャトー等に比べるとかなりの大きさのワイナリーになります。又、1000haもの土地を管理してクリーンでエコな環境づくりも行い、母なる地球から健康で快適なワインを作ることに日々努力しているとの事。

うーん、思想が大きく、実行できている所が素晴らしいな〜(^^♪と思いました。


手伝っていたユキちゃんもお気に入りのワインをGET!!

テラ・マター アルタム、アンユージュアルは、本当に美味しい!!是非父の日などにもプレゼントしたいですね〜\(^o^)/ テラ・マター コーナーはこちら!!


キャサリンさん、最後に置き土産にサイン・ボトルも少々、書いて行ってくれました\(^o^)/是非GETしに来て下さいね〜!!

アン・ユージュアルは、こんなカッコイイ箱に詰められています。

テラ・マター アン・ユージュアル(m)とは。。。

蔵を訪れるバイヤーにあまりにも変わったブレンド!
普通じゃない!!
美味しすぎる!!と、言われたワイン!

マルゴーやグリュオラローズ等のボルドーTOPクラスと同じ醸造!!

最高の土地!最高級の樽、60年〜100年の古木も採用!!

わずか9年で、品評会で476本のワインの中でNo.1!

チリの伝統品種カルメネールとシラーのブレンド
まさに『普通じゃない!』驚きのパワーをお楽しみ下さい!


濃厚で、力強く、滑らかです!!セミナーではスモークチーズと皮付きのカシューナッツで合わせて貰いました。大好評でしたよ〜!!スモークしたお肉にも良く合いそうですね〜\(^o^)/
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。