泣けるほど旨いサグランティーノ。そしてチーズ(ルブロッション・フェルミエとエポワス)。

2008年04月01日 18時17分
このブログを初めて、まだあまりワインとチーズとの相性をやっていませんでした。
昨夜は、疲れきって仕事を放棄。そして鋭気を養うために、泣けるほど旨いアルクアータ サグランティーノ・ディ・モンテファルコを開けてみる事に。。。
ワインチーズ(ルブロッション・フェルミエandエポワス)とクラコット.jpg
そして、チーズを2種類用意。それも香りの強烈なウォッシュチーズを。
1つはブルゴーニュの代表格エポワス。そしてもう1つは南フランス・サヴォワのルブロッション・フェルミエ。
エポワスは、とろとろにとろけていて、芳しい香りをプンプンさせていました。まろやかな味わい。
ルブロッションはモッチリとした口当たりで、ほのかに苦味を感じるのが特徴。
チーズとろとろエポワス.jpg
サグランティーノの抜栓は、ジャス君が担当。初ラギオールのソムリエナイフの感覚に少々ビビリながら、若干コルクを破壊。でも、上手に抜けました。ラギオ−ルのソムリエナイフは1本づつ手作りなので、少々派先に癖があります。店長のナイフは若干瓶を斜めにすると開けやすいのです。

それは、さておき問題のサグランティーノ。こちらは、約1年前に飲んだきりでしたが、やはり旨い。「オ、オ、オーーーー」っと遠峰 一青ばりに唸ってしまう、奥深い味わいが健在。まだまだ若く、しかし優しくて、そして涙腺を刺激する癖になる味わいがありました。やっぱり、このワインは店長大好きです。
ジャス君もかなり美味しがってました。

さて、チーズとの相性ですが、ブルゴーニュにも似た旨みを持ったこのワイン。やはりエポワスに軍配!★★★★

しかし、この日5つ星の相性が!!
カリフォルニアのレッジウッド クリーク メルロー ナパ・ヴァレー
店頭で開店セール用に特別輸入したワインが味見で開いていたので、ちょっとだけ合わせてみると、ルブロッションとの相性が抜群でした。ワインもチーズもどちらも美味しくなってしまう!まさに絵に描いたような見事なマッチングでした。★★★★★

でも、ワインとチーズの相性は中々難しいですね。それぞれ合ったり合わなかったり。まだまだ店長も修行が必要です。(^_^.)

※レッジウッドのメルローは近日ホームページにアップ予定です。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13445105

この記事へのトラックバック