ボルドーワインの復讐!ローストビーフ対決!

2009年06月30日 14時43分
ローストビーフとボルドー.jpg
最近又お肉が続いている店長です。先日のカルビにはボルドーワインが惨敗したので、今日こそ赤身のお肉でリベンジ♪
果たして、対戦結果やいかに...!?

左から

クレマン・ド・ボルドー マルキ・ド・オー
●ちょっと蒸し暑かったので、泡物が飲みたくなり、店長お気に入りのコスパ最高!ボルドーのスパークリングをグビリ!
以前よりもコクが増してきて、本当に美味しくなってきました。
夏に泡物は欠かせませんね(^^♪

2006シャトー オー・ガラン メドック クリュ・ブルジョワ
●カルビのときは脂を飛ばしすぎてしまったメドックのオー・ガランですが、今回はGoodマリアージュ★★★★
やや、鉄っぽい風味が出る物の、大変良くあっていました。

2004コンテス・ド・ローサック A.C.コート・ド・カスティヨン
●カルビには残念ながら星3.5でしたが、今回は見事リベンジに成功!★★★★☆
樽の心地良い香りが、ローストビーフともバッチリです。
でも、若干渋さが勝ってしまったような気がしました。
でも、おいしかったですよー(^^♪

2000シャトー・オー・ヴェイラック
●カルビともなかなかの相性を示したオー・ヴェイラックですが、ローストビーフとも最高のマリアージュでした。★★★★★
ワインもお肉も消えず、スーッと染み込むようなマリアージュ。
オー・ヴェイラックと牛の相性は本当に素晴らしいです。美しささえ感じます。
やはり、サンテミリオンの特級ワインだけに素質が素晴らしいのですね〜。

★お隣の高級シャトー「ヴァランドロー」とは違い、毎日テイスティングルームを開けて、昔ながらの販売方法でフランス国内のお客さんにワインを販売しているそうです。
ワインも飲み頃にならないと蔵から出荷しないと言うこだわりよう。
代々受け継がれた美味しさがここにあります。
2001年のオー・ヴェイラックも父の日セールに続き只今サマーセール開催中!!3,980円→3,500円です(^^♪こちらも美味しいですよー(^^)

2006レイニャック キュベ・スペシャル
●さて人気レイニャックですが、ローストビーフとは如何に???
脂身の少ないロースト・ビーフだけに、やはりワインが強かったです。
そこで、たまたまあったブルーチーズの王様「ロックフォール」を上に乗せて見ました。
そしたら、未知なるローストビーフの味わいが広がりました。うーんマンダム。
ワインとの相性も★★★★★を獲得!!
結構濃厚で、食べ過ぎると鼻血が出そうですが、最後の2枚くらいならほど良くて良いかも知れません。
力強いレイニャックには、このくらいのコクが必要なのかもしれません。
勿論、ブルーチーズなしでも美味しいですよー(^^♪

2004ボーモン・ワインズ アリアンヌ
●前回のカルビ対決ではボルドーワインが負けてしまうくらいの高相性を示しましたが、今回のローストビーフ対決では★★★★に留まりました。
でも、4つ星を取る実力は大したものです。
カルビにも赤身にも無難にあわせられるワインだと思います。


付け添えの野菜はラタトゥーユ。夏に美味しい一品。ワインとも良く合います。

●ローストビーフは安くて簡単、豪華に見えて良いですね〜(^^♪

【料理番さゆちゃんレシピ】
★今回はオージービーフ400gのモモ肉を焼色を付けて、アルミホイルに包んで140度のオーブンで15分加熱。
その後氷水に入れて火が入りすぎるのを防ぎます。
冷蔵庫でしばらく休ませた後、後は切るだけの超簡単レシピです♪♪♪

タレはお好みで醤油やミリン、ワインやお酒で味を調え、玉葱やニンニク、生姜等を入れるだけ。

うーん、確かに簡単そうです。ボルドーワインとローストビーフ。
是非お試し下さ〜い(^O^)/
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(1)

濃厚なエスパーニャを堪能♪

2009年06月29日 21時29分
スペインが好きな幸宏です。なんとなくラテンの血が入っている様な。。だから眉毛が濃いってか?!

前から気になっていたリベラデル・デゥ・エロのワインを開けました♪インポーターさんのオススメで仕入れたので今回が初呑み。
カスティーリャ.jpg

グラスに注ぐと旨そうな香りが♪干しぶどう、ブラックチェリー、ダークチョコ。凝縮した味を連想させてくれます。
味わいもパワフル!ただ、新大陸系とはちょっと違うのがこのコローナ。舌を刺激する渋みがやや気になるところですが、渋くて濃いワインと言う表現ならピッタリ★ヘビーワイン好きなオクサマも「おおー凄い!( ̄ ̄∇ ̄ ̄)レストランで一万円て言われてもおかしくないね!」の声が。

蒸し暑さも忘れさせてくれるほどパワフルでエキゾチック!
フラメンコを豪快に踊るバイラオーラを思い出させます。

トマトソースのナスグラタン、豚肉味噌付け、ジャガイモと水菜のサラダ。どれもワインの芳醇な味に飲み込まれます。渋さも目立ちマリアージュ失敗だったか。。。渋い=デキャンタ!? しかしデキャンタがない(T_T;)
そこに救世主登場!ブルゴーニュグラス★
小さめのグラスから大きめのグラスに取り替えて飲んだ所、ビックリ!ざらついた渋さがなくなり、上品な旨味が際立ちました!
思わず「おおーっ!」と、声をあげてしまう二人。
これに豚肉をあわせてみると、けっこうイケル!グラタンはどうしてもナスが邪魔をしてしまいましたが、トマトソースとの相性が格段に上昇!
グラスでこんなに印象が変わるなんて、わかっていても体感すると改めて感動しました。

■コローナ ディ カスティーリャ プレステジオ 2005
上記ワインは所沢山口の「レストラン・アリババ」さんにてメニューにオンリスト!


インド料理アリババ
住所:埼玉県所沢市大字上山口104-4
最寄駅:西武球場前駅(0.93km)
電話:04-2939-2324
パスタも食べられます(^^♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

常陸牛カルビとボルドーVS南ア対決!!

2009年06月28日 22時51分
常陸牛カルビ.jpg
常陸牛カルビを社長がお中元で頂きました。立派な竹の皮に包まれた、サシがたっぷりのスペシャル牛肉です。
ボルドーのスペシャルワインと南アフリカワインで対決してみました。

左から
2006シャトー オー・ガラン メドック クリュ・ブルジョワ
●メドックのタンニンが邪魔をしたのか、カルビの脂が飛びすぎて、★★★☆

2004コンテス・ド・ローサック A.C.コート・ド・カスティヨン
●これもしっかりとしたタンニンを持ったワイン。同じく★★★☆

2000シャトー・オー・ヴェイラック
●しなやかなタンニンが功を奏し★★★★

2006レイニャック キュベ・スペシャル
●ややお肉が消えてしまいますが、★★★★

2004ボーモン・ワインズ アリアンヌ
●甘さを感じるたっぷりとした果実味が、牛の脂身と抜群でした。★★★★★!!!
脂をほど良く和らげ、僅かな赤身部分の旨味を引き出し、絡みつくようなマリアージュ!!

きっと、赤身肉ならばボルドーワインに軍配が上がったかと思いますが、このサシたっぷりのカルビには南アフリカのボーモン・アリアンヌが大変良かったようです。


今度は赤身肉対決もやってみまーす。次回の記事をお楽しみに(^^♪

めったに買えない極上品お肉を誠に有難うございましたm(__)m


ピザ工房Hさんでお馴染み、長谷川さんのワイン会が7月17日(金)レジーナさんで開催されます。
時間は18:45open19:00スタート。
会費は6,500円
定員は20名です。


今回は、魚がメインのワイン会だそうです。
ワインは、北田屋より全て直送。
店長は参加できるか分かりませんが、逆にマニアじゃない楽しいワイン会になる事間違いなしです。
詳細は、後日ご報告しますが、先着順なので、参加してみたい!!
と言う方は、是非店長までご連絡下さい。(窓口になっています(^^♪)
TEL04-2922-0426
115kitada@msh.biglobe.ne.jp

※ご参加はお気軽に(^^♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

今月のBコース白と色んな食材!シャトー・クロ・デュ・ロワ ACグラーブ

2009年06月27日 23時11分
本日は、お蔭様で店頭大忙しとなりましたm(__)m誠に有難うございます。
昨日は、一気にマリアージュ記事を載せたため、ユキちゃんに読みづらいと言われ、やや凹んでいる店長です。
クロデユロワと色んな食材.jpg
昨日は、ここの所飲み過ぎなので、お酒類はやめようと思っていましたが、マリアージュネタがあったので、グラス1杯だけ頂きました。

◆今月の頒布会Bコース「シャトー・クロ・デュ・ロワ」ACグラーブと合うワインはどれだスペシャル!!
このワインは、豊かな果実味と、エキゾチックなフルーツの香り、そして、キリリとした辛さが身上の美味しいボルドーワインです。

これだけの素材を見たら合わせてみない訳にはいかないでしょう!!
と言う事で、早速マリアージュ開始!!

●ソーヴィニヨン・ブラン種とスモーク・サーモンの相性は、ソムリエ協会公認のマリアージュだと思っていて、今までに何度も試し美味しかった記憶があります。
が、しかし、焼いた塩鮭にはいつも泣かされてしまいます。
残念ながら★★★
合いそうなのに何故か今一歩。

●辛子明太子は辛すぎて残念ながら測定不能。でも、絶品の辛子明太子でした。

●ハマグリの煮付けは、アミノ酸と甘いタレが邪魔をしてこれまた駄目。

●鳥肉のローストは★★★★の好相性!
デュカスパイスと言うハーブ&スパイスをかけるとタンドリーチキン風味に!
これまた、★★★★
チキンはやっぱりシャルドネ系の方がより良いようです。

●店長、夜はダイエットの為、あまり炭水化物をとっていません。
その為、よく食べるのが豆腐。
実は、こいつがマリアージュの時に大変役に立つ食べ物で、未だかつて、ワインの邪魔をした事がございません(^^)
豆腐さんに五つ星を上げたいと思いましたが、ワインとの相乗効果はあまりないので★★★★どまり。
豆腐を食べると口の中がリセットされて、次の料理に行きやすいのです。
日本に産まれて良かったなー。と思う一瞬。イタリアならリコッタチーズでしょうか〜(^^?

そして、いよいよ五つ星が出ました。

・・・・・

●それはマカロニサラダです。
マヨネーズと野菜の入った最もポピュラーな食材。
★★★★★!!!!
ウソー!!と思って2回試しましたが、やっぱり良くあっています。卵とオイルとさっぱりした酸味がほど良かったです(^^♪
ワインも消えず、マカロニサラダも美味しくなりました。

ちなみに、マヨネーズはフランスが原産ってご存知ですか?
南フランスのコート・ダ・ジュール近郊ではよくマヨネーズサラダの文字を目にします。
マヨネーズの本当のレシピはサラダ油ではなく、オリーブオイルを使うそうですよー。


今の所、シャトー・クロ・デュ・ロワにはマカロニサラダですが、きっと、アサリや、牡蠣、カニやエビ等と合わせれば更に上が狙えそうです!!
イヤー、それにしても今回は新発見でした。


●あと写真には写っていませんが、ワタリガニ風のお味噌汁とも★★★★☆の相性でした!!

それにしても、シャトー・クロ・デュ・ロワ旨いです。
グラス1杯で抑えるのは至難のワザでした(>_<)

今日は、思いの他お中元のご注文が多くて、大変有り難かったです(ToT)/~~~
お酒パワーが少なかったせいか、少し足腰がヘロヘロしてしまいました(^_-)-☆
明日も頑張りまーす(^O^)/

皆様のご来店心よりお待ち申し上げておりますKITADAYAバナー
m(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

頒布会、お中元、それにしても殻付きには驚きました。

natunotemiyage2009.gif
北田屋2009夏!これからの時期オススメが夏の手土産です。
日頃お世話になっている方や、ちょっとお呼ばれして遊びに行く時等、気軽にお土産を持っていきませんか?
きっと喜ばれる事間違いなしです(^^♪
●神の雫登場ワインの赤白セットとか
●狭山の新茶
●厳選の生酒や、人気の芋焼酎。
●話題の川越地ビールも販売中です。

お中元や地方発送も承っております。
オリジナルワインギフトや日本酒ギフトも承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

本日の試飲2009.6.27.jpg
今日も、沢山の試飲が開いています。
お車の運転がない方は是非お気軽にお味見下さいませ(^^♪
●頒布会のワインや
●レイニャック、レイニャックのnewブランド
●貴腐ワインやアスティ−
●自然派ワインまで
10種類以上が無料でお味見いただけます。


そう言えば北田屋店頭で最近人気のあのオツマミが芸能人の有名ブログに載っていました(^O^)/
殻付きやってくれます(^^)でも、在庫は只今少なめですm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(2) | TrackBack(0)

マリアージュネタ三連発!記事が溜まっていました(^^;

2009年06月26日 23時26分
ここ最近、頒布会の準備などでバタバタしていた店長です。
マリアージュネタが溜まってしまいました(^^;
今日は記事が3夜分あるので、コメントは少なめに書きますね〜(^^♪
たての川とウッチェリーナ.jpg
これは、6/1の夜に撮った写真です。
料理は、鮎の塩焼きと鯵の刺身、鳥肉の炒め物。
日本酒は、楯の川しぼりたて。
鮎の塩焼きとも、鯵の刺身とも抜群の相性!さすが良いお酒は和食と絶妙ですね。鳥とも大変良かったです。

ワインは、コッリ・デル・ウッチェリーナ トスカーナ
鯵の刺身にはさすがに苦戦。しかし鮎とは★★★★のマリアージュ。
チキンとはワインが濃すぎた為★★★★に留まりましたが、さすがは神の雫コラムニストDRCサイトウ先生が価格の倍以上のコスト・パフォーマンス!と言ったワインだけに、濃厚でふくよか、するりと体内に入っていきます。
ラ・セルヴァ社のワインは本当に美味しいワイン揃いです(^^♪

真鯛のミルフィーユとブルゴーニュ.jpg
そして、こちらは6/7に撮影したと思われる、写真です。
お土産で頂いた「真鯛のミルフィーユ」なる絶品お漬物と撮った写真です。
様々な野菜の間にミルフィーユのように薄切りの鯛が挟み込まれた一品。
ブルゴーニュ・オー・コート・ド・ボーヌ パトリック・ペストルと絶妙のマリアージュで★★★★★!!!
お漬物の酸味と、ペストルのキレイで上品な酸味が大変良くあったようです。

隣に写っている鳥とネギの炒め物ともバッチリ合いました(^^♪
こちらも★★★★★
以前、お寿司と今一歩だったこのワイン。ですが、この時は本当にヒーローでした(^O^)/

コトー・ド・ラングドックのプレーヌ・リュンヌも鳥と大変良くて★★★★☆のマリアージュ。

レバカツとクロマルヴェルヌ.jpg
そして、先日ウズラバーベキューの次の日6/24は、社長もいなかったのと、皆が忙しかったので、お惣菜のお気軽メニュー!!
コロッケとレバカツ、がんもどき、竹の子の煮物など。
いつも、お肉ばかり食べていると思ったら大間違いです。ちゃんと、栄養のバランスを考えて、お食事を作ってもらっています。
ただし、こういうネタの時はブログに載りづらいのも事実です。
テンションが上がらないからかな〜???

竹の子の煮物やがんもどきコロッケ等はプロセッコ・フリッツァンテ(イタリアの弱炭酸白ワイン)をグビグビ飲みながら、一時の蒸し暑さも忘れ、大変良いマリアージュでした。フタが王冠なのも大変楽ちん。

そして、この日は柔らかいお肉屋さんのレバカツがクロ・マルヴェルヌ オーレ★★★★★のマリアージュ。
今月の頒布会赤のみコースに入っています。
牛のすき焼きとも★★★★★でした。是非レバカツとも合わせてみて下さいね〜(^^)
んっ、さりげなくお肉が入っていました(^^;

さー、明日は土曜日なので、お客様が多いかな〜。
ゆっくり休んで英気を養います。

毎日暑いですが、ワインを飲んでバテ防止!!以上店長でしたm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

チキンとヴィオニエ。

2009年06月25日 21時02分
月曜日の夜はお休み前の前夜祭で飲み♪
火曜日はBBQ♪水曜日は会合で飲みまくりのユキちゃんです。
配達しながら、汗と一緒にアルコールを放出してます。
Co2が出しすぎ?エコじゃないかも(^^;)

前夜祭の模様は↓
鳥肉とヴィオニエ.jpg
相変わらず香りがグッド!!
ヴィオニエと鳥肉のソテーもなかなかの相性でした。
味付けはバターと醤油とワインビネガー。
鳥肉とソースの旨味が、コクのある白ワイン「ヴィオニエ」とバッチリ♪
このワインは、旨味の多い物と相性が良い様です。
社長の小松菜も味が濃くてうまかった!

この後、TSUTAYAで借りて来た「貝になりたい」を観て就寝。
翌日は、東松山の埼玉県こども動物園までドライブ(約50分)
キリン、コアラ、ナマケモノ、ラクダ・・・。
初めて行きましたが、動物が沢山いるんですね!ちょっとびっくり。(動物園だから当たり前だよね。。)
いやー、こんな近くにコアラがいたとは!!しかし暑さのせいか寝てました。
坂道を歩いて良い汗かいて、夜は生ビールをおいしく頂き、ウズラとシャトー・タルボを満喫。
社長、店長、Oさんご馳走様でした♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

豚のバラ肉塊は結構強敵でした。

豚バラ肉にグラン・ブーリー.jpg
少々前の夕飯ですが、豚バラの塊と夏野菜を中心に煮込むストウブ鍋料理。
大変簡単で美味しいのですが、豚バラの脂身はかなり手強かったです。

でもそんな手強い豚肉に勝った唯一のワインが、先月の頒布会Bコース赤シャトー・グラン・ブーリー(1880)でした。
南フランスで作られる、ワイルドかつ、果実味豊かで上品な酸味も併せ持ったワイン。ちょうどトマトの酸味ともピッタリで、見事★★★★★をマークしました!!
右から2番目のワインです。

トマトの酸と合う程よい酸味はやはりボージョレの生産者ゆえでしょう。そして、南仏のワインと相性の良い豚肉。考えてみれば完璧でした。

この日合いそうなワインをチョイスしましたが、他のワインはまずまずでした。
多分、たっぷりの脂が邪魔をしたのかな〜(ToT)/~~~
お皿の上にははずした脂身が〜!!もっと若ければ食べちゃったかもしれませんが。。。。


そう言えば、人気のシャトー・シャロン・アカシア(白)が再入荷しました!!
(写真に写っているアカシアは旧ラベルです。)

又、大人気のユニ・メドック ル・グランアートも再入荷です!!
カーブ・サン・ジャン・ル・グランアート 2006 ユニ・メドック(1980)

カーブ・サン・ジャン ル・グラン・アート 2005年 ユニ・メドック(2500)

店頭、ネットともお待ちいたしておりますm(__)m

そして、頒布会のご準備が出来ました(^O^)/
お味見もいっぱい開いていますよ〜♪♪♪♪♪

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(1)

野外パーティーでウズラとシャトー・タルボ1989!

2009年06月24日 12時05分
昨夜はヘロヘロブログを書いてしまってすみませんm(__)m店長です。
ウズラとタルボ.jpg
昨夜のメインメニューはウズラでした。
ユキちゃんから父の日で貰ったウズラを皆で食べよう!!と言う企画(^^♪
「ちょうど暑かったので、生ビールパーティーをしよう!!」
と社長の鶴の一声が!!
日中は暑かったので、生ビールがグビグビ進み、親戚のおじちゃんが、昔の頒布会でとって置いてくれた、シャトー・タルボの1989年を開けてくれました。

ウズラは塩のみで味付け、ストウヴで焦げ目を付けた後、フタをして弱火で30分蒸し焼き。
今回はパリッと仕上げたかったので、野菜は別に煮込みました(^^)
これが、功を奏し絶妙な食感のウズラが完成!!

業者さんからサンプルで貰った、ハーブソルト(無添加)や、社長手作りニンニク醤油などで食しました。

いやー、旨かった〜!!
ウズラはニワトリより、コクがあるので、熟したフランス・ボルドー・サンジュリアン村のタルボーとも大変良く合いました。

所沢で国産ウズラ(フランスのカイユ)を販売しているお店。
ウズラ屋さん。
只今ユキちゃんがハマっているようです♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(1) | TrackBack(0)

今日はバーベキュー!

2009年06月23日 22時41分
今日は社長の鶴の一声で、バーベキュウになりました。もうただのいヨッパらいイです(^.^)

もうちょっと書ける状態ではありません(*^^)v

あす以降又どどんブログ更新していきますので、お楽しみに!(^^)!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

すき焼きに合う北田屋特選ボルドーはどれだ!!

2009年06月22日 23時11分
すき焼きとボルドー.jpg
父の日フェアーとお中元、ボーナスに向け、色々なワインを開けすぎた感のある北田屋です。
それも、ボルドーワインがオンパレード!!
ついでにモンペラまで開けてしまいました。(社長への父の日プレゼント@)
そして、店長からは2000年のオー・ヴェイラック!!(社長への父の日プレゼントA)
更に、蒸し暑かったので「森」ラベルが印象的な白ワインを勢いで、店頭試飲でまたしても開けてしまいました!!

ずらっと揃った、ワイン達、父の日スペシャル「すき焼き」君と、どれが一番合うのか。。。!?

●「森」の本当の名前はスリー・ツリーズ!(2080)赤と白がありますが、今回は白です。
 この白ワインは軽く微炭酸を感じ、まるでビール感覚で飲める日本酒のような白ワイン。
 あまりにもグビグビいけて超危険です!!
 はやる気持ちを抑え1杯で止めましたが、すき焼きともなかなかの素直な相性!!★★★★
 特に春菊や野菜と良く合いました。牛にも合ったのは以外でした。

今日の牛肉は久しぶりにミツミネさんのお肉!A-4ランクの和牛!
でもグラム600円位と、それほど高くなく、素晴らしい夢の一時を味わいました。
最近健康の為に脂身の少ないお肉をチョイスしていたので、かなりテンションアップグッド(上向き矢印)でした!!

さて、本番の赤ワインに突入!!左から順に。。。

スーパー・シャトー!レイニャックのヴァテローさんが作る新着ワイン。。。
コンテス・ド・ローサック コート・ド・カスティヨン 
 このワインのバランスは本当に完璧です!!しかし春菊にはやられましたが、それ以外の食材+牛肉は★★★★★のスーパー・マリアージュ!!
 ワインの良い香りと、渋み、甘みが抜群の相性でした!!

神の雫で大人気のモンペラを限定入手!!
●モンペラ 2006年
 社長大絶賛の1本!期待を持たせてくれる味と香り。
 しかし、脂身の多かった今日のお肉にはローサックには及ばず★★★★のマリアージュ!!
 モンペラは、バランスもよく、コクもあり、香りも本当に良いワインです。

いよいよ父の日に店長がチョイスした特級ワイン!!
2000年オー・ヴェイラック サンテミリオン・グランクリュ
 これぞ、特級!しかも当たり年の実力!!まさにグラン・マリアージュ!!
 本当に素晴らしいです、鬼門の春菊とも悪くなく、A-4ランクのお肉ともまさに完璧です。★★★★★★の規格外の美味しさ!!
 飲んだ瞬間もやもやが吹き飛び、目が覚めました\(◎o◎)/!
 肉&ネギはとにかく抜群!天にも昇る気分でした。

 そういえば、その昔、サンテミリオンの生産者が、すき焼きと自分の作ったワインが良くあった!と言っていたのを思い出しました。
 でもその生産者さんは醤油が大の苦手だったのに、すき焼きは食べれるんだ〜!?と?マークが付いた謎をこのワインで解明!
 文句なく旨いです!!

スーパー・ワイン登場!!
レイニャック2006年 キュベ・スペシャル
 多分ワインの方が強いだろうな〜!?との予想が見事的中しましたが、大変美味しい組み合わせでした(^^♪★★★★☆
 ワインは強いのですが、余韻はまろやかに合います。さすがはレイニャク。牛ちゃんのお陰でワインの味わいがより一層引き立ちます!!

南アフリカ、ワインもやってくれました!!
クロ・マルヴェルヌ・オーレ
 カベルネソーヴィニヨンに現地葡萄のピノタージュをブレンドしたワイン。そのまま飲むとコクがあり、まろやか、そしてややスモーキーな香りが特徴です。
 春菊にはやはり駄目でしたが、牛肉のみだと難なく★★★★★を軽ーくゲット!!
 スーッとする味わいが、牛の脂をかっ飛ばし、でも本質の部分では大変良く合っていました。スモーキーな香りも消えていきます。
 余韻はまろやかに牛ちゃんとマリアージュしていました。
 これで2080はお買い得!!

グランクリュに匹敵の南アフリカ!
ボーモン アリアンヌ
 カベルネソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フランの王道を行くボルドー・メドック・ブレンド!!
 大変濃くて力強く、バランスも完璧です!!
 それゆえに、すき焼きとの相性では主張も強く、牛の脂も飛ばしてくれましたが、牛ちゃん自体も少し霞んでしまいました。
 味付けの濃いスパイシーなお肉の方が合いそうでした。


やはり、今年の父の日も社長とは別々の食卓となりましたが、残っていたワインで、なんとなく会話をしたような気になりました。
ただ、最後は店長ただ一人ヘロヘロしていただけですが。。。

それにしてもオー・ヴェイラックは美味しかったです(^^♪
自信を持って、すき焼きにはオー・ヴェイラック〜!!!と叫べますね〜!!

火曜日は定休日ですm(__)mKITADAYAバナー
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(1)

美容に良いワイン!ヴィオニエ

2009年06月21日 21時21分
寒いギャグを口走ってもめげない幸宏です。

南フランスのぶどう品種「ヴィオニエ」をみると、思わず「美容に良いぶどうです!美容にえー、びおにえ、ヴィオニエ…」

昨日は頒布会の白ワインを飲みました。
コレクション プレジデール ヴィオニエ ペール・ギヨ
ヴィオニエ.jpg
ヴィオニエといえば、芳香性豊かな香りが特徴♪ライチやカリンなどの良い香り!
今回のヴィオニエはなんとなく大吟醸みたいな香りもしました。

生ハムのピザ、ヒラメとホタテのカルパッチオ、野菜のお新香、なすマリネ、ポテト。

白ワインだから、カルパッチオはピッタリでしょう!まずはホタテで相性チェック♪
これはバッチリ★ホタテの甘さとワインのボリューム感がマッチ!お互いの良さを相乗させてくれました。ヒラメもいけると思いきや、なんだか生臭くなってしまいイマイチ。なんでかなー??カルパッチオの味付けが醤油ベースだからかでしょうか。謎です。

生ハムピザが意外にも抜群!生ハムの味を楽しんだ後この白ワインを飲むと口の中がお花畑状態に!うーんマンダム( ̄∇ ̄)ノ
これは是非お試し頂きたいマリアージュです。(生ハム北田屋にて好評発売中!<イタリア産>)

コレクション プレジデール ヴィオニエはコクがあるので、ちょっと濃いめの料理が良いようです。マグロのトロの脂身と合わせてみたいですねー♪

父の日セールもおかげさまで大盛況でした。
皆様ありがとうございました。m(_ _)m 幸宏
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(0) | TrackBack(0)

牛肉の蒸し煮とサンテミリオン「オー・ヴェイラック」!

2009年06月20日 23時21分
今日は、父の日フェアーで大忙しだった北田屋です。夕飯はまだお預け。
明日は、父の日本番♪今日より忙しいのかな〜?
牛肉の蒸し煮と赤ワイン.jpg
先日の夕飯はこんな感じでした。

牛肉と野菜の蒸し煮。
牛モモの塊を鍋で炒めて、後は野菜を加えて煮込み牛肉をカットしただけのシンプルメニュー!

ブルゴーニュや、南仏のワインは敢え無く敗退でしたが、この日大活躍だったのが、左から3番目のオー・ヴェイラック2001年
牛肉と相性の良いサンテミリオンのワインだけに、期待は膨らんでいましたが、開けたて直ぐは少々硬く「星4.5位」でしたが、時間と共にどんどん開き、30分後には★★★★★「星五つでっす!!」
になりました。
ボルドー、サンテミリオン地区の特徴である、鉄っぽい感じがお肉の旨味と野菜と大変良く合い、味わいをより一層広げてくれました。
又、味付けがさっぱりしたお肉に粒マスタードを乗せてもより一層、相性が良くなりました。

オー・ヴェイラック2001年をデキャンタするとより一層まろやかに!早く飲みたい時はこの方法が良いかもしれません(^^♪

今、人気のオースティン 南アフリカ★★★★と大健闘!!
ワインの果実味とヴォリューミーな感じが、さっぱりした牛肉に赤ワインソースの変わりになる感じでした。

そして、同じく南アフリカ ボーモン・アリアンヌ★★★★☆と大変良い感じ!!
アリアンヌのボルドー、メドック、特級ワイン風の高級感が、お肉も野菜も上手にまとめてくれて、本当に素晴らしいワインだな〜とつくづく実感!!
2千円台中盤でこの満足感は、本当に驚きの赤ワインです。

ワインの頒布会赤のみコースに入ったヴィズカラもパワフルな味わいで、お肉を包み込むようなマリアージュ★★★★☆でした。

日曜日は、父の日。
北田屋社長に何をあげようかまだ悩んでいる店長です。
新着!オー・ヴェイラックの2000年にしようかな〜!?
レイニャックの2006年も旨いなー(^^)
只今、店頭で味見できますよー\(^O^)/

きっと明日社長と一緒に飲む事は不可能でしょう。。。
でも、社長残しといてね〜。

以上、美味しい物には目のない店長でしたm(__)m


P.S.お客様のブログで北田屋が紹介されました♪
  「毎日おうち宴会」あっきーさんのブログです。
  毎日お料理が本当に凄いですよ〜♪まさにプロです!!
  あっきーの毎日おうち宴会日記←TOPかな??
  凄く面白くて美味しそうなので、美味しいもの好きなお客様には大変オススメです!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(1) | TrackBack(0)

6/21(日)は父の日です!北田屋お店情報!!Aお酒、焼酎

2009年06月19日 20時48分
父の日日本酒焼酎.jpg
父の日は、お酒や焼酎も大好評!!

左から当店オリジナル米焼酎「ありがとう」
甕(カメ)から柄杓ですくって飲む芋焼酎「甕ん中」
新潟の「お福正宗・純米大吟醸・雫垂原酒・斗瓶取り」
同じく「お福正宗・大吟醸・袋しぼり」

父の日生酒.jpg
今父の日用で一番売れ筋「秩父錦・大吟醸・生原酒・しずく酒

限定!神亀・ひこ孫純米吟醸・槽口(ふなくち)酒
爽やかでフルーティーな味わい「心」
繊細で澄んだ旨味の「ひかり」
とろり、芳醇、濃厚な「楽」
どれも、年に一度の発売ですので、楽しみに!基本的に濃淳辛口!

スペシャルな父の日プレゼントなら「郷乃誉・花薫光」純米大吟醸・無濾過・生々・袋しずく酒・精米歩合27%!と言う脅威的なお酒も喜ばれます。その昔、ニューヨークのオークションでは十数万円の価格が付いたとか???

この他、地元埼玉の清酒や、新潟の越乃景虎!が人気です。

父の日焼酎.jpg
実は、本格焼酎コーナーもかなり充実!
麦、芋、米!と色々並んでいますので、お好みを是非お探し下さい(^^♪

ワインと同様、お酒、焼酎もラッピング無料です(^O^)/
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

6/21(日)は父の日です!北田屋お店情報!!@ワイン

父の日店頭.jpg
父の日は6/21!今度の日曜日です!!

只今、オー・ヴェイラック2001年が大人気!!
まろやかでコクのある赤を是非プレゼントしてみては?

父の日ワインヴェイラック.jpg
そのオー・ヴェイラックに当たり年の2000年も登場しました(^O^)/
より深くコクがあり、明るい果実が特徴です。

ヘヴィーで、ガッチリした赤がお好みのお父さんには、新着ワインのレイニャック2006年も良いですね〜!!

父の日南アフリカワイン.jpg
安くて、美味しい!と言えば南アフリカワインがオススメです!
価格の倍以上のパフォーマンスを持ったワインが沢山!
父の日のお食事に勿論、デイリーにも楽しめそうなワインが勢ぞろいです。

父の日人気ワイン.jpg
写真左は「神の雫ワインコーナー」
話題のル・ピュイや、ムーラン・オーラロックブルネロ、モンペラ、パライソジオリスが並んでいます。

写真右はお父さんに大うけのワイン、レッジウッド・クリークコーナー!!!
特にカベルネは銘壌ナパ・ヴァレー産にも関わらず2,980円と大変お得!!コクアリまろやかで、元気なお父さんに大人気の1本です。

鳥や豚なら同蔵元のシラーや、GSMと言うワインが良く合います。
メチャクチャ濃いですよー!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

入間、飯能、日高のお客様こんにちは(^^)115北田屋です。

埼玉県入間市、飯能市、日高市を中心に中心に配布される街の情報誌「もあくり」さんにワイン専門店「115北田屋」が載りました。

父の日モアクリ.jpg
せっかくですので、記事をご紹介します♪

 ワイン専門店
北田屋本店
へ行ってきました!

 今年で創業135年を迎える北田屋本店。ワイン専門店とあって、売り場の3分の2がワイン。おしゃれでモダンな店の雰囲気に期待が膨らみます。

 早速、5代目店主の北田直紀氏にお話を伺いました。ワインアドバイザーでもある北田さん。「生産者の顔が見えるワインを」と。直輸入も始めました。扱う約3000種のワインは、価格以上の味を持つお買い得なものばかり。デイリーに楽しめる1,000円前後のものから数万円の高級ワインまで幅広く取り揃えています。

 この日、試飲させてもらいながら父の日のプレゼントの相談。好みに合わせ親切に選んでくださるので、思わず自分へのご褒美も…。ドラマ「神の雫」に登場した「シャトー・レゾリュー」をチョイス。こちらは「焼そばに合う」と有名になった赤ワイン。あわせるお料理が焼きそばなら、手軽にワインを楽しめますね。

 さらに見逃せないのが日本酒の品揃え。弟の幸宏さんが酒造まで視察に向かうほどのこだわりで選んだ全国の銘酒を取り揃えています。
 「店のモットーは、”この値段でこんなに美味しいの!?”と、お客様をびっくりさせることです。」と、お二人が自信を持ってお勧めする北田屋のラインナップ。あなた好みのお酒がきっと見つかります!

もあくりNO.180 2009.6.19号より

昨年リニューアルした北田屋をまだご覧でないお客様は、是非一度ご来店下さいm(__)m
都内のワインショップにも決して引けを取らない品揃えですよー(^^)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| メディア・リリース | Comment(0) | TrackBack(0)

豚肉の味噌付けと純米酒。

2009年06月18日 21時22分
父の日ギフトで珍しく賑わっている店内。
この時期は和酒担当ユキちゃんの出番でございます!

夜は疲れを癒すべく日本酒で乾杯★
(携帯で撮ったため、画像が荒くて残念(T_T))
豚肉の味噌漬け.jpg
お客様のH田様から自家製お味噌をきました!
前日はキュウリを2本ペロリ。今回は豚肉を漬けて二回戦★

味噌ブタって美味しいですよね(^^)/これだけでご飯が何杯食べれるか。
お酒も進みます!特にこの「越の誉純米酒「波」」は柔からスッキリ辛口タイプなので、スイスイ入る。値段も手頃なのも良いね♪

もずく酢、ナスとズッキーニ炒めにもバッチリです★いやー、料理を選ばないのは良いけど、飲み過ぎてしまうのがたまに傷(^^;)

豚肉の味噌は左側がH田味噌で熟成途中の優しい味。右側はオクサマが造った味噌で、熟成しているため濃厚でした。
どちらも美味しく甲乙付けがたいですが、ブタの味を活かすのはまだ若い味噌。しかし熟成味噌で漬けた方は食感が柔らかでした。
味噌の熟成具合で味も食感も変わる発見をしました。

終盤、先日開けた赤ワイン「コンテス ド ローサック」と豚肉の相性をやってみたくなり挑戦しましたが、合えなく失敗。味噌が邪魔をしている様でした。

H田様、お味噌ご馳走さまでした。(^^)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(0) | TrackBack(0)

新着ボルドーと牛肉★

2009年06月17日 20時33分
昨日は定休日★深大寺植物園に行ってきた幸宏です。
所沢から50分。軽いドライブで楽しかったです。

休みの前の日は宴会!試着のボルドーワインを開けました♪
シャトー コンテス・ド・ローサック 2004
コンテス.jpg
おおーぉヽ( ̄▽ ̄)香りから濃い味わいが伝わってきます♪
きめ細かい渋みがジワリ。旨味もたっぷり。その後、果実味が広がってきます。新大陸系のアルコールが高め果汁たっぷりのボリュームのあるヘビータイプとは違った、スタイリッシュな感じ。
なんだか、ボルドーのグランヴァンを飲んでいる感じにさせてくれます。このインパクトと完成度で¥2500はお買い得でしょう!

このワインを選んだのは、夕飯のおかずが、牛ちゃんだったから★
近所のスーパーでゲットした、お買い得なランプ肉!
お皿に入りきらない大きさに、テンションが上がり気味のユキちゃん。
一人前かと思いきや、半分個でした。そうだよねー。大きすぎるものねー。(^^;)

ボルドーワインと牛肉は抜群ですね!ソースも一工夫。
ソースにもコンテスを使い、バルサミコとバターを煮詰めてかけました。(オクサマが作成)
このワイン、飲む程に旨味が増してきます!!

カニのトマトクリームパスタもグッドです!カニの風味が生臭いかと思いきや、気になりません。

ギューッとつまった、柔らかなタンニンと程よい果実味を楽しみました。
ヘビー好きなオクサマもご満悦(^^)/

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(1) | TrackBack(1)

イナダの刺身と豚ソテー!ル・ピュイ残念なお知らせ。

2009年06月16日 10時40分
イナダの刺身と豚ソテー.jpg
先日の夕飯は、イナダの刺身と豚ソテーでした。
色々なワインを合わせたので、良くあったものだけピックアップ!!

ヴィニョーブル・ギョーム シャルドネ "ヴィエイユ・ヴィーニュ"
は、意外とイナダとは合わず、豚のソテーと★★★★
ジャガイモとは抜群の相性で★★★★★
ポン酢醤油でサラダ風にしたイナダとは良く合いました。

キアンティー ロピアーノは、今回の新着ワイン(チラシ)
昔一度仕入れた事があるのですが、ローマ法王献上ワインです。
まろやかなコクと飲みやすさがオススメの有機キアンティー。
こちらは、豚肉のソテーと★★★★☆と大変良く合い、写真には写っていませんが、シーフード・クリーム・チーズ・パスタと★★★★★でした。
まろやかでコクのある味わいと、チーズ&クリームの滑らかさが大変良かったようです!!

今回のイナダ、実は少々魚臭さが強かったので、ワインと無理かな〜!と思っていたら、意外な救世主が出現!!
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2005
まさか、メルロー主体のワインと魚が合うなんて夢にも思いませんでしたが★★★★☆のマリアージュ。
どちらかというと、イナダを包み込んだ感じですが、結果オーライで〜す(^O^)/

そんな、魚にも合ってしまうル・ピュイですが、残念なお知らせがございます!!

ル・ピュイのオーナー、アモロー氏より「インターネットでは売らないで♪」との要望があったそうです(>_<)
自然を第一に考え、伝統を重んじるアモロー氏だけに、このインターネットという世界はあまりにも新し過ぎたのでしょうか?
何は、ともあれ、生産者の意向を汲んで、当店ではインターネットの在庫数を0にさせて頂きました。

でも、ご安心下さい(^^♪メールは駄目といわれていませんので、メールや電話で在庫を確認して頂けましたら、代引きなどでの発送が可能です。

勿論、当店にお越し頂けるのが一番ですが、遠くのお客様には難しい所。
当店は、お店でもインターネットでも大事にワインを販売させて頂いていると思いますので、きっとアモロー氏も許して下さるのではないかと思います。

それにしても、只者ではないル・ピュイだけに、オーナーの意向も変わっていますね(^_-)-☆

そして、この日の豚ちゃんと晴れて★★★★★だったのが、シャトー・グラン・ブーリー
南フランスで、ギヨが挑戦する赤ワイン。
スパイシーな香りと果実と酸のバランスが豚肉を大変甘くしてくれて、とーっても美味しかったですよー(^O^)/

ル・ピュイがネット販売できないのは大変残念ですが、今後ともよろしくお願い申し上げますm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

レジーナさんのランチご紹介♪所沢市小手指で昼からワイン(^^♪

2009年06月15日 13時37分
レジーナランチメニュー1.jpg
昨日のブログで料理写真があまりにも少なく、消化不良の店長です。
なので、先々週の火曜日レジーナさんへランチに行った時の写真をアップさせて頂きました。
3人で行きましたので、なかなかボリュームある写真が撮れました。
上の写真は前菜のサラダとおつまみで頂いたカツオのカルパッチョ!

ハート・オブ・クラウディア・シャルドネをグラスで頂きました。
おつまみとも、パスタとも大変相性が良くとっても美味しい!
天気も良かったので、昼から冷えた白ワインは旨いですね〜!

そして、この日のパスタは3品!!
レジーナホタルイカ.jpg
ホタルイカのパスタ

アラビアータ風でピリリと辛いトマトパスタでした。
辛いながらも病み付きになってしまう美味しさ♪

レジーナワサビ.jpg
新作!冷たい和風わさび風味カッペリーニ
カッペリーニは髪の毛の意味だそうで、一番細いパスタ。
わさびソースで蒸し鶏、胡瓜、トマトなどの入った冷たい一皿。
爽やかです♪これからの季節にピッタリですね(^^♪

レジーナエビクリーム.jpg
海老とインゲンのトマトクリーム
インゲンと海老をトマトクリームで和えた濃厚かつ爽やかなパスタ!!
店長の大好きなメニュー、ワタリガニのリングイーネと似ていたので、こちらをオーダー!!とっても美味しかったでーす(^^♪

レジーナサーモン.jpg
サーモンのソテー ブロッコリーのソース
程よい焼加減のサーモンと、ブロッコリーのソースが絶妙のマリアージュ。
家庭で作りづらいのが、この手の込んだソースですよね〜(>_<)
あまりにもソースが美味しいので、パンに付けて全部頂きました。

レジーナ牛肉パイ包み.jpg
お肉料理は牛肉のパイ包み焼!
合わせたワインはカリフォルニア バイ・ザ・グラス・キャンペーン中の、アイアン・ストーン・ジンファンデル。
牛肉パイ包みの中に入っている、スパイスと、ジンファンデルのややスパイシーな香りが絶妙のマリアージュで★★★★★!!
お昼からとってもハッピーな気分になりました(^^)

レジーナデザート.jpg
そして、女性陣に大好評なのが、やっぱりデザートです。
左は、そば粉のクレープ包み。
右は、とちおとめのムースと季節のジェラート。
うーん、大満足!!

コーヒーやエスプレッソを頂いて、この日注文したランチコースは1,155円と1,575円の2コース!はっきり言って安い!安すぎます♪

ワインはグラスで何種類かあるので、本当に嬉しいですね〜(^^)
昼からほろ酔い気分。休日はこれに限ります。

レジーナディナーメニュー.jpg
レジーナさんのディナーはこれまた豪華!
いつも食べきれない程の量が出てきます(^^♪でも、食べちゃいますが。。。

数日前に予約を入れると、スペシャル・ディナーをお好みで作ってくれますよー♪これが又大人気だそうです(^^)

KITADAYAのワイン会もワインと合わせたスペシャル・ディナーです♪

シェフにわがままを言って、お好みの食事で最高の一時を演出してもらうのも、とっても良いですね(^O^)/
野菜中心とか、鳥、豚、牛を食べるコースとか、魚づくしとか。。。
確か、4,000円位からお願いできたと思いますよー♪

リストランテ・レジーナ
04-2948-6263
所沢市小手指町3-11-2

小手指駅から徒歩約2分です♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

昨日はレジーナさんでシャンパン会でした。

2009年06月14日 22時20分
レジーナワイン会皆.jpg
昨日、店長が店を閉め、レジーナさんに到着すると、既に盛り上がり良い感じになっていました。
店長は手土産にジャック・カシューのヴォーヌロマネ2002年を持って行き、皆様のテーブルにご挨拶。その時撮った写真がこちらです。
I様顔が半分切れてしまってごめんなさいm(__)m決して悪気は無かったのですが。。。

実は、この日のお料理はユキちゃんてんてこ舞いで、写真が撮れていませんでした。
レジーナシェフ、ゴメンナサイm(__)m
レジーナワイン会.jpg
唯一撮れた写真がこちらです。
お裾分けで頂いた牛モモ肉のロースト。
低温(70℃位)で数時間かけて焼き上げたモモのローストは本当にプルンプルンで、若干筋は多い物の噛めば噛むほど味の出る本当に美味しい旨味の詰まったものでした。
家庭では、焼に数時間かけるなんて、ちょっと真似できるものではございませんね。

このロゼと言うよりも赤ピンクのお肉とブルネロ・ディ・モンタルチーノ★★★★★
ストーンヘッジのカベルネ・ソーヴィニヨン・リザーブ・ナパヴァレーも良かったのですが、やはり、店長の食べる事の出来なかった、仔羊のコンフィと合わせて見たかったですね〜!!
すこぶる評判が良かったですよー♪

そして、ご好意で頂いたフォアグラのソテー!
これが、又、シャンパンのクリュッグや、ミランのテール・ド・ノエルと絶妙に合う事(^^♪ほっぺたが落ちそうになりました。

極上のシャンパンと極上の食材は大変合うんですね〜。
痛風持ちのお客様もいらっしゃいましたが、今日は大丈夫だったのでしょうか(^^?

ちなみに、この日のメニューはこんな感じでした。

○モッツァレラ・ディ・ブッファラ
○ジュレ・ド・オマール ウニ添え
○サーモンマリネ
○ワカサギ&エスカベッシュと野菜のギリシア風
○カツオのカルパッチョ
○エビ、アボカド、カニの生春巻

○仔羊のコンフィ
○大山地鶏のフリカッセ
○カダイフ巻 キンメダイのフリット
○フォアグラのポアレ
○和牛モモのやわらかロースト ソース・ペリグー

○完熟トマトの冷製パスタ

○マンゴープリン

●キンメダイのフリットとラポーラ旨かったなー(^^♪


※ここから先は、長いので、悪しからずご了承下さいm(__)m

ワインは

トレヴィジオール・ロゼ・ブリュットNV 2,290円

「トレヴィジオール・ファミリー」は、初めてプロセッコを作り始めた
人達の一人として数えられる。
100年もの間、伝統的なスパークリングワインを造りつづけている
彼らは、アルト・アディジェとの境界にほど近い、ヴァルドッビアデーネ
に25haの最良の畑を有している。300mの標高を生かし、時間を
かけて成長した葡萄から、洗練された味わいが生まれる。」

クリーミーな泡立ち、苺のようなニュアンスを感じ、程よい辛さと心地良い飲み口。
スルスルっと入ってしまう大変飲みやすいロゼのスパークリングです。

プロセッコ90%、メルロー10%

**************

ポール・ヘラルド ブリュット シャンパン ブラン・ド・ノワール 3,980円

ポール・ヘラルドはシャンパーニュ地方の南、ヌーヴィル・シュール・セーヌという村に
あります。ブルゴーニュ地方との境にあるため、シャンパーニュ地方の中でも比較的
温暖な地区です。
そのため、黒ぶどう特にピノ・ノワールの品質は高く、しっかりとした味わいのシャンパーニュを産出します。
自社畑は12haで極々小規模で、今でもルミアージュ(動瓶)はすべて職人が手で行っています。すべてにおいて手造り、こだわりが感じられるシャンパーニュです。

黒ブドウ(ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ)のみから作られるこの特別なシャンパンは、繊細さと力強さをあわせ持っています。軽めのお肉料理やリッチな味わいのお魚料理に大変よく合います。

ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ

**************

ラポーラ 2006 白 ドミニオ・ド・ビベイ 4,980円

あの、エルブリのソムリエが「最も世に知らしめたい」と言ったスペイン高品質ワイン!

店長コメント

 新しいワイン産地「リベイ・サクラ」の出来たばかりのワイナリーですが、品質はもう最高!!栽培と醸造は全て自然な物で、葡萄はゴディーリョとドナブランカ!
 全く聞いた事のない品種でしたが、味わいはシャルドネのコクと、ルーサンヌの柔らかさ、リースリングのようなチャーミングさを併せ持っていました♪
 200種以上飲んだワインの中で最も衝撃的な美味しさ!!
 白ワインファンのお客様〜!是非是非この白お試し下さーい。
 まだ世界中でほとんど知られていないワインだと思いますよー!!

詳細!!
世界中で最も予約が困難なレストランはどこか?と聞かれれば、その名前を知っている人の大半は、スペインはバルセロナ 近郊にある「El Bulli」(エルブリ)と答えるでしょう。
そのエルブリのソムリエに、「スペインで今、一番知ってもらいたい生産者は誰か?」と尋ねた日本人がいました。
即答された名前は、ドミニオ・ド・ビベイだったそうです。

ビベイがあるガリシア州はスペイン北西部。DOはリベイラ サクラ。
内陸にあるリベイラ サクラは1997年に新しく認可された場所で、年間の平均気温は13.5℃、平均降水量は800mmの大陸性気候。
その風景は、古代ローマ時代からほとんど何も変わっていない、天国のように美しく幻想的といわれている。
彼らの畑は、ビベイ川を挟んで両側にある極めて急勾配!トラクターなどの機械を入れることができないテラス状の小さな畑で、 作業は全て人の手によって行われる。
栽培品種は全て土地固有のもので、除草剤、殺虫剤及び化学肥料を一切使用しない。

エルブリのリストにあるワインは、今のところ1572種類。ドミニオ ド ビベイの初ヴィンテージは2002年。
翌2003年から連続してエルブリにオンリストされている。

*樹齢 15年 及び 80年 
*品種 ゴディーリョ 30% ドナブランカ 70%
*500Lと600Lのバリック(新樽から3年樽まで)を用いて低温発酵。
*無ろ過、重力による瓶詰め、瓶熟18ヶ月! 種類 ワイン産地 容量 年 ぶどう品種

白ワイン スペイン リベイラ・サクラ
ゴディーリョ30% ドナブランカ70%

**************

クリュッグ グラン・キュヴェ 17,800円

言わずと知れた、シャンパンの帝王。
クリュギストと言われる、シャンパンはクリュッグしか飲まない!
という人までいる世界中のセレヴ御用達シャンパン。

キリリと辛くコクのある味わい。このシャンパンでシャンパン中毒になる人もいるので気をつけないといけないシャンパンです。

ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネ

**************

ミラン テール・ド・ノエル 8,880円

【シャンパーニュ・ミラン】
シャンパーニュ・ミランは1864年、オジェ(Oger)村に設立されたメゾン。
オジェ村は、シャンパーニュで特級畑を持つ17ヶ村のうちのひとつで、コート・デ・ブラン(白い丘)と呼ばれる特にシャルドネの生産で有名な地区に位置し、屈指のシャルドネを生産する村。
当初はぶどう栽培に徹し、その濃密でリッチな果実味と酸を持ち合わせた秀逸なシャルドネは、有名グランメゾンのクリュッグやヴーヴ・クリコ、ポール・ロジェなどにぶどうを売却していた歴史を持っています。
特にクリュッグには1996年まで100年以上に渡りぶどうを供給し続け同メゾンを支え、圧搾作業なども請け負っていました。初代アンリ・ミラン氏によりシャンパーニュの製造が始まり、現在は5代目のジャン・シャルル・ミラン氏に受け継がれ、今やオジェを代表する生産者となりました6haの自社畑を持ち、グランクリュ・オジェのブラン・ド・ブランのみを生産。
昔ながらの圧搾機を使用し、年や区画ごとに小さいタンクや樽で熟成、長期熟成を経た後のルミヤージュ(動瓶)、デゴルジュマン(澱抜き)も全て手作業で行うというこだわり。
そんな自家シャンパンはパーカー氏の「ワイン・アドヴォゲート」やアメリカ有名評価誌の「ワインスペクテイター」などでは、クリュッグを始めとする数万円の価値のシャンパンと同等以上の評価を獲得するまでになっています。

「テール・ド・ノエル」は良年のみ造られるミランのプレスティージュ・キュヴェであり 単一畑の名前。平均樹齢45年以上の古木のシャルドネから、素晴らしくバランス
がよく濃厚でいながらきめ細かい泡とミネラル分があり大きく存在感のあるシャンパーニュが造られます。
この2000ヴィンテージが、パーカー氏の「ワイン・アドヴォゲート誌」で、クリュッグ・グラン・キュヴェ(93点)を上回る94点を獲得。

**************

ストーンヘッジ・カベルネ・ソーヴィニヨン・リザーヴ・ナパヴァレー 3,780円

ワイナリー施設などに莫大な投資をするため、とにかく「高い」ナパの生産者に反旗を翻し、無駄な投資はせず「最高にバリューで高品質」なワインを造るストーンヘッジの代表シリーズが復活!完熟ぶどうを使用し樽熟成を施しながら、驚くほどのコストパフォーマンスを実現。

ポール・ホッブス、パールメイヤー、ダックホーンなど、数万円のワインを生み出す有名ワイナリー達が渇望する畑「ステージコーチ」のぶどうを使用!世界中のぶどう産地で最も土地代が急騰するナパヴァレーにて、こんなバリューなカベルネを造りだせるのはストーンヘッジのみ!?

**************

ブルネロ ディ モンタルチーノ ラ・マジア 2003年 6,500円

あのビル・ゲイツ氏からも注文が入ると言う、スーパーワイン。

まろやかで美味しいですよ。

まだ、この地に15件しか生産者がいなかった頃よりワイン造りを続けている生産者。
レーサーから転身と言う陽気なシュワルツさんが率いるワイナリーの名はラ マッジア。

スペクテーターで90点オーヴァーは当たり前のワイナリーです。
チョコのような香り、まろやかな口当たり、しっかりとした骨格、いつまでも続く余韻。最高のトスカーナワインをお楽しみ下さい。

ブルネロ100%

**************

2005 サンソニエール メトード・アンセストラル・ブリュット・ノン・ドゼ 8,880円

ロワールのビオの重鎮「マルク・アンジェリ」が造りだす超レアな泡物。

シュナン・ブラン100%、収穫量20hl/ha
醸造方法:古い垂直型プレス機で圧搾。
バリック(大樽)内で発酵させ、補糖はしていません。
瓶詰め(ティラージュ)後、糖分と酵母の添加はしていません。
ルミアージュは毎年おこないました。
ドサージュは無し(ノン・ドゼ)(リキュール添加無し)
亜硫酸の添加もありません。
メトード・アンセストラルは、余計なものは何も加えないため、より多くのナチュラル感をもたらすように思えました。
ティスティング:ブリオッシュ香、ワインらしい香り、繊細な泡

※このスパークリングは驚く事に、後半澱が混じります。
最初注いだ方はクリーンなスパークリングでしたが、後半のテーブルの方は、見事にオリオリでした。
A井様は、澱の部分が旨味があって旨いんだよね〜。と言って頂きましたが、見た目はかなり驚き状態でした(@@)

**************

ジャックセロス・ブリュット・イニシャル 18,800円

A井様ほとんどお買い上げm(__)m又、同テーブルのお客様も誠に有難うございました。

飲んだ瞬間瞳孔が開くシャンパン。久しぶりに飲みました。
さんざん飲んだ後でもこのインパクトは忘れる事が出来ないでしょう!

さすがに、ビオの大御所!店長も大好きなシャンパンです。
が、数が少なくたまにしか入荷してきません。
只今店頭で限定1本販売中。

**************

シャンボール・ミュジニー2006 オーレリアン・ヴェルデ 7,980円

有志を集め、割り勘で飲んだワイン。
このピノウメー!!!
バランスも最高!コクも旨味もありました。

**************

モンマルト ブリュット

もう、飲み物も無くなり、レジーナさんのお店のワインセラーより拝借。
シャンパン会の閉めはやっぱり泡物ですよねー(^^)
喉の渇きを癒してくれて本当に美味しかった〜!

**************

その他、もろもろ開いていましたが、この辺で。。。

シャンパン好きのお客様に、泡でお腹いっぱいになりませんか?
とご質問したのですが、全然平気!とおっしゃられておりました。
確かに、これだけ良い泡が揃えば、全く持って平気かも(^_-)-☆
店長もフル参加したかったな〜(ToT)/~~~

店長は結局AM2:00頃帰還となりましたが、シェフはAM5:00頃まで皆さんと飲んでいたそうです。

お疲れ様でしたm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(2) | TrackBack(0)

本日の試飲!

2009年06月13日 13時17分
本日の試飲2009.6.13.jpg
只今、チラシ作成に追われている店長です。
チラシ作成の為に、おいしいワインがたっぷりと開いています。

次のチラシの目玉です(^^)(^^)(^^)
勿論無料で〜す(^^♪

是非お味見にお越し下さいませm(__)m


父の日は来週日曜日♪プレゼントはお忘れになりませんようにm(__)m
お父さんは待っていますよー(^O^)/
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

青森海の幸に新潟の酒

2009年06月12日 21時28分
昨日は日中蒸し暑く、サッパリ爽やかに飲みたいなー
と、言う事で新潟のスッキリ系を飲んでいた幸宏です。
■越の誉 純米酒 1800 ¥2050
越の誉.jpg
このお酒は、銘門酒会という地酒の問屋さんの考案した「うち飲み純米酒」シリーズの一つです
純米酒が一升瓶で2050円なんてお買い得です★純米酒ファンには嬉しい価格。1合(180ml)あたり200円だから、缶ビール350mlと同じぐらいの価格で楽しめる計算。(ちょっと大雑把な計算ですが)
純米酒ならではソフトな口当たり。程よい旨味を感じながら、軽快な喉越し!まろやかスッキリ辛口タイプ。

前回は大吟醸の独壇場だったので、今日は海の味を引き立たせるべく軽めのお酒で。
海の幸は、ナマコ酢、もずく、ウニの塩漬け、ハラス。
ナマコは食感が面白く味は淡白。もずく酢は酸っぱくてつるつるした食感が楽しい♪ジューシーなハラスはご飯が進みそうな旨味がたっぷり!
越の誉は料理をえらばず、お酒が脇役にまわり、スイスイ飲めます♪
ちょっと飲み過ぎる危険性あり。
塩ウニもウニの香りが存分に楽しめました。

ちょっと残っていた、花垣大吟醸生原酒「たれくち」は今日もご機嫌に華やかです♪淡白な肴を吟醸香(ぎんじょうこう)で包みます。
ここで、新たな発見!たれくちのパワーに負けない逸品がありました★塩ウニです!
香り高い大吟醸原酒の味をガッチリ受け止めました。濃厚な物同士相性は抜群!これはナイスマリアージュです★

淡白な素材には端麗なお酒が合い、濃厚な料理にはコクのあるお酒がいかに合うか、改めて実感。いやー楽しいですねー♪

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(0) | TrackBack(0)

社長が奮闘しました!平目とボーモンシュナンブラン!

2009年06月11日 22時23分
ボーモンシュナンブランと平目尽くし!.jpg
昨夜は、ユキちゃん家から貰った、平目尽くしでした。青森の漁師のおじ様いつもご馳走様ですm(__)m
何に合わせようか悩んだ所、日本サッカーワールドカップ進出を記念して、南アフリカのボーモン・シュナンブランを開けてみました。
高級魚平目に対して、果たして1,480円とお安めのこのワインの相性はいかに!!!???

結果は平目のソテー(オリーブオイル焼)と★★★★★
平目のカルパッチョ ケーパーベリー乗せとも★★★★と言う結果に(^^♪

大変良かったですよ〜♪♪♪

ボーモン・シュナンブランは香り高くて味わいも優しく、程よい辛さとほのかな甘みを持った白ワインです。
喉越しも口当たりも良いので、淡白な平目とは抜群の相性!
通常、シュナンブラン種は、余韻にほろ苦さを感じるのですが、ボーモンのそれは、あまりほろ苦さを感じません。上品な平目とマッチしたのも良く分かります。

それにしても、ボーモンシリーズは、どれを飲んでも本当に旨い!
南アフリカのワイン侮れませんね〜(>_<)

南アフリカ行きたいな〜(^O^)/

ちなみに北田屋社長の奮闘シーンはこちら。。。
平目のさばき.jpg
慣れないながらも、頑張ってくれました。感謝ですm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

シャンパン会inレジーナ 直前情報!

2009.6.13シャンパン会.jpg

昨日、レジーナのシェフと料理の打ち合わせをしました。

アミューズは海老の旨味がつまったジュレ・ド・オマールと水牛のモッツァレラでスタートです♪

料理は色々な味を楽しめる様にプレートに盛り合わせます。
冷菜プレートは魚や野菜を使ったマリネやエスカベッシュ、カルパッチョでさっぱり!

温菜プレートは、魚のフリット、地鶏のフリカッセ、シェフの新作!『仔羊のコンフィ』さらにフォアグラのソテー。

メインは和牛の柔らかなロースト・ソースペリグーでガッチリ。

小腹が空いたら〆のパスタも出ます。

食後のデザートも検討中♪ 

今回も美味しいメニューが待っております!
(素材の入荷状況で変更する場合がございます)

残席は4名!まだ間に合いますので、ご連絡下さい!!
★ご参加申し込みは→メール又はお電話、店頭にて! 
115kitada@msh.biglobe.ne.jp
04-2922-0426(北田屋店長or幸宏まで)

日時:6/13(土) 19:30〜22:00 
場所:リストランテ・レジーナ
  所沢市小手指町3-11-2
  TEL04-2948-6263
 
会費:\10,000(ワイン・食事代込み)
定員:20名 
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| KITADAYAのおいしいワインが飲める店 | Comment(0) | TrackBack(0)

休日はのんびり。

2009年06月10日 21時15分
先日の日曜日は親友の結婚式に出席し、披露宴で樽酒をたらふく飲み二次会では赤ワインをひたすら飲み続け、半分記憶が途切れながらの帰宅。メタボ街道まっしぐらの幸宏です。

休みの日はサッパリランチにお出かけ♪
お気に入りの生醤油がある、坂戸の弓削田醤油さんの近く、と言うか真裏にあるお蕎麦屋さん「西天神」まで行ってきました。
そは?西天神.jpg
サッパリと言いながらも「海老のてんぷら」の文字にロックオン!
誘惑に勝てず、ガッツリ食べちゃいました。
あまりソバに詳しくないので語る事は出来ませんが、優しい味わいで甘味のあるおそばでした。麺つゆの味が、ダシが強くなく、醤油の香りとまろやかな甘味を感じました。おまけに付いてきた厚焼き卵も美味しかったです★天丼の汁はやや甘めでした。

ランチの後は、しぼりたて醤油をゲットしに醤油屋さんへ。
この日はまとめ買いの方が多かったのか、搾り待ちでした。

その後、加藤牧場のソフトクリームを食べ、サイボクハムに立ち寄り帰宅。
ここの所、日高方面の遊びが定番になりつつある幸宏ハウス。
ちびっ子がいたらなかなか遠くに行けないもんなー。

夜は贅沢に海の幸祭り★
義母の実家のお土産を分けていただきました!
いつもいつも感謝ですm(_ _)mこんなに買えないもんねー。
せっかくなので大吟醸を飲みたくなり、手頃で美味しい
■花垣 大吟醸無濾過原酒「たれくち」¥2,625 
たれくち.jpg
大吟醸の原酒だけあって、香りは抜群★すっごいフルーティでテンションが上がります!なんていったら良いか、メロンやマスカットみたいな芳香性が豊かです。味わいは原酒のわりに角がなくスムーズな口当たりで旨味がジワリ♪あー幸せ(^0^)
まずは、アンコウの味噌和えアンキモ入り。コレがめちゃくちゃ旨い!!!!表現できません。味付けは味噌とお酒だけみたいです。
殻付きのシャコは人生二回目。ちょっと食べづらいですが、旨味が詰まっていてウマイ!青森の銘産ホタテは甘くてぷりぷりでした!これに、弓削田搾りたて醤油をちょっとつけて食べれば最高です★
今回、大吟醸は香りが強すぎて、マリアージュ的にはピッタリとは行きませんでしたが、美味しい物同士でアドレナリンが出まくりでした。
毛ガニの甲羅に、大吟醸とカニ味噌を和えて軽く温めたものは「たれくち」に抜群に合いました!

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(4) | TrackBack(0)

おいしい赤ワインが揃ったので、ステーキを買って来ました。P.S.ル・ピュイ2005!

2009年06月09日 23時36分
ランプ肉のステーキと赤ワイン.jpg
今日は、都内で試飲会があったので、チラシ作成の合間を縫ってちょこっとお出かけしてきました。
久しぶりの都内でショッピングをしようと思ったのですが、ちょっとピンと来なかったので、地元所沢市狭山ヶ丘の有名肉店「肉匠もりやす」さんに足を伸ばしました。初めて行ったのですが、お客さんがひっきりなしに来る繁盛店でした。フレンチ・レストラン・ボヌールさんや、焼肉コリアさんの近所ですので、お肉好きの近隣のお客様は一度覗いて見ては如何でしょうか(^^?

今日は、ステーキで食べたいな〜?と言ったら、油が少ないならランプ肉。油こってりならイチボと言われ、ランプ肉をチョイスしました。
これが、柔らかかくて美味しかった〜(^^♪
お肉の焼き目を見ていただいてお判りの通り、ストウブのグリルパンで焼いてみました。
野菜を焼いてから、頂き物のシャコを焼いて、いよいよランプ肉。
弱火でゆっくり焼いたので大変時間がかかりました。
野菜も美味しく焼けたのですが、みんな痺れを切らしてちょっと大変だったかも。
当店は家族が多いので、この焼を実現する為には、もう一枚グリルパンが必要なようです。
トウモロコシは蒸してあったものですが、焼けた面と焼けてない面では全く甘みが違ったのにはびっくりでした。
コンロで出来るバーベキューといった感じですね♪

合わせたワインはイタリアで買って来たネッビオーロ・ダルバ(ぷらいすれす♪)
CH.オー・ヴェイラック 2001
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2005
バルバス・バリッカ・ティント(2280)

どのワインと合わせても大変美味しく、今日は全て★★★★★でした。
狙いを定めて食材とワインを揃えただけに、当然の結果と言えばそうなのですが、CH.オー・ヴェイラック 2001の、お肉を包み込むような美味しさ。
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2005の、肉だけではなく野菜とのマリアージュ。
ネッビオーロ・ダルバはバローロのセカンドワイン的存在。
バルバスは、スペインのトップクラス「ウニコ」と比べられる存在。
美味しい、ランプ肉とトップレヴェルの赤ワインは本当に間違いのない合性です。

2003年のル・ピュイ・バルテレミーを開けた時もランプ肉でした。
優しいワインなので、優しいお肉が良く合うようです。

お肉を制限している社長も思ったより良く食べていました(^^♪

おいしいワインと食材は、人の制限を外してしまう魅力がありますのでますので、気を付けないといけない所ですね(^_-)-☆

P.S.ル・ピュイ2005バルテレミーは開けて直ぐは2005年のBigヴィンテージを感じさせてくれる、完璧なバランス。まろやかで深い。2003年よりもヴォリューム感を感じます。
1−2時間立つとやや酸味が顔を覗かせ、まるでブルゴーニュのような味わいに変化します。
2日目には酸がやや強くなり、全体的に閉じた感じになります。
しかし、3日目、全体の味わいが一体となり、1つの完成されたワインに。深く、素朴で、森や大地、赤い果実を存分に感じ、自然の営みの中で深呼吸をしているまさに包まれる感じ。とても気持ちよいです。
4日目以降は香りがなくなってきますので、少々淋しくなりますが、それでもワインは美味しく飲めてこのワインの息の長さを証明してくれているようです。

今回は、デキャンタージュは試せませんでしたので、いつの日か試してみたいと思います。

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

カツオのコンロ焼とシーフードドリア!満月とオレンジ♪

2009年06月08日 23時04分
カツオのコンロ焼とシーフードドリア.jpg
先日の夕飯はチーズたっぷりシーフードドリアと、カツオのコンロ焼でした。
この日、社長の藁焼き鰹は登場しませんでしたが、コンロであぶったカツオでも十分美味しかったです。本当に旬の食材は旨いです(^^♪

合わせたワインは、ペノティエール ロランジェリー シャルドネ(1480)
カツオとこのワインは大変相性が良かったです。ただし、チビチビ飲んじゃ駄目!グビグビっと合わせるのが良いようです。★★★★★を難なくGet!
厚切りのカツオをガブガブっと頬張って、良く冷えたペノティエシャルドネをグビグビっと飲む。口の中が爽やかになって、本当に美味しい!!
このシャルドネのラベルにはオレンジの樹が描かれているのがとても印象的です。
ペノティエール家は元々貴族の家系。ムートンロートシルトで醸造を担当していたムッシュ・ソーヴさんが手掛けるワインは本当にバランスがとれた素晴らしい物ばかり。
特にペノティエ・ル・トリュフエスプリ・ド・ペノティエは、ボルドーの特級と同じか、それ以上の品質。すごーく濃い赤です。

さて、マリアージュに戻って、この日突然飲みたくなった、コトー・デュ・ラングドックのボート・レイ プレーヌ・リュンヌは、南フランスの山奥で自然派ワインを作り続ける蔵元です。
シラー種100%で作り上げられたワインなのに、シラー種特有のシダ系植物の香りは少なく、土やアジアのスパイス、ドライフルーツや八角、赤い果実等、様々な香りの入り混じる、エキゾチックで魅惑的なワインです。満足なコクと旨みが身上!!

ニンジンのたっぷり入ったシーフード☆ドリアと★★★★★のパーフェクトなマリアージュ!
今日のシーフードはホタテやイカでしたので、あまり生臭くなかったのも良いみたいで、ニンジンご飯が絶妙。更に、たっぷりのチーズが全体をまとめ、この自然派南仏赤ワインのたっぷりとした旨みが最高に楽しめました。

カツオとのマリアージュは★★★★にとどまりましたが、シラーでここまで合ってくれれば大した物です。

この、プレーヌ・リュンヌとは「満月の夜」という意味だそうです。月を見ながら暗闇で飲みたくなる様なラベルですが、残念ながらこの日が満月だったかどうか覚えていない店長でした。



Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

球寿しさんのお寿司と偉大な白ワイン。偉大な赤ワイン。

2009年06月07日 15時19分
昨日、店頭でル・ピュイ2005バルテレミーが開きました。
お・・・おお・・・お・・・!
香りが良い!森を感じる。そんな声が店内に響き渡りました。
やっぱり、まろやかで旨かったです!

今日はやや酸を感じるのですが、これが又良いアクセントとなって、まさにブルゴーニュの良いワインを飲んでいるような感覚。
香りで全身が包まれ、本当に癒されます。
今日は、お肉を感じる!と言う意見もありました。本当に興味深いワインで、毎日飲みたくなります。
でも、それはかなわぬ夢ですね〜(>_<)でも、たまの贅沢には良いのでは..!?
球寿しと偉大な白ワイン!.jpg
昨日は、家族の誕生日がありましたので、球寿しさんのお寿司を出前してもらいました。
左から、
ペノティエール・シャルドネ(1480)
コレクション・プレジール・デュ・ペール・ギヨ ヴィオニエ(1880)
○オー・コート・ド・ボーヌ・ブラン パトリック・ペストル(2980)
ラポーラ 2006 白 ドミニオ・ド・ビベイ(4980)
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2005(15800)
と、良いワインが並びました。

お寿司は種類も多いので今日は★★★★以上をご紹介します。
マグロ、キュウリ、シソ、沢庵、ゴマ等が入った海苔巻きには、ペール・ギヨのヴィオニエ★★★★★それとマグロとも、★★★★★でした。
ギヨのヴィオニエは本当にお魚に強いです。何にでも良く合います。そして、この価格でヴィオニエが飲めるのは本当に嬉しい限り(^^♪

右に写っているコロッケとひな鳥の唐揚げは所沢にあるお肉屋さん内田屋さんで買ってきて貰ったお土産品。
ひな鳥の唐揚げとペノティエ・シャルドネは、★★★★★
マグロともなかなか良くて★★★★☆安くて、美味しいお買い得ワインです。
さすがにこの日はお腹いっぱいで、コロッケと鳥肉は食べきれませんでした(>_<)

そして、大注目のラポーラ 2006 白 ドミニオ・ド・ビベイはカニと★★★★★
思った通りの良い相性。
そして、予想だにしないしなかった相性はマグロ!球寿しさんのマグロは天然本マグロ。との事ですので、やはり偉大な白ワインと、偉大な本マグロの相性は★★★★★★★の、ヒョエー!!!っと言うほどの素晴らしいマリアージュ。浮き立つようなラポーラの香りが、マグロの上品な脂身と出会い、最高の一時を演出してくれました。
いやー、驚くほど美味しかったな〜!!

そして、メルロー主体で作られるル・ピュイ2005バルテレミーですが、全く、合わないと思いながらも、60ml買わして頂き、早速マリアージュ。
超意外なところでイクラぴかぴか(新しい)イクラと赤ワインが嫌じゃなかったのを初めて体感しました。★★★★☆完璧ではありませんが、ル・ピュイがイクラを包み込んだ感じ。

マグロとも★★★★☆凄いぞ、ルピュイ!まさにメルローの枠を超えたファンタジスタなワインでした。

しかし社長の作ったカブと合わせると、落ち着く感じが。。。
やっぱりル・ピュイは、自然な野菜と牛肉と合わせるのが良いようです。

ストウブ料理デビュー!!そして、ル・ピュイが旨かった〜!!記事の
ストウブランプ肉とル・ピュイ.jpg
あの組み合わせをもう一度体験してみたくなった店長でした。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

ユキちゃんがラジオに!

2009年06月06日 21時27分
店長が、店頭でルピュイを飲んでいる頃・・・

FMチャッヒ?ー.jpg
地元の放送局FM茶笛(チャッピー)77.7MHzの夕方の番組「くらし経済熟」の企業出演コーナーで生出演して来ました!

前半は酒屋に就職する迄の事や仕事に対する事などで、人生経験(とっても少ないですが)を語って参りました。

後半はしっかり北田屋の宣伝もさせて頂き、ホッと一息。
初めてのラジオ出演20分だけですが、楽しい時間を頂きました。

パーソナリティーの安田佳代さん、ありがとうございました。

ラジオ聞いてくれたかなぁー?(因に北田屋は電波が入りません)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| メディア・リリース | Comment(0) | TrackBack(0)