今日は

2009年03月31日 23時25分
鯛めしとシャンパン.jpg
今日は鯛めし!それも、ストウブ鍋で作ってもらいました。
秘蔵のシャンパンをオープンして、いざマリアージュ!
ル・ピュイ1996年は有料試飲の残り60mlを買い取りました。
数日経ってもまだまだ生き生きと美味しくて、本当に楽しむ事が出来ました。

頒布会Bコースのストーン・ヘッジ・ソーヴィニヨン・ブランも全体的に良く合いました。

それにしても、鯛めしとシャンパンは良く合いますね〜。

若干水分が多かったのですが、美味しい鯛めしとなりました。
ご飯は出汁で炊いて、焼いた鯛を乗せ、三つ葉と白胡麻で味付け。
結構簡単で、豪華に見える美味しい料理です。
鯛めし.jpg
最初に作った牛肉料理は店長でしたが、最近の料理は料理番さゆちゃんが作っています。
ストウブ料理も日々料理をしている人には全然かなわないようです(><)
大根の煮付けも、ストウブで煮たそうなのですが、味が本当にしみしみでした♪

P.S.4/17金曜日にワイン会を久しぶりに開催予定です。神の雫に登場した素晴らしいワインを中心に只今思案中!
場所はレジーナさんになると思います。近日発表いたします。お楽しみに♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(1)

祝店舗改装1周年!ムーラン・オーラロックお味見できます!

2009年03月30日 12時17分
ムーラン・オーラロックとマンチェゴ.jpg
お陰さまで、昨日店舗改装1周年を迎えることが出来ました!!
ここまで辿り着けたのもkitadayaを支えてくださる皆様のお陰です。本当に本当に有難うございますm(__)m

シャトー・ル・ピュイ2003年バルテレミーが有料試飲で大好評でしたので、神の雫つながりという事でシャトー・ムーラン・オーラロック2006年も開けてしまいました♪♪♪
シャトー・ル・ピュイ1996年もまだ少し残っていますよー!!

ル・ピュイは本当に大地の香りや、森の香り、そして包み込まれるようなコク、旨みを持っていました。更にブルゴーニュワインのようなエレガントさも兼ね備えたワイン。
2003年はふくよか!1996年は飲めば飲むほどに出てくる奥深さがありました。

一方、このシャトー・ムーラン・オーラロックはまさに紳士!
エレガントで気品がありそしてパワフルです。
1本十数万円のペトリュースと「ワイン誌ヴィヌム」で同等の評価というのもうなずけます!!
本日は2日目でワインがより開いていると思います!大輪の風車の味わいを是非!!
これは、本当に取って置きたいワインです。今飲んでも美味しいし、10-20年後にも素晴らしい顔を覗かせてくれる事でしょう!

親戚からスペインのお土産でもらったマンチェゴと★★★★★のナイスマリアージュ!美味しかったでーす(^^)
店頭では、フランスのチーズ「ボーフォール」の味見が出来ますよ〜!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

春にピッタリ白ワイン♪

2009年03月29日 19時25分
3月の頒布会で購入した辛口白ワイン。
ストーンヘッジ ソービニヨン・ブラン
カリフォルニアのとっても爽やかな白ワインです♪柑橘系の果物や青リンゴを思わせる香りはまさしくソービニヨンブラン!グラッシーな香りは少なめでした。程よい果実味があり、とっても飲み易い(^^)これはスイスイ飲めます。
ストーンヘッジSB.jpg
生ハムのサラダやクリームソースのパスタにぴったり合います★
近頃お気に入りの焼きカボチャ&焼きれんこんチップス。シンプルですがサクッとしていて美味しいです。ワインやお酒にピッタリです。美味しくてヘルシー♪
ローストビーフはイマイチでした。やはり赤ワインかもっと濃いめの白じゃないと、お肉の味に負けちゃいますね。

この白ワインもお花見のお供に良いですね!春にピッタリです。
配達中、お花見をしている団体を発見。大人数で飲むのは楽しいですよねー(^_^)花見やりたいな−。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(0) | TrackBack(0)

ストウブ料理第2弾!豚とレゾリューのマリアージュ!

ストウブ豚肉.jpg
ストウブ料理第2弾は豚の肩ロースのグリル!
レシピ通りに、ニンニクを擦りこみ、塩コショウをして、全面をロースト!その後弱火にして蓋をし、15分。火を止めて10分置くというレシピ。
でも、実際はもう少し長めに焼いたそうです。写真は温め直している所。

ストウブ料理豚のロースト.jpg
出来たお肉はこんな感じ!!
食感はフワフワ!少しハムのようでもありました。
その、柔らか豚肉とワインの相性は!!
シャトー・レゾリュー・白ラベル1,480円!!
これがとーってもGoooooooooooood!★★★★☆のマリアージュ!!
豚ちゃんを食べながら、このレゾリューを飲むとぴったり合ってフランス料理のソース代わりになってくれているようです。
レゾリュー 白ラベル赤ラベルのセカンドワイン!
上の赤ラベルは樽熟成を施して、樽の香りが付いていますが、こちらは、樽熟成をしていません。
若干、やや軽めに仕上がっているのが特長です!!渋味も弱いので、赤ワインをこれから飲んでみよう!という方にも、毎日飲みたいので、あまり重過ぎない赤の方が、、、という方にもおすすめできるリーズナブルで美味しいワインです!!

お隣のラフィット・テストン・ルフレ・デュ・テロワール★★★★の相性!!
マディランというフランス・ボルドーの南西に広がる産地「南西地方」で作られた赤ワイン。あのトム・クルーズが大好きなワイン産地です。
この、ルフレ・デュ・テロワールラフィット・テストン・ヴィエイユ・ヴィーニュというワインのセカンドワインです。
まさに今日はセカンド対決でした!
マディランは、本当は牛やフォアグラ等に合うワインなのですが、ルフレ・デュ・テロワールは大変優しい渋さなので、この豚ちゃんにも良く合ったようです。

端っこに写っているシャブリは店頭特売用のシャブリ!
まろやかな味わいで、シャブリの特長であるキリリとした酸味や辛さはあまり感じられず、むしろブルゴーニュ南のワインのようです。飲みやすいですね〜。
こちらは、副菜のじゃことカブの葉っぱの和え物と★★★★☆のマリアージュ。野菜炒めや、厚揚げにも良かったですよー!

ストウブ料理は少しプロの味わいに近くなる気がします。
あの、鍋の重さがポイントですね〜!!
ポール・ボキューズ大巨匠のお言葉
「私の料理の秘訣がひとつしか
      なかったとしたら、
         それはこの美しい道具だろう」

うーん、嘘ではなさそうです。
一生ものですから決して高くはないと思います。
ただし、急激な温度変化には気をつけましょう!
熱々の鍋に冷たい水を掛けると割れちゃうそうですよ〜!
急加熱も駄目らしいです。気をつけなければ(><)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

華やか!桜色ラベルの川越地酒。

2009年03月28日 18時50分
寒の戻りで小手指のしだれ桜まだまだ見頃にはなっていませんが、ところどころ咲き始めました。桜のトンネルが待ち遠しいです(^^)

川越の鏡山さんが限定品を持って来てくれました!
ラベルがピンク色でとっても可愛いんです♪味も見た目もこだわっています!そういえばピンクは今年のラッキーカラーでしたね(Dr.コパさん情報)良い事あるかも(^_^)
鏡山雄町.jpg
■鏡山“備前雄町”純米無濾過原酒
このお酒は今年特別に仕込んだ一本です!18号酵母で仕込んだ、とってもフルーティな香りのするお酒です♪サンプルを味見した時、香りの良さに「おッ、いいねー♪この大吟醸」と、言っしまった程の華やかさ。純米ランクとは思えないすばらしい出来に即注文!
夜のお楽しみ開けてみましたが、やはり香りが華やかです!オクサマも開けた瞬間に目を輝かせていました(●⌒∇⌒●)
タコのお刺身は合いそうでしたがイマイチ、お酒とからまりません。
春巻きと豚肉の入った野菜炒め、焼きカボチャにはバッチリ♪
吟醸系の香りが、淡白なお刺身よりもお肉の脂などに合うのでは。
カボチャはただ焼いただけですが、カボチャの甘味が日本酒とばっちり合います。
洋食系にあう純米原酒。18度の原酒なのにとってもなめらか!舌触りもすばらしく、飲み過ぎてしまいます♪
蔵元は既に売り切きれとのコトです。酒屋さんで取り合いの様です

そういえば、川越が舞台になっているドラマが始まりますねー。
鏡山さんは出るかなぁー?!見なくちゃ!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(1) | TrackBack(1)

ピッツァと合うのは、白ワイン?ロゼワイン?それとも。。。

2009年03月27日 23時30分
ピッツァとトリヴォリタヴェルロゼ.jpg
とある火曜日の昼食!
ピザ工房Hさんに作ってもらったピザ生地があるのを思い出し、当店で販売している美味しいアンチョビ、フレッシュのモッツァレラ、エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルをたっぷり使った、カブの葉っぱのピッツァを作ってみました。
この日のピザ生地にはKitadayaで仕入れたイタリア産デュラム・セモリナを使用してもらいました。
すっごくサラサラで、見るからに美味しそうな粉でした。
バジルは、ドロゲリア社の乾燥バジルを使用。
さて、出来栄えは。。。今までで、一番イタリアっぽい感じ!
イタリア素材が入るとグーっとイタリアに近づきます。

ワインは、トリヴォリ・フリッツァンテ・タッキーノのシュワシュワっとした感じでグビリ♪
この白は本当に美味しいです。グビグビ行けてちょっと危険ですが、心地良い味!!これからお花見の季節にピッタリですね(^^♪
相性は★★★★と、まずまずの相性。

店頭で人気のポセナート・ソアベは★★★☆位の相性でした。
この白は、程よく酸が乗っているので、マリネとか、レモンを掛けた魚介とかの方が合いそうです。

そして、この日最も良く合ったのが、マビィのタヴェル・ロゼ・プリマドンナ
見事★★★★★の相性!!
ちょうど開けてから数日経ったこのロゼは、ワイン中に含まれる微炭酸が抜けて、程よく甘く、そしてふくよか。なのに、すっきり!!
オリーブオイルの甘さや、生地の甘さ、素材の優しさに本当に良く合いました。

最近、有機栽培で、酸化防止剤を極力減らしている生産者のワインには、発酵中に出た炭酸ガスをワインにあえて残し、酸化防止剤の代わりにしているワインが多く見られます。

当店のワイン会常連のお客様ならご存知の方も多いのですが、そういったワインに出会ったら、デキャンタするか、コルクを良く閉めて、ワインの瓶をジャボジャボ振って見て下さい!!
コルクを抜くとプシュッと音がして、その時には既にワインが目覚めて、丸くなっています。
でも、数日掛けて飲まれる方は、振ってしまうとワインが目覚めた後酸化して行きますので、オススメはしません。
パーティーや、ワイン会や食事会で、その日のうちに飲んでしまいたい時に大変オススメです!!

この方法を初めて知ったのは、ワイナリーにお邪魔したとき、生産者が、若い赤ワインを、思いっきりシェイクして味見させてもらったのを見たのがきっかけでした。

日本を代表するマキシヴァンの佐藤陽一ソムリエもこの方法をオススメしていますので、是非一度お試し下さいませ(^^)

でも、古いワインには絶対やらないで下さいね♪
ワインがすぐに酸化する可能性があるのと、澱が舞ってしまい、逆に飲み辛くなると思いますm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

本日の無料試飲!ル・ピュイの有料試飲!

ル・ピュイ有料試飲.jpg
昨日、店頭の店頭試飲で、ル・ピュイ2003バルテレミーをお飲み頂いていた所、勢い余って1996年も開けてしまいました!!
有料試飲ですが、またとないチャンスです!お近くの方は是非お味見にお越し下さい♪
30ml単位で販売中です!!96年は380円、03年は670円でーす。

本日の試飲2009.3.27jpg.jpg
勿論、無料試飲も毎日開催中!!
新しい、頒布会のワインが、色々開いておりますよー!!
今日は良いお天気です!!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(1) | TrackBack(0)

タウラージはやっぱり旨かった〜!!

2009年03月26日 23時02分
国産黒毛和牛半額!.jpg
今日は牛肉のサーロイン・ステーキ!!
タウラージ テヌータ・ポンテ1999が、ランプ肉と合わなかったので、改めて仕切り直し。
という事で、国産黒毛和牛半額と合わせてみました。
そしたら、見事マリアージュ!!★★★★★
牛といっても部位が色々あるので、どこと合わせるかも重要ですね〜。改めて実感しました。

タラブーソ2004年もさすがにボルドースタイルのイタリアワイン!
やはり★★★★★の高評価!!

カノン・ラフォレ
ラフィット・テストン・ルフレ・デュ・テロワール
Z52ジンファンデル
★★★★でしたが、上2つがなければもう半ポイント上がったはず!!

サーロインは焼くだけで良いので簡単ですね〜。

ストウブで作ったランプ肉は今日の昼間スタッフのみんなに食べてもらいましたが、なかなか好評でした。
野菜の甘みと旨みが出るのが良いですね。

ストウブ鍋はお取りよせとなりますが、kitadaya店頭で20%OFFで販売中!お気軽にお声掛け下さいね〜!!
レストラン様の大量注文ならもう少し頑張りますよー!!

う〜ん、レイニャックがあったら、サーロインもっと華やかだったな〜!!
残念(><)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

神の雫コラムにレイニャック2005年登場!!

レイニャク2005年神の雫に登場!.jpg
当店の人気ワイン、レイニャックが神の雫コラムに登場しました!!

フランス編の第4回に「目標は五大シャトーの一角。野望を旨に真摯にワインを作る。」の会で紹介されました。
ヴァテローさんの事をジェントルマンで、あの開発のスペシャリストだけに「ブドウ畑のエジソン」とナイスなコメント付き!!
本当にワイン業界に様々なアイデアをプレゼントしてくれたエジソンなのです。
今世界中のワイナリーで樽の中の折を攪拌する作業「バトナージュ」を簡単にしてくれた樽用ワインラックは、ヴァテローさんの考案。世界中の新進気鋭のワイナリーに取り入れられています。
絵の中では、バルテュス用の樽の攪拌装置が描かれていました。

そして「シャトーで飲んだこの1本」には、レイニャックの2005年が紹介されていました。
シャトー・マルゴーとのブラインド・テイスティングを行い、甲乙つけがたい味わいと評価!!

実際、店長もオーブリオンとブラインド・テイスティングさせてもらい、レイニャックが圧倒的に美味しかった事を覚えています!!
7―10万円の高級ワインに匹敵してしまうレイニャック!!
これは、買わなきゃ損の凄いワインです!!

以前から出し惜しみしておりましたレイニャックのファミリーのお写真をここでご紹介!
ヴァテローさんファミリー.jpg
真ん中がイヴ・ヴァテローさん。
手前左が息子のバルタザール君。あのバルテュスの名前の由来になった男の子です。
手前右が奥様のステファニー・ヴァテローさん。超美人で、セレブのオーラがバリバリ出ています。
左奥がお嬢様のエネミーちゃん。昔シャトーで逢ったときは、本当に小さな女の子だったのに、もうこんなに大きくなりました。

写真はヴァテローさんにご招待してもらった、パリのレストラン「コスト」にて。

何はともあれレイニャック紙面登場で嬉しい限りです!!
まだ、お飲みになった事のないお客様!凄い美味しいですから、だまされたと思って是非一度お試し下さいませ(^^)

コラムにちょっとミスプリがあったかも???
セカンドワインの価格が〜〜〜。。。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(3) | TrackBack(0)

ストウブ料理デビュー!!そして、ル・ピュイが旨かった〜!!

2009年03月25日 22時57分
ストウブ下準備.jpg
いよいよ、待ちに待ったストウブ料理デビューの日がやって参りました〜(^^)
卸したてのストウブに脂を馴染ませてから、いざ料理スタート!!
お肉はミツミネさんと相談して、ランプ肉に決定。食べきれない量ですが、ストウブ鍋のサイズ29cmにカットしてもらいました。
重さは1.2kgの塊りです。
各種野菜も揃えて準備OK!
オリーブオイルを敷いた鍋の中にランプ肉を投入!!全面がキツネ色になるくらい焼いて、火の通りづらそうな野菜を下にして、全ての野菜を投入。上に最後に乗せたのはセロリの葉っぱです。

その後、フタをして、150℃のオーブンで45分蒸し焼きに!!
その間お風呂に入っている所へ、料理番さゆちゃんが、野菜が少し干からびてきたよとの報告が(-_-;)
仕方ない、レシピどおり白ワインを入れることに承諾。

うーん、ロースト風に仕上げたかったんだけどな〜(^_^;)
1時間後出来上がったお肉はこんな感じに。。。
ストウブランプ肉の煮込み.jpg
ほとんど、煮込み料理となってしまいました。
試しに串を刺してみたところ、中から赤いお汁がジワーッと。。。
お肉をひっくり返して、もう一度今度は240℃のオーブンで9分間加熱。
見事なランプ肉の煮込みが完成しました!!
当然、急いで調理したのでお肉の中身はロゼ色にはなりませんでした。やはり、熱した後に休ませれば良かったですね〜。
でも失敗は成功の元。ビギナーズラックとは行きませんでしたが、味は絶品!!特に肉の旨みが溶け出したスープが旨かったです。野菜も歯ごたえがしっかりあって、社長からおかわりの要望が(^^)
昼間いっぱい食べたからお腹すいていない、という両親もお肉野菜とも完食!
レストランでは出せない恥ずかしい出来栄えでしたが、家庭的で良かったかな〜と自分を慰めるのでした(~_~)

ストウブランプ肉とル・ピュイ.jpg
さて、この日はお店で開いているワインを総動員!そして、前から開けてみたかった、シャトー ル・ピュイ 2003年 バルテレミーを華々しくオープン!!
どうしても、社長に飲ませたかったので、でかいリーデルのボルドーグラスは社長に譲りました。

ボルドーグラスの他にINAOのテイスティンググラス、ブルゴーニュ型のグラス、普通のグラスと用意しましたが、やはりボルドーワインには、ボルドーグラスですね!!
個人的にはいつも使っているテイスティング・グラスも悪くないようでした。

ル・ピュイやはり旨いですね〜!!
家族全員がおーーーーっ!!!状態でした。
ドラマに出てきた400年の畑が目の前に現れました。
深くて、濃くて、優しい。そして2003年という猛暑の年にもかかわらず、しっかりとした酸を持っていて、甘すぎず、バランスが最高!!
他のヴィンテージも試したくなりました。
今日、残っていたル・ピュイをユキちゃんも飲みましたが、「うぉーーー!!これは、ロマネ・コンティーにも通づるねー」と大喜び!!
確かに、ロマネコンティーのオーナーもおすすめなのは間違いありません。
今日の料理は野菜と肉の旨みだけのシンプル料理。
その為、この優しい味のル・ピュイとは誰がなんと言おうと★★★★★★★★★★をあげたいです。
ここに、プリューレロックが来たら又面白かったんだけどな〜(^^)

この日は★★★★★も沢山ありました。
先ずは、バローロ・ブッシア・レゼルヴァ1998 ジャコモ・フェノッキオ!!
そして、ディファット モンフェラート タッキーノ
意外な所で、カリフォルニアのZ52ジンファンデル

★★★★☆は、、、
ボルドーのシャトー・カノン・ラフォレ リュサック・サンテミリオン

タラブーソ2004年

★★★★
レイニャック・キュベ・スペシャル 2001年

ポルトガルのジンブロ

残念ながら合わなかったのは、1999タウラージでした。
タウラージは、もっと攻撃的な肉のほうが良さそうです。
例えば、猪や、鴨、赤身のもっと強い部分。

今日のランプ肉は牛のお尻ですので、肉自体が柔らかいんですねー。

レイニャックや、タラブーソに関しては、とてもワイン自体が美味しいので、こちらはやはりサーロインステーキの方が合うことでしょう!!

それにしても、昨日は、ストウブ買って、お肉買って、ル・ピュイを飲んで、大金を使いました。が、なんだか痛くないのが不思議な感じです。
美味しい物の誘惑には勝てませんね〜!!

ミツミネさんで、ハチの巣(牛の胃袋の1つ)も買いましたので、今度はトリッパにも挑戦してみまーす!!
成功すれば、リーズナブルで美味しいはずです!!

失敗したらブログには登場しないかも知れませんので、悪しからずm(__)m

頒布会の準備が出来ています。是非頒布会会員の皆様。店頭でお待ちいたしております。
そして、新規会員様も募集中です。

ル・ピュイ2003年は店頭で有料試飲も検討中です。
400年無農薬の畑の味を体験しませんか???

<追記 3/26 16:09>
シャトー ル・ピュイ 1996も開けちゃいました!只今、店頭有料試飲開催中です♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(3)

エミリオプリモとディファットと餃子。

2009年03月24日 22時55分
餃子とエミリオプリモ.jpg

先日の食事は手作り餃子!!ブログを書き始めて思う事は、北田屋の食事には、餃子と、羊、唐揚げが良く出てきます。
今日の餃子は牛と豚の合い挽き肉のこくあり餃子!!味は、毎回微妙に違います。
早速色々なワインと合わせてみました。

最も良く合ったのは、ディファット・タッキーノ!!
★★★★★のマリアージュ!!
爽やかな酸と口当たりの良いまろやかなコクが、手作り餃子と大変良く合いました。
ディファットは、熱烈なファンが只今急増中です!!

そして、人気のエミリオ・プリモ 赤★★★★
素朴でコクのある素朴な味わいが、手作り餃子とかなりの相性でした。

そして結構気に入ったのが、Z52ジンファンデル。
★★★★☆これが中々良かったです。
Z52ジンファンデルは、今月の頒布会に入ります。
上のクラスはこちらです。。

そういえば、先ほどル・ピュイ2003バルテレミーを開けました。
驚くほど美味しかったですよ〜(^O^)/
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

神の雫飲みたーい!!ル・ピュイが陳列されました。

2009年03月23日 19時13分
ル・ピュイ陳列.jpg
飲みたーい!!今どうしても飲みたいです〜!!
シャトー・ル・ピュイ2003年バルテレミー
シャトー・ル・ピュイ2004年
シャトー・ル・ピュイ1996年
2003年は神の雫の上のクラスだし、2004年はボルドーのお買い得ヴィンテージだし、1996年は当たり年の上、熟成したル・ピュイだし。。。
うーん全部飲みたくなってきた(><)

只今、頒布会資料作成中!!
明日は火曜日で定休日です。

新規会員様も募集中!!
今月は、タウラージ1999ストーンヘッジZ52ジンファンデル
甘口はウイリィーハッグですよー。

マリアージュブログも頑張って書きまーす。
店長
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

カルボナーラうどん&生原酒が旨い。

2009年03月22日 17時09分
小手指のしだれ桜は、赤いつぼみが目立つ様になり、来週末に咲きそうな気配です。自転車通勤の楽しみの一つです。

昨夜食べれなかった湯葉を肴に、朝懸けの酒二日目。
湯葉ってシンプルな味ですよね。きっと子供の頃は味気なくて、そんなに好きになれなかったと思います。
醤油は控えめで、むしろ付けずにわさびで食べました。豆の香りとわさびの香りが口の中で広がり美味。お酒にもぴったり♪
カジキマグロの味噌漬けにも合いました!
そして、右上に移っているのが「カルボナーラうどん」これが旨かった(^o^)/店長の即席「そばのブルーチーズ風味」を見たオクサマが、よーし!と、以前から作ってみたかったカルボうどんを披露♪
生クリームと半熟の卵、ベーコンのダシがうどんに絡まり、絶妙なお味に仕上がりました★コクのある朝懸けの酒にもピッタリです!
朝懸けの酒ゆば.jpg
店長、次は「ボンゴレビアンコそば」とかどうですか(笑)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

牛肉とゴボウの煮物!どのワインも美味しかった〜!

2009年03月21日 22時36分
牛肉とゴボウの煮物どのワインも美味しかった〜!.jpg
牛肉とゴボウの煮物が夕飯です。
店長は卵に付けて頂きました。
お隣に写っているパンはお客様K様よりの頂き物。
いつも誠に有難うございますm(__)m

パンの上に牛肉ゴボウを乗せたり、社長の野菜を乗せたりして美味しく頂きました。

合わせたワインは左から
シャトー・カノン・ラフォレ リュサック・サンテミリオン2,380円
・このワインは大地の香りと、果実の香りが大変素晴らしく、コク、旨み、まろやかさがあり、本当に美味しいワインです。
まさにボルドー右岸の代表的な味わい。ペトリュースで醸造を長くしていたセドリック・ミオ氏のおじい様の往年の技が伺えます。

エミリオ・プリモ・赤2,880円
・明るく、果実味豊かで、コクがあります。イタリアの有名ワイン、サッシカイアのお隣で作られるワイン。本当にバランスが良くて、上品で、女性に大変人気があります。蔵元がお洒落なので、そのセンスもワインに伝わるのでしょうか?
余談ですが、ここの土地代は銀座並みに高いそうです!!

バローロ・ブッシア・リゼルヴァ1998 ジャコモ・フェノッキオ10,500円
・10年以上熟成したバローロはシルキーで、果実味豊か、ブランデーのような余韻もあります。開けてすぐよりも数日経った方が美味しくなるのは、バローロが長期熟成に耐えられる証拠。しなやかなボディーに魅了されました。バローロの最高区画で作られるワインは本当に素晴らしい!開いたその味わいは、まるでブルゴーニュのようです。生産者曰くデキャンタはしないでね!!との事。最高の味わいにするなら、数日待ちましょう!!

タラブーソ2004年6,980円
・これは、本当にパワーが凄いですね〜!!樽の香り、カシスの香り、甘くふくよかで黒い果実を口いっぱいに頬張ったかのよう!!サッシカイアが霞んでしまうのもうなずけます。エミリオ・プリモの上のクラスです。これぞ新世代のスーパータスカンです。

料理が家庭的なので、エミリオプリモとカノンラフォレが良かったと思いますが、ステーキならバローロとタラブーソですね〜。

そういえば風邪はネギを毎日焼いて食べたので、あまりひどくならずにすみました(^^)ネギのパワーは凄いですね〜!!

Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(1)

今年も上出来♪朝懸けの酒★

澤乃井さんが毎年企画する、朝懸けの酒。
「3月20日の朝に搾ったお酒を、その日に飲もう!」と言うプチ・イベント。
自分でも買って帰り、晩酌をしましょう♪
澤乃井朝懸けの酒09.jpg
と、オクサマに見せたところ「今日は和食じゃないわよ」
おーっとユキちゃんの連絡ミスででした(> <)が、洋食に日本酒も面白い!さっそく飲んでみました★
今年の「朝懸け」は香りがとってもフルーティー♪みずみずしい梨やぶどうの香りが新鮮です!さすがは搾りたて!!
味も香りと同じくフルーティで爽やかな甘味が広がり、原酒ならではのジワリとくる旨味が最高(^0^)/
そこへ、チキンのトマト煮込みを合わせてみたところ、旨い!!
お酒が強いのかと思いきや、トマトソースの旨味と絡み絶妙♪お酒の度数が19度と言う事を忘れてしまうほど、飲めてしまいます。
ペンネはおつまみに最高です!お酒の香りや味を楽しめるサイドメニューにピッタリ★イタリアンにもあうんですねー(^_^)

今年は営業さんに無理を言って、澤乃井の生湯葉を仕入れさせてもらいました。さーて食べようかな、と開けたところ、冷凍庫にしまっていたためカチンコチン。せっかく合わせてみようと思ったのですがあえなく失敗。。次回へ持ち越しです。

企画に参加していただいた皆様、感謝です。

ちなみに、在庫は720MLがあと3本です!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

ブルーチーズとレイニャック2001年!

レイニャックとブルーチーズ蕎麦.jpg
今日は蕎麦だよー!と聞いて、ふと思ったのが、ブルーチーズを入れてパスタ風にしてみようかな?
よーし、レッツチャレンジ!
半生の水沢風蕎麦(市販)を数分ゆでて、蕎麦をこぼさないように、ゆで汁を捨て、そこへブルーチーズと牛乳、ニンニク、オリーブオイル、塩、コショウを投入して程よくとろとろになるまで過熱。
まさに和の素材「蕎麦」がイタリアンに生まれ変わりました。
でも、ブルーチーズはフルムダンベールを使用したので、フランス風ともいえます(~_~;)

どうしても飲みたかった神の雫登場レイニャック2001年キュベ・スペシャルを開けて見ました。
久しぶりのレイニャック!2001年のハーフサイズと言えどもやっぱり濃いですね〜!!
そして、旨いですね〜!!
漫画の中でみやびちゃんが感動しているのも良くわかります。
高級感ある、樽の香りがして、そしてまろやかでコクがあります。

ハーフサイズで1,980円ですが、倍してもおかしくない味わい!!
本当に美味しいワインです♪
うーん、毎日飲みたいなー!(^^)!

即興で作ったわりに大変美味しくて、レイニャックとの相性も★★★★★のベストマリアージュ!
写真に写っている鴨の燻製にもなかなか良かったです。

常連のお客様、初めてレイニャックを知ったお客様!
レイニャックは驚くべき高品質です!
本当に美味しいので是非一度お試し下さい♪

レイニャックコーナーはこちら

あまりの人気でなくなってしまわないように要チェックですよ〜!!

注)神の雫ではシャトー・ド・レイニャック2001年と紹介されていますが、北田屋ではレイニャック・キュベ・スペシャル2001年です!!
シャトー・ド・レイニャックは本当はセカンドラベルを指します。
お間違いのないように宜しくお願い申し上げますm(__)m
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

宇宙のお酒。

2009年03月20日 21時10分
若田光一さんが乗るスペースシャトル・ディスカバリー、無事打ち上げ成功!国際宇宙ステーションとドッキング、いよいよ任務開始ですね。頑張れー!
飛行機が空を飛ぶのも凄いですが、乗り物が宇宙にまで行ってしまうなんて凄いですよね。さらに宇宙で生活しちゃっているんですからもうビックリ。
お風呂とかどうなっているんだろうな?とか、シャンパン開けたらどうなっちゃうのかな?ワインのデキャンはできるのか?
と、相変わらず飲ん兵衛的な疑問が浮かびます。

北田屋ではこれまたビックリなお酒が、明日3/21発売です!!
土佐宇宙酒.jpg
その名も「土佐宇宙酒
2005年に打ち上げられたロケットに、日本酒酵母と酒米を国際宇宙ステーションに滞在。宇宙で増殖した「宇宙酵母」と、一緒に搭載したお米を持ち帰り、発芽させて三年かけて作付けを増やし、2008年遂に「宇宙米」を収穫。そして2009年、宇宙酵母と宇宙米を使用したお酒「宇宙酒」が完成!

作っているのは高知県の酒蔵「司牡丹酒造

誰が思いついたのか、壮大な企画ですねー。驚きです!
こんなお酒が出来るとは坂本龍馬もビックリぜよ。

宇宙酒は今年で4年目、中身は純米吟醸です。
例年だと爽やかな果実の香りと、スッキリした喉越しのやや辛口。
そして、宙に浮く様な感覚。おーーーコレこそ宇宙な味だ。
と、遠峰ばりに叫びたくなっちゃう壮大な味です!(^^)
どんな味か楽しみです!!

今年から純米吟醸の他に純米酒が発売です。
■土佐宇宙酒 純米吟醸「宇宙龍」 720ML¥2400
■土佐宇宙酒 純米酒 720ML¥1300

さーて、お店も閉めたので帰ってから「澤乃井朝懸けの酒」飲まなくちゃ!!


Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(0) | TrackBack(1)

何故2001年が〜(>_<)でも、祝レイニャック神の雫本編登場!!

いや〜!とうとう出ましたね!!レイニャック・キュベ・スペシャル!
神の雫紙面をお借りしていよいよメジャーデビューです!!
神の雫レイニャック1.jpg
おーーーっーーー!!
レイニャックのヴァテローさんが本日発売の週間モーニングに登場していました!!
でも、登場したのはレイニャックの2001年!!北田屋では、とっくの昔に売り切れになっております。
何故2003年以降ではないの。。。と、大変ショックを受けました。
でも、でも、北田屋のワインが登場するのは嬉しい事です!!
祝!レイニャック!神の雫本編登場!!

雫君:「凄い香りだ……
力強いのに優しい
筋肉質なのに表情は笑顔だそんな香りがデキャンタから漂ってくる」

神の雫レイニャック2.jpg
みやびちゃん「美味しい!びっくりだわ!これものすごく美味しいです!」

雫君:「このワインはタキシードを着ている―

小さな教会の祭壇の前で―

優しく微笑みながら 彼は待っている

もうすぐ自分のもとへやってくるはずの花嫁を―」

神の雫レイニャック3.jpg
ヴァテローさん:「おぉ素晴らしい!!タキシードを着ているという表現はこのワインの本質に迫っている!

このワインの葡萄畑は「シャトー・マルゴー」のテロワールと良く似ているんです

さらに 私が改良を重ねたことで、1855年の当時は格付け対象外だったこの地域のテロワールが、今や高級なグラン・ヴァンに匹敵する評価を得てきています!」

皆:『シャトー・レイニャック』は花婿ですね!

と、大絶賛を受けましたが、こんな内容がありました。

「信じられない!これが二千円代!?」




そうなんです!その昔は2,980円で販売しておりました。

2001年はボルドー全体がオフ・ヴィンテージで、価格が大変安かったんです。

でも、レイニャックは4,000円から5,000円が相場です。
良い年には値段が上がり、悪い年には値段が下がると言うのは、ボルドーワインでは良くあること。

今現在のレイニャックの在庫はこちらでご確認下さい!!

※2001年もハーフサイズなら少々ございます(^_-)-☆

個人的に飲み頃は。。。熟した1999年、明るい味の2003年

しっかり系なら2000年。よりしっかり系なら2005年です。

ハーフサイズは気軽で良いですね(^^♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

暑さ寒さも彼岸まで。

2009年03月19日 21時05分
相変わらず花粉症に苦しんでいる幸宏です(><)
この時期は倍疲れます。それにもめげず飲んでますよー!

海の幸が届いたので、ちょっと奮発して
埼玉の地酒「天覧山・大吟醸」を開けました。
展示会では必ず利き酒するのですが、家で飲むのは久々。
埼玉天覧山大吟醸.jpg
大吟醸のもつ果実の香りがとっても爽やかです♪
飲み始めはやや甘味も感じますが、後味のキレの良さが光ります。
毎年安定した味わいなのでお客様にもおすすめ出来ます。

お酒を引き立ててくれたのは白身の肴の昆布〆。鯛みたいな、でもタラみたいな。。
刺身を食べてから天覧山を飲むと、口の中に大吟醸の爽やかな吟香(ぎんこう)が穏やかに広がります★コレは旨い!!
鳥肉の煮込みと焼きホタテも合いしたが、刺身にはかないません。

意外に合わなかったのがアジフライ。肴の香りがどうしても気になります。レモンをかけたら変わったかも。

しかし、このお魚は何だったんだろう??

天覧山は720ML¥2625。好評発売中!

話は変わって。。。
ただいま売り切れ中の「恋も咲くところ2009年」の発売日決定!10月10日です★
今年は収穫が遅く、出荷が間に合いませんでした。日本酒の酒蔵で造っており、冬の時期はお酒の仕込みため手が回らないので、春に仕込んでもらいます。出来上がるのは秋です。

2008年版は北田屋では既に売り切れm(__)mご迷惑をお懸けしております。しばしお待ち下さいませ。

そろそろ航空公園の桜が咲きますかねー
小手指町のしだれ桜も待ち遠しいです。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(1) | TrackBack(0)

シャトー・ル・ピュイ2003、2004、1996入荷!これで神の雫に出会えるはず!!

2009年03月18日 14時31分
ル・ピュイ2003.jpg
やりました!!ついについに、ドラマ神の雫最終回に登場した"神の雫"と呼ばれるワインが入荷してきました!!
それも、その"神の雫"の上級キュベ「シャトー・ル・ピュイ バルテレミー2003」です。
これは必見の価値あり!!

ル・ピュイ03・96・04.jpg
そして、通常のシャトー・ル・ピュイはトラディションと呼ばれているのですが、ヴィンテージ違いも入荷してきました。
写真は上から
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2003 16,800円
シャトー ル・ピュイ 1996(トラディション) 9,680円
シャトー ル・ピュイ 2004(トラディション) 5,880円

今日は、シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2003のご紹介を。。。

「神の雫、それは永遠なるもの」
「地上で何が起きても揺らぐ事はない」
「このワインはまさに神が作り出した、ひとしずくである」

ドラマ神の雫とうとう終わってしまいましたね。ぽっかり心に大きな穴が開いてしまっているファンの方も多いのでは??店長もその一人です。

しかーし、その最後の1本が!!同じ年の上のクラスが〜!!

入荷しました〜!!
これは、これは、嬉しい限りです。


神咲雫と遠峰一青の最後の決戦は「使徒」ではなく“神の雫”を探す事!

漫画では、まだ第六の使途まですが、ドラマでは神の雫に辿り着きました!!

"神の雫"それは永遠なるもの、、、、、それは受け継ぐこと。。。。

ドラマで、神の雫として取上げられたワインは、
「シャトー・ル・ピュイ2003年」

猛暑だった2003年は、フランス全土で植物や農作物が枯れてしまうという、過酷な気象条件。
しかし、このル・ピュイの畑は400年もの間除草剤や、農薬、化学肥料など一切撒かれた事のないフランスでもかなり希少な存在。

そのお陰で、ブドウの樹は大地の奥まで根を張り、地中70メートルから、必要な水分を取り入れ、2003年のような猛暑な年でも、雨の多い年でも、毎年変わる事無く程よい水分と栄養が地中の根から吸い上げられているのです。
有機栽培されていない畑の葡萄は、栄養が土地の上部にあるため、ここまで根を深く張る事はありません。

そして、このル・ピュイは50ヘクタールある敷地のうち、葡萄園を25ヘクタールだけに留め、周囲に森林を昔のままに残し、生態系がちゃんと維持された状態で400年もの間、そのテロワール(土地の個性)を維持しているのです。

ここからは、遠峰一青(田辺誠一さん)と神咲雫(亀梨和也さん)との言葉を引用してご紹介いたします。
遠峰一青
「このワインは地位も名声も全てのワインの頂点に立つ存在とは言いがたい。しかし味わえばここに永遠なるテロワールと呼べる深みを感じる事が出来る。このワインは、400年もの長きの間、一滴の農薬も使わずに自然なままの製法で作られてきたもの。
ゆえに、大地の上で何が起きようとも、例え猛暑で各地の葡萄の樹が枯れた2003年でさえもこのワインの葡萄の樹は地中深く、70メートルにまで根を張り、見事なエレガントなワインを生み出した。400年間何世代にも渡り、作り手の愛情を注いだ結果、このワインの葡萄の木の根は深く深く大地に根付いたのです。
それはまるで、親から子へ、又その子へ、光を受け継いでいくように、決して絶やしてはいけない、それは、果てしなく、続くべき物。」
「このワインはまさに、永遠なるもの」

神咲雫
「永遠なるもの。それは、受け継ぐ事。親が子に教え、それを又次の世代へと伝えていく、自然と共生し、ただひたすらに生きる。そんな信念を持った人間が作る奇跡のワイン。」
「それが、神の雫」
「受け継いだテロワールを受け継いだ子達が、自らの力で伸ばしていく。このワインが受け継がれてきた物、ワインを通して僕を育ててくれた。。。有難う親父!」


昔、プリューレ・ロックのアンリ・フレデリック・ロック氏から、あのワインは旨いよ!輸入したら!?
と言われた事がありましたが、ちょうどその頃輸入に掛かる費用が賄えなかった為、仕入を諦めておりました。
実際、東京でのワインイベントで、そのワインを飲んだ際、あまりにナチュラル、あまりにまろやか、あまりに美味しく、
どこかインポーターが決まったらすこしづつ仕入れよう!と心に決めておりました。

しかし、時は過ぎるのも早い物、あれから6年か8年位経ったでしょうか?

応援していたドラマ神の雫の画面上で久しぶりの対面を果たしました。
家族やスタッフの皆が、何??あの「ル・ピュイ」って?
と言われた時、数年前に出会って、仕入れたかったワインだよと言いました。

でも、社長にだけは言えませんでした。
なぜかと言えば、別の日に同じワインの試飲イベントに行き、帰ってきてから「直紀あのワイン旨いな〜、仕入れとけば」と言われたワインが、まさにこの「ル・ピュイ」だったのです。

きっと、社長に言ってしまうと「ほら、あの時言っただろう!仕入れば良かったんだよー!!」と怒られるのは目に見えています。

永遠なるもの、それは受け継ぐ事。

社長がお茶やワインお酒で培ってきたテイスティングの業は、別々の日に同じ会場でそのワインに出会い、美味しい、旨い。と思えたワインが全く一緒。
まさに酒屋魂は受け継がれていたんだな〜。と、感無量になった一時でした。
ドラマの内容ともすこしだけですがリンクしますね。

ようやく、インポーターさんを探し当て、念願のワインの入荷となります。
是非、皆様お楽しみくださいませ。

シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2003

通常のトラディションと品種の割合は一緒!!こちらのバルテレミーは、酸化防止剤不使用で、よりナチュラルに、よりコク旨味の深い素晴らしい味わいの赤。

心地良い酔い心地、フワーッと広がる美味しい味わいは、きっと素晴らしい神の雫の世界が味わえる事と思います。

神の雫原作者の亜樹直さんも大絶賛の素晴らしいワインです。是非是非この貴重なワインをお楽しみ下さい。
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

豚肉とオー・ミュゼルトレヴィア〜ン♪果たして、ル・ピュイは入荷するのか!!??

2009年03月17日 22時16分
豚肉とオーミュゼルディファット.jpg
昨日の食事は風邪対策で、ニンニクたっぷりの豚肉ソテー!!
タレもニンニク醤油でしたのでよりたっぷりニンニクを摂取。
風邪に負けるな!対策です。でも今日はやっぱり風邪っぽい(>_<)
今晩は続けてネギ焼も加えて豚肉を焼きました。

さて、気になる相性は。。。
シャトー・オー・ミュゼル・ルーシニャックと豚肉の相性は★★★★★のナイスマリアージュ!!
人気のレゾリューと似たような味わいですので、やっぱり良く合うんですね〜!!!

ディファットは冷蔵庫に残っていたロースト・ビーフと大変良く合いました。ディファットとローストビーフは★★★★

後ろの方に写っているパッソ・デル・ソルのカベルネ・ソーヴィニヨンとも★★★☆の相性でした。

ハウメセラ・カバアルテラティーノ・セミ・セコは食後にモンブランと合わせました。なかなかグーっ!でしたよ〜♪

明日はル・ピュイの入荷予定日ですが、インポーターさんからは、特に連絡がありません。果たして本当に届くのでしょうか?
届くまでは安心できない気の弱い店長です(ToT)/~~~
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

サントーバン・ラミィ・ピヨはやっぱり偉大でした!

2009年03月16日 23時51分
アジの開きとサントーヴァン.jpg
昨日のご飯は特大鯵の開き!!見た瞬間「でかっ!」と思いました。
味はやや大味ながらもなかなか美味しかったです。
手前はモッツァレラのブッファラ(水牛製)!サラダにしていただきました。

この日のワインは
トリヴォリ フリツァンテ
心地よい微炭酸がプチプチっとして食事との相性は◎何にでもいけますね!でだしの1本として最高です!これからの季節お花見にも良いですね!

エミリオ・プリモの白
さすがに海沿いの産地ボルゲリで作られるだけに、この白ワインは魚と良く合います。★★★★の相性!!葡萄品種はヴェルメンティーノ。海のミネラルを感じます。

そしてこの日の★★★★★サン・トーバン・レ・ピュセル2007 ドメーヌ・ラミィ・ピヨ
偉大なるブルゴーニュの白ワインがやってくれました!!
程よい酸と、たっぷりとした果実味まろやかなコク、そして心地良い樽の香りが、鯵の味を高級なレヴェルまで引き上げてくれました。神の雫で登場した白ワイン。これはほんまにメッチャ旨いですよ〜!開けてから1週間も経っているのにまだまだポテンシャルは落ちていませんでした。

そして、エミリオ・プリモの赤はモッツァレラ ブッファラ マルチェッサと★★★★の相性!
コクのあるプリっとしたモッツァレラと絶妙の相性でした。
モッツァレラはこの日のワインとみんな良かったです♪

トリヴォリとケンショーの土佐ポン酢もなかなか良かったな〜!!


明日は火曜日ですが、お彼岸なのでお店は開けますよー!!
普段火曜日に来れないお客様、是非お越しくださいませ。


更に更にBIG NEWSがあります。
あの、ドラマ神の雫使途ではなく、「神の雫」が入荷してきますよー!!それもテレビに出た同じ年の上のクラス!
シャトー ル・ピュイ バルテレミー 2003!!
今日、発注を掛けましたが、無事に届くかどうかは水曜日になって見ないと分かりません。
うーん、心が浮き立ちますね〜。
その他にもトラディションのヴィンテージ違いも色々入荷してきます。
入荷したら速攻でご紹介しますのでお楽しみに!!

ただ、風邪を引きそうな予感があるので、このテンションがいつまで持つか心配です(>_<)

by店長
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

ホワイトデーには一目惚れと牡蠣フライ!

2009年03月15日 23時18分
モンマルトクップドクールと牡蠣フライ.jpg
今年のホワイトデーには、約束してあったシャンパンを開ける事に!!
モンマルト・クップ・ド・クール エクストラ・ブリュットをチョイス!新しいロットが入荷したので、飲んでみよう!と思ったのですが、これが又一段とコクが増して大変美味しくなっていました。
以前のロットより本格的で、より高級シャンパンの味わいに!
熟成した感じも出ていて、色も濃い目でした。

通常シャンパンはドサージュといって、出荷前にリキュールを添加するのですが、エクストラ・ブリュットのシャンパンは、そのドサージュを一切行いません。
その為、葡萄の出来が良くないと軽くてシャパシャパな味わいになってしまうのです!!
ヴィンテージ表記はありませんが、今回の出来もかなり良いようです!!

この日の夕飯は、牡蠣フライ!!牡蠣は冷凍でしたが、ころもは自家製。ウドとブロッコリー、ニンジンの天ぷらも付きました。
写真では牡蠣フライは3個しか写っていませんが、牡蠣好きの店長はお代わりして合計7個頂きました。
この日も深夜でしたので、いかがな物かと。。。
でも翌日はシャンパンのお陰か全く胃もたれもしませんでしたよー(^^♪

モンマルト・クップ・ド・クール エクストラ・ブリュットと牡蠣フライの相性は★★★★★
濃厚な牡蠣とコクのあるプルミエ・クリュ(1級格付け)のシャンパンはまさに一目惚れの相性!!
クップ・ド・クールとはフランス語で「ハッとする」「心臓を揺さぶられる」「一目惚れ」等の意味があります!!

店長は牡蠣の食べすぎでケーキとのマリアージュが出来ませんでしたが、ケーキとクップ・ド・クールの相性は母曰く★★★★だそう!!確か生クリームの間にベリーがいたような。。。

そして、エモーション・ド・ラ・ロズレ アントル・ドゥー・メールと牡蠣フライの相性は★★★★☆
こちらもなかなかの相性!!
生牡蠣とアントル・ドゥー・メールは店長一押しの組み合わせですが、今回は牡蠣に衣が付いているので、脂を弾き飛ばす泡物の方が好印象でした!!

うーん、酸っぱいシャブリとも合わせて見たかったな〜(^^)


そういえば、そろそろお彼岸ですね!
Kitadaya店頭では、狭山茶狭山茶梅酒を手土産にお勧めしていま〜す!
こういう時はやっぱり地元の特産品が良いですよねー!!

来日したタッキーノも狭山茶を美味しそうに飲んでいましたよー(^^)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(1)

チーズハンバーグと赤ワイン3本勝負!!

2009年03月14日 21時57分
チーズハンバーグと赤ワイン.jpg
先日の夕飯は、チーズハンバーグと社長の有機野菜!!

ワインは、ハウメセラ・テンプラリーニョ1,280円と、エミリオ・プリモ赤2,880円、ラグラーブ・フィジャック2003年5,980円。

ハンバーグは、合い挽きのシンプルな物。
でも、肉汁がたっぷりでなかなか美味しかったです♪

さて、ワインとの相性は三者三様の相性を見せてくれました。
ハウメセラ・テンプラニーリョは肉の圧倒的なジューシーさに負けた物の、程よい相性で、野菜と一緒に食べると心地良くマリアージュ。

先日来日のエミリオ・プリモは肉の強さと、ワインの強さのバランスが良く、★★★★☆のマリアージュ!!心地良いワインの濃さが、ハンバーグとチーズの味をバランス良くまとめてくれました。

そして、ラ・グラーブ・フィジャックは合い挽きハンバーグを完全に凌駕!牛100%の方がより良さそうですね。
でも、ワインの香りに包まれて、お肉たちも幸せそうでした。
★★★★の相性!!
偉大なワインは、本当に旨い!!やっぱりこれがテロワールという物でしょう!!
このワインは、シュヴァル・ブラン(1本5万円前後)のお隣、地続きで、番地もシュヴァル・ブラン西1丁目!!!
オーナーは「レヴァンジル」や「ネナン」といった超銘壌シャトーを親子5代に渡り所有していた一族。
今は手放しましたが、その代わりにこのラ・グラーブ・フィジャックを手に入れ、最高のワインを醸しているのです。

最高の土地で作られた最高のワインというものは本当に美味しいですね〜!!これこそ「天・地・人」です。

kaminosizukuset_sp.jpg
そういえば、神の雫12本セットスペシャルを作ってしまいました。
神の雫DVDを見ながら思う存分楽しめる、超豪華版!
あの、超レアワインの最後の1本が入ります。うーん、寂しい限りです〜(>_<)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

3/14はホワイトデー♪素晴らしいワインと深夜の夕飯。

2009年03月13日 22時57分
ホワイトデーワインコーナー.jpg
3/14はホワイトデーです!!
男性の皆様、お返しの準備はお済ですか?
ワインのラッピング、無料で行っています。
甘口ワインや赤ワイン、シャンパン等等。。。
その日のお食事に合わせてワインもお選びできますよー(^^)/
是非kitadaya店頭までお越し下さい!!

素晴らしいワインと深夜の夕飯.jpg
昨日の夕飯は12時を過ぎてしまいました(><)
最初の一口目はさすがに喉の通りが悪いですね〜。

しかし、試飲で開けました赤ワインをほんの少し頂いた瞬間、あまりの美味しさに食欲が一気に増しました!!

北イタリアピエモンテで作られる、ディファット モンフェラート・ロッソです。
程よい酸と、豊かなコク、そして心地良い果実と樽の香り。
まさにブルゴーニュとボルドーを足して2で割ったような味わい。
いきなり食事意欲が沸いてきました!!
豚肉となかなかの相性。

そして、バローロ リゼルヴァ ブッシア1998 ジャコモ・フェノッキオ
これが又又とんでもなくエレガントで、まろやか。バローロのタンニンが本当に落ち着いてきていて、でもまだ明るい果実が感じられます。
これが、バローロの「ヘソ」中心地で作られる本物のバローロの味わいなんですね〜!と感無量!!
少し、ブランデーのような香りもしました。

更にタラブーソが2本!!
これは2005年と2004年。

2005年のタラブーソは、力強いタンニンと、力強いコク!そして香り高く凝縮した果実がふんだんに詰まった感じです。
意外とアラスカサーモンとも良く合いました。

そして2004年のタラブーソは物凄いコクとパワー!!そしてタンニンを覆い隠す果実味が魅力!!
イタリアの当たり年2004年と言う事だけあって、このパワーは凄いです!!

2005年も凄いなーと思いましたが、2004年のパワーには圧倒されます!サッシカイアにワイン誌「ヴィヌム」で勝ってしまったのも頷(うなず)けますね(^^)
2004サッシカイア90点!2004タラブーソ91点です!2万円近いワインに勝ってしまうのですからなんとも凄い!
それに、サッシカイアから買い取った畑での勝利ですから感慨深い物があります。
オーナーは、ワイン作りをすぐにしたかったのですが、資金調達の為に、野菜作りや有名ワイナリー「アンティノリ」で醸造したりと、頑張ったそうです。
今やサッシカイアを産むボルゲリの土地は1ヘクタール辺り1億5千万円は下らないとの事!!まるで、ブルゴーニュのグランクリュのようです。

それにしても、「ヴィヌム」でタラブーソは2004年が91点!2005年が92点!果実味とパワーだけで言えば、2004年の方が凄そうなのですが、2005年の方がポイントが高いと言うのは、やはりイタリアっぽさが2005年の方があるからですかねー!?
でも、葡萄はカベルネ、メルロー、シラーで構成されています。
いずれにしても、世界TOPレヴェルを目指して作られているワインです。

それにしても、どのワインも旨かったなー!!
まだ、少し味見しただけですので、ワインの味見は残っております。是非この土日もお味見にお越し下さいませ。

ちなみにこの日の食事にはビオデナミ(有機農法)で作られた、フランス・ロワールの「モン・ルイ」が★★★★のマリアージュ!!
メニューはアラスカ・サーモンのグリルと社長の有機野菜♪庄内豚のソテーでした!!

明日は、ホワイトデー!!店長は何かシャンパンを開けようと思っています(^^)/
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)

今日はワインセミナー!明後日はホワイトデー!!

2009年03月12日 23時41分
2009.3.12ワインセミナーオープニング.jpg
今日はワインセミナー!オープニングは生産者も大緊張して始まりました。
左から、バローロのフェノッキオさん、マルケサートのファビオさん、一番右がタッキーノ親子!!
ヴィノスやまざきさんの寺田氏と通訳さん司会進行の元、会はスタート!!

2009.3.12ワインセミナーサーブ.jpg
又又ソムリエ役は店長と、ソムリエールで和服金髪の美香ちゃん。
店長の代わりに、ユキちゃんかさゆちゃんにサーブを代わってもらおうと思いましたが、残念ながらお店が忙しく断念。

2009.3.12ワインセミナーアフター.jpg
しかし、会が終わると、こんな盛り上がりになっていました!!

今回のワインセミナーも大成功でした!!

遠方から来ていただいた方や、何とか予定を空けてきて頂いた方も多かったと思います。
誠に有難うございましたm(__)m

今回、お越し頂けなかったお客様。まだ明日もワインは味見が開いていますので、是非お味見に来てくださいね〜!!

ホワイトデーまであと僅か!!
バレンタインのお返しのはもうお済ですか??
今回の生産者のワインもおいしいですよー!!

有料試飲のワインも最高に旨いです!!
明日の方が、もっと開いてより美味しいと予想されます。


本日のワイン。
バローロ ジャコモ・フェノッキオ 2004
バローロ ブッシア リゼルバ ジャコモ・フェノッキオ 1998
トリヴォリ フリツァンテ タッキーノ
ガヴィ・ディ・ガヴィ タッキーノ
ディファット タッキーノ
エミリオプリモ 白 テッレ・デル・マルケサート
エミリオプリモ 赤 テッレ・デル・マルケサート
タラブーソ 2005年 テッレ・デル・マルケサート
タラブーソ 2004年 テッレ・デル・マルケサート


うーん、モールト・ベーネ(取っても良い)な夜でした。
グラッツィエ♪グラッツィエ・ミーレ!!!(^^)

店長
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(1)

急遽参戦決定!!バローロのジャコモ・フェノッキオ!

2009年03月11日 22時37分
フェノッキオ.jpg
明日は、ワイン生産者来日イベントです!!

そして、嬉しい事にバローロのジャコモ・フェノッキオが緊急来店してくれる事となりました。

バローロ村の中心で作られる、本格派バローロ!粋な味わいを是非お楽しみ下さい。

明日は盛り上がる事間違いなしです!!

ジャコモ・フェノッキオのワインはこんなワイン♪
2004バローロ5,000円→4,680円
1998バローロ・ブッシア・リゼルヴァ ジャコモ・フェノッキオ10,500円

★限定20名様だった所を好評につき、30個お席を作りました。
もう少し入れますので、是非お越しくださいませ。

生産者来日ワインセミナーの内容は。。。
2009.3.12 木曜日
PM7:00〜PM8:00
会費:無料です。

店頭:終日店頭試飲あり!!(1998バローロとタラブーソは有料試飲となります)

おいしくて楽しいそして為になるワインセミナーです♪♪

気に入ったワインをホワイトデーにプレゼントしても喜ばれそうですね(^^♪
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

菜の花のパスタ。

ワインの頒布会で購入した白ワイン
エモーション・ド・ラ・ロズレ 白」を開けて飲んで休日を満喫。
ボルドー地方アントゥル・ドゥ・メール地域のワイン。
ソービニヨン・ブランの青リンゴや若草の香りが爽やか♪
キリッとした酸味の後から、果実味や旨味がじわじわ出て来ます。
ただ辛い白ワインではなく、旨味も兼ね備えています。


社長の畑で穫れた菜の花でパスタを作りました。
具は、ツナと菜の花としめじ。
エモーション.jpg
これがちょっと失敗の巻(><)
菜の花を茹でてみたらクタクタで歯ごたえがなく美味しさ半減。。
さらに白ワインの濃さに完全に負けてしまいました。
意外と濃さのある「ロズレ」はオクサマが作った牛スジの煮込みの方がバッチリ★この白ワイン、隠れた濃さがあるんです!

なんだかんだ言いながら美味しく頂きました(^^)
爽やかな辛口の「エモーション・ド・ラ・ロズレ 白
お花見にオススメです!
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ユキちゃんの埼玉地酒ブログ | Comment(0) | TrackBack(0)

いやー!又又出ちゃいました!サン トーバン!

今日は都内へ出張に行って来ました。

そして、出先で神の雫を見ちゃいました。

ちなみに今は小手指のバー「クラウド9」で飲んでいます!

いやー、先程「神の雫」を見ていたら、昨日飲んだあのワインが出ていましたよー。

サン・トーバン ラミー・ピヨ!

只今限定本数販売中です(^o^)/

遠峰一青が昨日降臨したのに、今日見たら、亀梨君扮する雫君がすすめていました!

あれは、旨いワインですよー(^^)
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| ワインの北田屋店長ブログ(in埼玉県所沢市) | Comment(0) | TrackBack(0)

カジキマグロとサン・トーバン♪

2009年03月10日 01時12分
カジキマグロとサントーバン.jpg
今日は、おいしいカジキマグロが入ったので、前から気になっていた、サン・トーバンを思わず開けてしまいました。

先に、店頭で味見をしたのですが、「うーん、おいしいですね!」
とお客様と普通の感想!
しかーし、その約2時間後、飲んでみたところ、うおーっおーーーーっ!と、遠峯一青が舞い降りてきました。
すごーく開いて、美味しくなったのです!
ワインを飲みなれていないお客様。是非、開けてすぐの印象にとらわれず、時間がたった時も予想して飲んでくださいね〜!!

ちなみに、レ・ピュセルとは「乙女」と言う意味だそうです。
K様情報提供有難うございましたm(__)m

サン・トーバン・レ・ピュセル2007 ドメーヌ・ラミィ・ピヨ
と、カジキマグロのソテー、キノコ乗せ!これが、おーーーっと思わせるマリアージュ!!
★★★★★

ラミィ・ピヨは本当に良いです!!
超有名ドメーヌ、マルクコラン・エ・フィスと、同評価で、価格は大分リーズナブル!

これは、お買い得なモンラッシェ!!!
開けたては、ミネラリーで、硬いのですが、時間共に開いていき、ハチミツの香りと、ふくよかな口当たり。そして徐々に徐々に、余韻が広がり、思わずおーーーっとなるのです。

この価格で、本格派のブルゴーニュが味わえるとは、嬉しい限りですね〜。

実は、最初に合わせた、トリヴォリ フリツァンテも大変良くあって、★★★★★を付けたかったのですが、ラミィ・ピヨを目の前にすると、★★★★と言わざるをえませんでした。

が、トリヴォリは食事と本当に良く合います!!何でもござれの白ワインです。是非一度、この気軽さを体感下さい♪

3/12木曜日!タッキーノは来店しますよー!!
PM6:00頃か、PM8:00頃には店頭にいるかも知れませんよ〜!!

PM7:00〜PM8:00のセミナーに起こしになれない方は、是非一目生産者を見に来てくださいね〜!!

セミナーはもうそろそろで20名ですが、席数はもう少し増やせそうですので、迷っているお客様、是非お気軽にお申し込み下さい!!

セミナー記事はこちら。


今日は、神の雫最終回です!皆様お見逃しなく!!

P.S.ホワイトデーは後4日後!!店長もそろそろお返しの準備をしなくては。。。やっぱりワインかな〜!?
Written By 直輸入ワインショップ115北田屋
| 実験!おいしいワインと料理のマリアージュ | Comment(0) | TrackBack(0)